語源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
語源学から転送)
移動: 案内検索

語源(ごげん、英語:etymology)とは、あるの元となる古い語や故事である。語原とも表記される。語源への興味と関心は語源意識と言われる。

概要[編集]

語の意味発音、表記は時と共にしばしば変わるため、語源がいつも明らかとは限らない。また、言語の起源を考えることにも繋がるため、すべての語源を明らかにすることは難しい。

ある語について、何に由来するのか、あるいはいつ借用されたのか、意味やがどのように変化したのかを探る学問を、語源学という。語源学は言語学の中では主要な分野ではなく、また一つ一つの語の由来を探ることは学問的に重視されていないが、その成果は言語の系統を調べる比較言語学で利用される。

英語ドイツ語フランス語などの近代語には、ラテン語ギリシア語など古典語に由来する専門語が多く、語源を知るとその語の意味がよく分かることがある。

ただし、比較言語学の知識が無い場合、語源の説明にはしばしば強引なこじつけがされる。特に日本語朝鮮語のように同系統の言語が未だに確認されていない言語では、この傾向が著しい。民間語源も同様の現象であり、言語学的な根拠の無い、民間で流布する語源説のことである。

研究史[編集]

日本語[編集]

古くは、『和名抄』などに、語の由来についての説明が見える。江戸時代に至っては、新井白石が『東雅』にて外来語の指摘で見識を示した。国学者の中には、契沖賀茂真淵のように語源について言及した者もいれば、本居宣長のように「語源を探るよりも、古人の使用法を知るべき」という者もいた。明治時代には、大槻文彦が語源の必要性を説き、『言海』の増補改訂版である『大言海』を作った。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]