金山隼樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金山 隼樹 Football pictogram.svg
名前
愛称 キム[1]
カタカナ カナヤマ ジュンキ
ラテン文字 KANAYAMA Junki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1988年6月12日(25歳)
出身地 島根県
身長 186cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム コンサドーレ札幌
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2013
2014-
V・ファーレン長崎
コンサドーレ札幌
48 (0)
0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月11日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

金山 隼樹(かなやま じゅんき、1988年6月12日 - )は、島根県出身のプロサッカー選手Jリーグコンサドーレ札幌所属。ポジションは、ゴールキーパー

来歴[編集]

6歳からサッカーを始める[2]

2004年サンフレッチェ広島ユースに入団[2]。同期に平繁龍一遊佐克美野田明弘ら。2年生からレギュラーを掴み、高円宮杯第16回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会ベスト4入りに貢献している[3]。ただ3年生になると怪我もあり兼田亜季重にレギュラーの座を奪われてしまい、同年度のJユースカップ決勝戦でもベンチ入りできなかった[4]

2007年立命館大学へ進学する。2010年、関西学生選抜に選ばれた[5]

2011年、当時JFLV・ファーレン長崎のセレクションに合格し入団[6]。1年目は近藤健一の控えながら8試合に出場した。2012年は怪我によりキャンプで出遅れたため[7] 新加入の原田欽庸がレギュラーを掴んだことから、バックアップである第3GKとしてJFL優勝とJ2昇格に貢献した[2]。同年度でJFL1試合のみ出場しているが、J2昇格決定後の若手に出番を与える「花試合」での出場であった[2]

2013年も当初は第3GKの位置にいたが、原田の怪我とロアッソ熊本から加入した岩丸史也の不調により、3月20日カターレ富山戦でレギュラーに抜擢され、Jリーグ初出場を果たすと試合は1-0でクラブのJリーグ初勝利に貢献し、以降正GKとなった[2]。正GKとなってからは10戦無敗を記録するなどJ2昇格1年目ながらJ1昇格プレーオフ圏内の6位に入る原動力となった。

2014年コンサドーレ札幌へ完全移籍[8]。 3月2日に行われたジュビロ磐田との開幕戦では開幕スタメンを果たし、再三のピンチに好セーブを見せ、前田遼一のPKを止めるなどチームの完封勝利に貢献した。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2011 長崎 26 JFL 8 0 - 1 0 9 0
2012 21 1 0 - 0 0 1 0
2013 J2 39 0 - 1 0 40 0
2014 札幌 1 -
通算 日本 J2 39 0 - 1 0 40 0
日本 JFL 9 0 - 1 0 10 0
総通算 48 0 - 2 0 50 0

その他の公式戦

タイトル[編集]

クラブ[編集]

サンフレッチェ広島ユース
V・ファーレン長崎

脚注[編集]

  1. ^ [1] V・ファーレン長崎公式サイト
  2. ^ a b c d e J2 4月度 J'sGOAL月間MIP”. J's GOAL (2013年5月). 2013年5月8日閲覧。
  3. ^ 2005年10月8日(土) 高円宮杯第16回 全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会準決勝”. 中国放送 (2005年10月). 2013年5月8日閲覧。
  4. ^ 【Jユースサハラカップ2006 決勝 広島 vs F東京 】スターティングメンバー発表”. J's GOAL (2006年12月24日). 2013年5月8日閲覧。
  5. ^ 関西学生選抜、A・Bの2チームの激突はドロー”. ゲキサカ (2010年7月15日). 2013年5月8日閲覧。
  6. ^ 新体制発表、10選手が新加入 11年は「初心回帰」”. 長崎新聞 (2011年1月19日). 2013年5月8日閲覧。
  7. ^ 栄光への船出<下> 戦力 補強で競争が激化”. 長崎新聞 (2012年2月28日). 2013年5月8日閲覧。
  8. ^ V・ファーレン長崎 金山 隼樹 選手 加入決定のお知らせ”. コンサドーレ札幌 (2013年12月11日). 2013年12月11日閲覧。

関連項目[編集]