トム・シボドー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トム・ティボデューから転送)
移動: 案内検索
トム・シボドー
Tom Thibodeau
Tom Thibodeau cropped.jpg
名前
本名 Thomas Joseph Thibodeau, Jr.
ラテン文字 Tom Thibodeau
基本情報
誕生日 1958年1月17日(57歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 コネチカット州ニューブリテン
出身 セイラム州立大学 (コネチカット州の旗 コネチカット州)
身長 --
体重 --
指導者経歴
1981-1984
1984-1985
1985-1989
1989-1991
1992-1994
1994-1996
1996-2003
2003-2007
2007-2010
2010-2015
セイラム州立大学(AC)
セイラム州立大学
ハーバード大学(AC)
ミネソタ・ティンバーウルブズ(AC)
サンアントニオ・スパーズ(AC)
フィラデルフィア・76ers(AC)
ニューヨーク・ニックス(AC)
ヒューストン・ロケッツ(AC)
ボストン・セルティックス(AC)
シカゴ・ブルズ
受賞歴

アシスタントコーチ

ヘッドコーチ

トム・シボドーThomas Joseph Thibodeau, Jr.1958年1月17日 - 発音θɪ́bədoʊ(米国英語);[1][2])はアメリカ合衆国コネチカット州ニューブリテン出身のバスケットボール指導者。2014-2015シーズンまでNBAシカゴ・ブルズヘッドコーチを務めていた。2008年、ボストン・セルティックスで、ドック・リバースヘッドコーチの下で、ディフェンス担当のアシスタントコーチとしてチャンピオンメンバーとなった。シカゴ・ブルズのヘッドコーチに就任した最初のシーズンに62勝の好成績を残し、NBA最優秀監督賞を受賞し、翌2012年にはNBA史上最も若くして100勝を達成している。

経歴[編集]

大学[編集]

  • セイラムステイト大学でプレーし卒業したのち、チームのアシスタントコーチを4年間務め、ヘッドコーチを1年務めた後、1989年から4年間、ハーバード大学のアシスタントコーチを務めた。

アシスタントコーチ[編集]

トム・シボドー (左) とロケッツ、ヘッドコーチ ジェフ・ヴァン・ガンディ(右)

ヘッドコーチ[編集]

  • 2010年、シカゴ・ブルズのヘッドコーチに就任し、最初のシーズンは62勝20敗という好成績を残し、コーチ・オブ・ザ・イヤーに選出された[5] 。カンファレンスファイナルでは惜しくもマイアミ・ヒートに敗れている。
  • 次の2011-2012年シーズンには、NBA史上最速での100勝に到達し[6]、ロックアウトで66試合と短縮されたシーズンにもかかわらず50勝し(リーグでもスパーズとブルズのみ50勝)、プレーオフ第1シードを得た。しかし1回戦でデリック・ローズが左膝の前十字靭帯の断裂により離脱し、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに敗れた。
  • 2012-2013シーズンはローズの全休により苦戦したが、過去にブルズでのキャリアが豊富なベテランポイントガードカーク・ハインリックを獲得し、2シーズンで作り上げてきたチームディフェンスを武器に善戦し、45勝37敗でイースタン・カンファレンス5位の成績でプレーオフに臨んだ。1stラウンドはニュージャージー・ネッツを下したが、カンファレンスセミファイナルでヒートに敗れシーズンを終了した。
  • 2013-2014シーズンは、デリック・ローズの序盤での再度の故障による離脱で苦戦するが、補強選手のD.J.オーガスティンマイク・ダンリービー・ジュニア、や従来メンバーのジョアキム・ノアらのチームバランスのとれた活躍で、48勝34敗の成績で、イースタン・カンファレンス4位でプレーオフに進出した。
  • 2014-2015シーズンは、デリック・ローズが復帰し、パウ・ガソルが加入し、50勝32敗の成績で、5年連続でプレーオフに進出し、1stラウンドはミルウォーキー・バックスを4勝2敗で退けたが、セミファイナルはレブロン・ジェームスか5年振りに復帰したクリーブランド・キャバリアーズに2勝4敗で屈した。ブルズで通算255勝155敗(勝率.622)の好成績を残したものの、2015年5月に解雇が報じられた[7]

実績[編集]

NBAヘッドコーチ実績表略号説明
レギュラーシーズン G 試合数 W 勝利数 L 敗戦数 W–L % レギュラーシーズン勝率
ポストシーズン PG 試合数 PW 勝利数 PL 敗戦数 PW–L % プレイオフ勝率
チーム 年度 G W L W–L% シーズン結果 PG PW PL PW–L% 最終結果
 CHI  2010–11 82 62 20 .756 1st in Central 16 9 7 .563 Conf.決勝敗退
 CHI  2011–12 66 50 16 .758 1st in Central 6 2 4 .333 1st.ラウンド敗退
 CHI  2012–13 82 45 37 .549 2nd in Central 12 5 7 .417 Conf.準決勝敗退
 CHI  2013–14 82 48 34 .585 2nd in Central 5 1 4 .200 1st.ラウンド敗退
 CHI  2014–15 82 50 32 .610 2nd in Central 12 6 6 .500 Conf.準決勝敗退
394 255 139 .647 51 23 28 .451


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Eric Zorn, What the H? How 'Thibs' says his last name, Chicago Tribune, March 21, 2011.
  2. ^ http://ejje.weblio.jp/content/Thibodeau
  3. ^ Tom Thibodeau – Associate Head Coach, Celtics.com(英語)
  4. ^ Celtics add coach, The Boston Globe, August 30, 2007.(英語)
  5. ^ Thibodeau named 18th head coach in franchise history”. NBA.com. Turner Sports Interactive, Inc (2010年6月23日). 2010年6月23日閲覧。(英語)
  6. ^ “Tom Thibodeau fastest to 100 wins as Bulls unload on Magic”. ESPN.com. (2012年3月19日). http://scores.espn.go.com/nba/recap?gameId=320319019 (英語)
  7. ^ Bulls fire coach Thibodeau after five seasons”. NBA.com (2015年5月28日). 2015年5月29日閲覧。

外部リンク[編集]