菊花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

菊花は、漢方のひとつ。中国茶では花茶としても分類される。この項では、飲料としての菊花茶についても解説する。

概要[編集]

食用菊の頭状花を乾燥させたものである。主に浙江省杭州で生産されている。なお、中国茶には、他に洋菊茶があるが、これは菊花茶とは別種である。

歴史[編集]

中国では、2000年以上前からすでに薬用として栽培されている記録が残されている。

利用法[編集]

菊花茶

と同じように煎じて飲むのが一般的。単独で飲みづらい場合は、砂糖や蜂蜜などで甘みをつけると良い。また、プーアル茶緑茶等とブレンドするのもいいとされる[1]

果実酒と同じ要領で作られた菊花酒としても楽しむことができる[2]。また、料理に加えたり、長寿を祝う席で酒杯に浮かべたりする。

成分[編集]

カルボキシリック酸ラムノグルコシドアピゲニングルコシドアデニンコリンなど

効用[編集]

中国では生薬として、日本では漢方として利用されている。
めまい、眼の疲れ、解毒、消炎、鎮静作用、高血圧などに良いとされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中国茶の楽しみ方Book 106p
  2. ^ 最新よく効く漢方薬百科 236p

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]