スコット・ポラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スコット・ポラード
Scot Pollard
Scot Media Day.png
2007年、メディアデーでのポラード
引退
ポジション
(現役時)
PF/C
背番号(現役時) 31, 63 ,66
身長(現役時) 211cm  (6 ft 11 in)
体重(現役時) 126kg (278 lb)
基本情報
本名 Scot L. Pollard
愛称 Samurai Scot
ラテン文字 Scot Pollard
誕生日 (1975-02-12) 1975年2月12日(41歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ユタ州マレー
出身 カンザス大学
ドラフト 1997年 19位 
選手経歴
1997-1998
1998-2003
2003-2006
2006-2007
2007-2008
デトロイト・ピストンズ
サクラメント・キングス
インディアナ・ペイサーズ
クリーブランド・キャバリアーズ
ボストン・セルティックス
受賞歴

スコット・ポラードScot L. Pollard1975年2月12日 - )は、アメリカ合衆国ユタ州マレー出身の元バスケットボール選手。NBAサクラメント・キングスインディアナ・ペイサーズなどで活躍した。ポジションはセンターパワーフォワード。身長211cm、体重126kg。

経歴[編集]

カンザス大学卒業後、1997年のNBAドラフトにてデトロイト・ピストンズから1巡目19位指名を受けてNBA入りを果たしたが、ルーキーシーズンとなった1997-98シーズンは満足に出場機会を得られることなく、33試合の出場で2.7得点2.2リバウンドの成績に留まった。シーズン終了後、トレードでアトランタ・ホークスに移籍するも、開幕を待たずして解雇された。フリーエージェントとなったポラードは、サクラメント・キングスと契約した。

キングスではブラデ・ディバッツクリス・ウェバーのバックアップとしてチームに貢献する。移籍一年目の98-99シーズンは故障により16試合のみの出場となったが、1999-2000シーズンからの3シーズンは毎シーズン80試合近くに出場し、当時リーグ屈指の強豪であったキングスを支えた。02-03シーズン、またも怪我に苦しんだポラードはこのシーズンを最後にキングスを後にし、インディアナ・ペイサーズへトレードされた。

ペイサーズでは3シーズンプレイ。ペイサーズもまたイースタンカンファレンスを代表する強豪だったが、ここでも怪我に悩まされるポラードは、優勝の期待が掛かった03-04シーズンのプレイオフ、カンファレンスファイナルで全試合欠場し、チームはデトロイト・ピストンズの前に敗退した。

05-06シーズン終了後、フリーエージェントとなったポラードはクリーブランド・キャバリアーズと契約。このシーズン、キャバリアーズは念願のNBAファイナルへと勝ち上がったが、この大舞台でポラードがコートに立てたのは1分にも満たず、チームは4戦全敗で敗退した。

07-08シーズン、ポラードはボストン・セルティックスと契約。シーズン中は22試合の出場だけだったが、チームはケビン・ガーネットポール・ピアースレイ・アレンを中心に躍進を遂げ、この年のNBAファイナルを制覇。ポラードにとって初めてのチャンピオンリングを獲得した。

07-08シーズン後、現役を引退した。

人物[編集]

故障に悩まされることが多い選手だが、地味ながらも機動力と体を張ったプレイでチームに貢献でき、キングス在籍時にはキングス躍進の陰の立役者とまで言われた。

奇抜な髪型をすることで有名であり、その髪型も毎シーズンのように変わるため、移籍した後彼の行方を見失うファンも居るほどである。キングス時代はちょんまげのような髪型をしていたため、チームメイトからは「サムライ・スコット」と呼ばれていた。キャバリアーズ時代はハードモヒカンにしていた。

外部リンク[編集]