フレッド・ホイバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フレッド・ホイバーグ
Fred Hoiberg
Fred Hoiberg 2010.jpg
シカゴ・ブルズ HC
役職 ヘッドコーチ
ポジション(現役時) SG
背番号(現役時) 11
身長(現役時) 196cm (6 ft 5 in)
体重(現役時) 95kg (209 lb)
基本情報
本名 Fredrick Kristian Hoiberg
愛称 The Mayor
ラテン文字 Fred Hoiberg
誕生日 (1972-10-15) 1972年10月15日(45歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ネブラスカ州リンカーン
出身 アイオワ州立大学
ドラフト 1995年 2巡目52位ペイサーズ 
選手経歴
1995-1999
1999-2003
2003-2005
インディアナ・ペイサーズ
シカゴ・ブルズ
ミネソタ・ティンバーウルブズ
指導者経歴
2010-2015
2015-
アイオワ州立大学
シカゴ・ブルズ
受賞歴

フレッド・ホイバーグFredrick Kristian Hoiberg, 1972年10月15日 - )はアメリカ合衆国ネブラスカ州リンカーン出身の元プロバスケットボール選手。NBAで10シーズンプレーした。ポジションはシューティングガード。185cm、86kg[1]シカゴ・ブルズヘッドコーチを務めている。

経歴[編集]

カレッジ[編集]

アイオワ州立大学に進学したホイバーグは、1995年にビッグ・エイト・カンファレンスのファーストチームに選ばれた。

NBA[編集]

1995年のNBAドラフト2巡目でインディアナ・ペイサーズに指名されて入団した。ペイサーズで4シーズンプレーした後、1999年、大学時代のヘッドコーチ、ティム・フロイドがヘッドコーチを務めるシカゴ・ブルズに加入した。ブルズでも4シーズンを過ごし、フリーエージェントとなった2003年7月28日に、ミネソタ・ティンバーウルブズと契約を結んだ。2004-2005シーズン3ポイントシュート成功率でNBAトップになったが、NBAオールスターウィークエンドに行われたNBAスリーポイント・シュートアウトには招待されなかった。

2005年6月、大動脈基部肥大手術を受けた。手術は成功したが、選手としては復帰せず、ウルブズのフロントに入った。2006年4月17日、ウルブズを退団した。

コーチ[編集]

2010年4月27日、アイオワ州立大学に就任した。2011-12シーズン、チームは前年より9勝多くあげて、23勝11敗でNCAAトーナメントに2005年以来7年ぶりに出場した。チームはまた7年ぶりにAP通信が選ぶ全米ランク25位以内に入り、ホイバーグはビッグ12カンファレンスの最優秀コーチに選ばれた。

2013年4月、10年2000万ドルでアイオワ州立大学との契約を延長した。この契約には他の大学に移る場合、200万ドルでバイアウトできる条項が入っており、NBAのヘッドコーチかゼネラルマネージャーに就任する際は、50万ドルでバイアウトできる契約となっていた。

2015年6月2日、シカゴ・ブルズのヘッドコーチに就任することが発表された[2]

その他[編集]

ホイバーグはアイオワ州立大学に在学中の1994年に、アイオワ州エイムズの市長選挙で、幾票かの記入投票(候補者名簿にない人を記入できる投票)を獲得した[3]。このことからホイバーグは、 "The Mayor" (市長) というニックネームが付けられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Fred Hoiberg”. NBA.com (2005年). 2010年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月1日閲覧。
  2. ^ F・ホイバーグがブルズ新HCに就任”. NBA.co.jp (2015年6月2日). 2015年6月3日閲覧。
  3. ^ The mayor returns”. ESPN.com (2012年1月28日). 2015年6月22日閲覧。

外部リンク[編集]

  1. ^ BasketBallReference