エルダル・ガスモフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エルダル・ガスモフ
Eldar Qasımov
Eldar Gasimov
Eldar Gasimov 2011 cropped.jpg
エルダル・ガスモフ
基本情報
出生名 エルダル・ガスモフ
別名 Eldar Gasimov、Ell
生誕 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国バクー
(1989-06-04) 1989年6月4日(30歳)
出身地 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
ジャンル ポップバラッドR&B
職業 歌手
活動期間 2010年 -

エルダル・ガスモフアゼルバイジャン語:Eldar Qasımov / Eldar Gasimov1989年6月4日 - )は、アゼルバイジャンの歌手である。ニガル・ジャマルとともにアゼルバイジャン代表としてユーロビジョン・ソング・コンテスト2011に出場する。

エルダル・ガスモフ(右)とニガル・ジャマル(左)

来歴[編集]

アゼルバイジャンの俳優アッバス・ミルザ・シャリフザデAbbas Mirza Sharifzadeh)と女優マルズィイヤ・ダヴドヴァMarziyya Davudova)のひ孫として生まれた[1]。幼少のころより歌唱を始め、アゼルバイジャンやロシアで多数のコンサートに参加してきた。2001年から2005年まで、プロの音楽指導を受け、ピアノを学んだ[2]バクー・スラヴ語大学Baku Slavic University)にて国際関係と地域研究論を専攻し、卒業した。2010年から同大学の大学院課程にて国際関係を学んでいる[1]。母語のアゼルバイジャン語に加え、ロシア語英語ドイツ語を話す[2]

ユーロビジョン・ソング・コンテスト2011[編集]

ユーロビジョン・ソング・コンテスト2011アゼルバイジャン代表選考「ミルリ・セチム・トゥル2011(Milli Seçim Turu 2011)」に参加した。準決勝ではイルガラ・イブラヒモヴァに次ぐ2位で決勝に進み、2011年2月11日の決勝ではニガル・ジャマルとともに優勝を果たし、アゼルバイジャン代表に選ばれた[3][4][5]。2人は「Ell & Nikki」の名義でアゼルバイジャン代表として、2011年5月にドイツのデュッセルドルフで行われるユーロビジョン・ソング・コンテスト2011に出場し、「Running Scared」を歌う。

脚注[編集]

  1. ^ a b Eldar Gasimov Disclosed Details of Private Life. 1news.az. 11 February 2011.
  2. ^ a b Singer Ell: Music is All That Makes me Live. Echo. 12 November 2010.
  3. ^ Hondal, Victor. “News - Azerbaijan sends Eldar Gasimov and Nigar Jamal to Eurovision”. ESCToday. 2011年2月11日閲覧。
  4. ^ Siim, Jarmo. “Nigar & Eldar get gold in Azerbaijan”. European Broadcasting Union. 2011年2月11日閲覧。
  5. ^ İctimai Televiziya və Radio Yayımları Şirkəti - "Eurovision-2011" Milli Finalının qalibi bəlli oldu” (Azerbaijani). İTV. 2011年2月11日閲覧。