泉北ニュータウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

泉北ニュータウン(せんぼくニュータウン)は、大阪府堺市(主に南区)・和泉市の丘陵地帯に大阪府が計画・建設したニュータウン

概要[編集]

大阪府の泉北丘陵住宅地区開発事業によって計画され、事業期間は1965年昭和40年)から1982年(昭和57年)。1967年(昭和42年)から入居を開始した。開発面積は1,557ha、計画人口は約18万人、計画戸数は約54,000戸(堺市53,500戸+和泉市500戸)[1] 。2007年6月時点で、約58,000世帯、およそ14万2,000人が居住する。

泉北丘陵を北流する石津川・和田川の浸食谷によって3つの丘陵に分かれており、泉ヶ丘・栂(とが)・光明池の3地区で構成される。各地区の中央には泉北高速鉄道の駅が設置されている。なお、光明池地区の南西に隣接する光明台地区および槇尾川以西のトリヴェール和泉(泉北高速鉄道和泉中央駅周辺)は泉北ニュータウンには含まれない。また、竹城台と三原台の一部は堺市中区に属する。

千里ニュータウンの開発経験を踏まえて、石津川・和田川沿いの旧村部および水田は当初から保全の方針で、計画地域から除外された。ただし、唯一丘陵上に位置する高蔵寺(当時の町名)は全域ニュータウンに取り込まれている。他には、独身者向け住居(ヤングタウン)の整備、歩車分離交通の更なる徹底、遺跡発掘調査(陶邑古窯跡群)および泉北考古資料館(現・泉北すえむら資料館)の設置などが盛り込まれた。

他のニュータウンと同様、初期入居者の高齢化や都心回帰により、全体的な人口は減少している。

歴史[編集]

  • 1961年 - 大阪府が泉北丘陵開発に関する基本構想発表。
  • 1964年 - 基本計画決定。用地買収が始まる。
  • 1965年 - 開発計画が正式発表され、大阪府の新住宅市街地開発事業として認可。
  • 1965年 - 大阪府都市開発(現:泉北高速鉄道)が「泉北高速鉄道」設立。
  • 1966年 - 開発事業起工式挙行。
  • 1966年 - 泉北開発センター設立。
  • 1967年 - 泉ヶ丘地区(宮山台)の入居始まる。
  • 1968年 - 泉北高速鉄道中百舌鳥 - 泉ヶ丘間工事始まる。
  • 1971年 - ニュータウン人口が2万人を超える。
  • 1971年 - 泉北高速鉄道の中百舌鳥 - 泉ヶ丘間営業開始。
  • 1972年 - ニュータウン人口が3万人を超える。
  • 1972年 - ヤングタウン完成(泉ヶ丘地区三原台)。
ヤングタウンは社会情勢の変化により、1990年代後半には入居者が減少、大阪府は2001年から2003年頃までに事業を廃止するとともに、管理する建物や施設を解体し、その敷地を民間の不動産会社などに売却した。現在、跡地は分譲マンションおよび東大谷高等学校泉ヶ丘キャンパスとなっている。
  • 1972年 - 1万人収容の泉ヶ丘プールが開業。
  • 1973年 - 泉北高速鉄道の泉ヶ丘 - 栂・美木多間開通。
  • 1973年 - ニュータウン人口が4万人を超える。
  • 1974年 - 泉ヶ丘センター内に泉北高島屋パンジョ開業。
  • 1974年 - ニュータウン人口が7万人を超える。
  • 1975年 - ニュータウン人口が10万人を超える。
  • 1975年 - 電電公社泉北電話局(現・NTT西日本泉北支店)がオープン。
  • 1977年 - 泉北光明池地区センター開設。
  • 1977年 - ニュータウン人口が12万人を超える。
  • 1977年 - ヤングタウン内に勤労者体育センター開設。
  • 1977年 - 泉北高速鉄道の栂・美木多 - 光明池間開通。
  • 1978年 - 泉北保健所(現・南保健所)開設。
  • 1980年 - 大阪府と堺市が泉北ニュータウン都市施設建設の基本協定締結。
  • 1981年 - 光明池に府立母子保健総合医療センター開業。
  • 1982年 - ニュータウン人口が15万人を超える。
  • 1983年 - 泉ヶ丘図書館(現・南図書館)が開館。
  • 1983年 - 光明池運転免許試験場が開場。
  • 1991年 - 阪和自動車道美原北IC - 堺IC間が開通。
  • 1993年 - 阪和自動車道が岸和田和泉ICまで延伸、開通。
  • 1995年 - 堺市の泉北ニュータウン東・中・西の各出張所が廃止され、栂地区の桃山台に南支所設置。
  • 1995年 - 泉北高速鉄道線 光明池 - 和泉中央間開業(4月1日)
  • 1999年 - 泉ヶ丘に府立大型児童館「ビッグバン」が開業。
  • 2006年 - 堺市が政令指定都市に移行。南支所が南区役所に昇格。
  • 2014年7月1日南海電気鉄道が大阪府などから大阪府都市開発の株式を取得し、社名を泉北高速鉄道株式会社に変更。

'

構成地域[編集]

  • 泉ヶ丘地区(人口:約67,000人)
堺市南区宮山台各丁、南区竹城台各丁、南区三原台各丁、南区若松台各丁、南区茶山台各丁、南区高倉台各丁、晴美台各丁、槙塚台各丁
  • 最も古くから開発され、面積、人口が他の地区より大きく、商業・業務地として泉北ニュータウンの中心的地区。私立の高校や大学も立地。
  • 栂地区(人口:約39,000人)
堺市南区桃山台各丁、南区原山台各丁、南区庭代台各丁、南区御池台各丁
  • 区役所、警察署、文化会館を擁する。敷物団地や郊外型商業施設も。
  • 光明池地区(人口:約36,000人。ただし、堺市域のみの人口)
堺市南区赤坂台各丁、南区新檜尾台各丁、南区鴨谷台各丁、南区城山台各丁
和泉市伏屋町3・5丁目、室堂町(和泉市はいずれも一部地域)
  • 福祉施設が集まった障害者福祉エリアのほか、体育館、大阪府立母子医療センター、運転免許試験場などがある。光明池駅前には商業施設も集積。
※人口は2005年11月末現在の堺市統計資料を元に概算。
なお、堺市中区にも泉北ニュータウン地区がごく僅かながら含まれているが市街化調整区域のみであるため、中区内における泉北ニュータウンの人口は0人である。
  • 光明池地区の城山台に隣接する和泉市光明台は泉北ニュータウンには含まれない。

主な施設[編集]

泉ヶ丘地区[編集]

  • 公共施設
大阪府立大型児童館ビッグバン
国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)
泉ヶ丘市民センター
堺市立南図書館
日本郵便株式会社泉北郵便局
NTT泉北営業所
堺市立泉北すえむら資料館(旧大阪府立泉北考古資料館)
泉ヶ丘プール
堺市南保健センター
ハローワーク泉北職業情報コーナー
  • 学校
プール学院大学
プール学院大学短期大学部
帝塚山学院大学(泉ヶ丘キャンパス)
大阪府立泉北高等学校
大阪府立堺東高等学校
帝塚山学院泉ヶ丘高等学校
東大谷高等学校(泉ヶ丘キャンパス)
  • 医療機関
泉北急病診療センター
錦秀会阪和第一泉北病院
  • 商業施設
パンジョ
泉北高島屋
紀伊國屋書店泉北店
スポーツクラブ「パンジョクラブイズ
ショップタウン泉ヶ丘
ジョイパーク泉ヶ丘
コノミヤ泉ヶ丘店
  • 公園その他
荒山公園(こうぜん - ) - 園内にある多治速比売神社(たじはやひめ - )の本殿は、国の重要文化財。梅林・桜の名所。
高倉寺宝積院 - 行基により開基。明治期には7院あったが、現在は陶器藩小出氏の廟所がある宝積院のみとなっている。
添尾メモリアル緑地(そえお - ) - 中世からある墓地で、かつて陶器・上神谷地域で活動していた添尾の集落もあった。
大蓮公園(おおはす - ) - 堺市立泉北すえむら資料館須恵器の資料館)がある。
小谷城郷土館

栂地区[編集]

  • 公共施設
南区役所
堺市立栂文化会館
大阪府警南堺警察署
堺市消防局南消防署
埋蔵文化財センター
クリーンセンター南工場(ゴミ処理場)
  • 学校
大阪府立泉北高等支援学校
大阪府立堺西高等学校
  • 医療機関
近畿大学医学部堺病院(旧国立泉北病院)
  • 商業施設
ダイエー栂店
ガーデンシティ(旧サンクールとが)
クロスモール
デイリーカナートイズミヤ原山台店
TOHOシネマズ
ケーヨーデイツー原山台店
  • 公園その他
西原公園 - 桜の名所。
庭代公園
原山公園
御池公園 - 桜と紅葉の名所。

光明池地区[編集]

  • 公共施設
堺市立鴨谷体育館
ファインプラザ大阪(大阪府立障害者交流促進センター)
光明池運転免許試験場
泉北高速鉄道光明池車庫
  • 学校
大阪府立成美高等学校
大阪障害者職業能力開発校
  • 医療機関
大阪府立母子保健総合医療センター
堺市立南こどもリハビリセンター
  • 商業施設
ダイエー光明池店
カルフール光明池店
コムボックス光明池ジョーシンユニクロなど)
サンピア(専門店街)
光明池アクト
エムズコート
味道館サボイ光明池店
ナフコ光明池店
松源光明池店
シャトレーゼ光明池店
  • 公園その他
新檜尾公園
美多彌神社(みたみ - )
光明池緑地

地名の由来[編集]

  • 宮山台 - 多治速比売神社より
  • 竹城台 - 竹林が広がっていたのと、小谷城跡より
  • 若松台 - 松林が広がっていたのと、中世の荘園名「若松荘」から
  • 三原台 - 「三田原」という地名から
  • 茶山台 - 「御茶屋山」という地名から。眺望絶佳で、林羅山漢詩を賦している(陶器十景)。
  • 高倉台 - 旧村名「高蔵寺」より。旧村名は高蔵寺(現・高倉寺宝積院)に由来。
  • 晴美台 - 高台にあり、見晴らしがよいことから
  • 槇塚台 - 槇の木が多かったことと、陶器山七不思議の「黄金塚」にちなんで
  • 桃山台 - 桃畑が広がっていたことから
  • 原山台 - 地名より
  • 庭代台 - 地名より
  • 御池台 - 「御池山」という地名より
  • 赤坂台 - 地名より
  • 新檜尾台 - 地名より。当初『花代台』という地名になる予定だったが、旧村部が東西に分断されてしまった檜尾住民の要望により変更される。『花代公園』にその名残がある。
  • 鴨谷台 - 鴨谷池より
  • 城山台 - 和田城跡より

交通[編集]

泉北高速鉄道線(中央)と府道富田林泉大津線(泉北1号線:両側)
堺市南区若松台にて

鉄道[編集]

大阪市堺市都心部へのアクセスには、南海電気鉄道 高野線(泉北高速鉄道が中百舌鳥駅経由で難波駅まで直通運行)、大阪市交通局 御堂筋線中百舌鳥駅で乗換え)も間接的に関わっている。

路線バス[編集]

ニュータウン内路線やその周辺地域とを結ぶ路線の全てを運行している。泉ヶ丘駅、栂・美木多駅を発着する路線は主に泉北営業所が、光明池駅を発着する路線は主に光明池営業所が担当しており、東山営業所河内長野営業所担当路線も一部に存在する。
また、南海バスは関西国際空港とニュータウン内各駅を経由して金剛駅前を結ぶリムジンバスSorae」(空港営業所・光明池営業所担当)や、梅田なんば堺東駅前中もず駅前深井駅から和泉府中駅前をニュータウン内各駅とその周辺を経由して結ぶ南海深夜急行バス(堺営業所担当)も運行しているほか、コミュニティバスであるめぐ〜る(和泉市)の運行を受託している(堺市ふれあいバスの運行も受託していたが、堺市ふれあいバスは2013年6月末日で廃止された[2])。泉ヶ丘駅 - 近畿大学病院前 - 金剛駅前間の路線バス50系統は愛称として「コミュニティバス」と名付けられているが、これとは別意味である。
ニュータウン内を発着する唯一の夜行高速バス路線であり、標記の2社による共同運行となっている。

主な一般道路[編集]

泉北高速鉄道と併走してニュータウン中央部を縦断する大動脈。泉ヶ丘駅付近を境に以北が大阪府道34号堺狭山線、以南が大阪府道38号富田林泉大津線の各一部区間にあたる。最長で臨海石津町交差点(大阪府道29号大阪臨海線)からフタツ池交差点(大阪府道40号岸和田牛滝山貝塚線)までの区間で用いられる。深井小学校前交差点から室堂町北交差点(国道480号)までの区間において、本線は掘割または高架で交差道路を通過するため信号はない。
  • 泉北中央線
泉北1号線から大阪狭山市方面へ分岐するかたちをとる大阪府道34号堺狭山線の泉ヶ丘駅付近以東区間にあたる。泉北1号線と同様にニュータウン内では掘割または高架で交差道路を通過するため信号はない。亀の甲交差点(国道310号)以東は大阪府道202号森屋狭山線となり、国道309号国道170号大阪外環状線)に接続する。大阪狭山市域では狭山池通りの愛称が付けられている。
  • 泉北2号線
泉ヶ丘地区と栂地区の間を石津川に沿って南北に通る。大阪府道61号堺かつらぎ線の一部区間に当たり、大池前交差点以北の市道区間を経てJR西日本阪和線津久野駅前に至る。阪和自動車道堺ICおよび堺泉北有料道路平井出入口太平寺出入口に接続する。
  • 泉北3号線
栂地区と光明池地区の間を和田川に沿って南北に通る。御池台4丁南交差点から栂地区のおおむね西縁部を通って和田川を渡り、光明池地区の北東部を少しかすめて野々井橋交差点に至る。近畿大学医学部堺病院南堺警察署の前を通る。
  • 泉北4号線・泉北北線・泉北南線
ニュータウンの外周道路となる大阪府道208号堺泉北環状線のうち、光明池地区を南北に通る城山台4丁交差点から赤坂台北交差点までの区間が泉北4号線、ニュータウンのおおむね北縁を通る赤坂台北交差点から晴美台1丁交差点(泉北中央線)までの区間が泉北北線、ニュータウンの南部を縦断する晴美台1丁交差点から城山台4丁交差点までの区間が泉北南線となる。警察資料などでは「泉北環状4号線」との記載もある。
※追記
これらの泉北○○線という呼称はあくまでも通称であり、区間などは時代や地図などの資料によって食い違いが見られるため、絶対的なものではない。例えば、当初泉北1号線は深井方向から泉ヶ丘までの区間のみで泉ヶ丘から光明池方面は大阪狭山市方面からの泉北中央線の一部とされていたが、今では一般には上記のように認識されている。

高速道路[編集]

その他[編集]

  • 堺市(美原区を除く)の街区表示では「○丁目」を「○丁」と表記するのが特徴だが、これは泉北ニュータウン地区にも該当する。(例:宮山台三丁、原山台五丁など)
  • 泉北コミュニティ」という地域住民に親しまれているミニコミ紙がある。
  • 泉北音頭」という音頭があり、ひと昔前には、ニュータウン内の小学校などの運動会や地区の盆踊りで踊っていた。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 泉北ニュータウンの概要堺市役所ホームページ
  2. ^ 堺市ふれあいバス廃止の告知

関連項目[編集]

外部リンク[編集]