朝鮮語の南北間差異

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

朝鮮語の南北間差異(ちょうせんごのなんぼくかんさい)とは、大韓民国(韓国、以下「南」とも呼ぶ)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮、以下「北」とも呼ぶ)における朝鮮語の言語的差異を指す。南北朝鮮で用いられている言語はいずれも分断国家となる以前の標準朝鮮語を引き継ぐものであり、政治的には同一の言語とされているが、国家分断の長期化とともに細かな点でいくつかの差異が見られる。以下に南北の言語規範を中心に言語的な差異を記述する。

漢字使用の問題については「漢字復活」を参照。また正書法については「朝鮮語の正書法」を参照。

総論[編集]

朝鮮語の正書法は1933年に朝鮮語学会が制定した「朝鮮語綴字法統一案한글 맞춤법 통일안)」が朝鮮解放後も引き続き南北で用いられたが、1948年に大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国が成立後、両国はそれぞれ異なる言語政策をとることとなった。1954年に北朝鮮が「朝鮮語綴字法조선어 철자법)」を制定し、これによりはじめて規範上で南北の言語に差異が生じることとなるが、このときは正書法のいくつかの細かい点が改訂されただけで全体的に見れば南北間で著しく違いが出たわけではなかった。

しかし、1960年代に入り北朝鮮でいわゆる主体思想が台頭するのとあいまって、言語政策の大転換がなされた。1964年1月3日の金日成の教示「朝鮮語を発展させるためのいくつかの問題(조선어를 발전시키기 위한 몇 가지 문제)」、1966年5月14日の教示「朝鮮語の民族的特性を正しく生かすことについて(조선어의 민족적 특성을 옳게 살려 나갈 데 대하여)」を受けて、北朝鮮では1966年に内閣直属の国語査定委員会が「朝鮮語規範集조선말규범집)」を発表し、これにより南北の言語規範に大きな差異が生じることとなった。その後北朝鮮では1987年に「朝鮮語規範集」を改訂し、現在に至っている。なお、分かち書きの規定に関しては、2000年に「朝鮮語分かち書き規範(조선말 띄여쓰기규범)」が別途制定されたが、2003年に新たな「分かち書き規定(띄여쓰기규정)」が定められ、これが現行の分かち書きの規範となっている。

韓国では1933年の「朝鮮語綴字法統一案」を引き続き用いつつ、1988年にそれを改訂する形で「ハングル正書法한글 맞춤법)」を制定し、同時に「標準語規定(표준어 규정)」を定め現在に至っている。

字母[編集]

朝鮮語を表記する文字に関して南北で差異はない。ただし、活字において、は北朝鮮ではの内部に横棒を加える字体でなく、の上部に横棒を加える字体が一般的である。

字母に関して、韓国では合成母音字母、および合成子音字母は字母扱いされないが、北朝鮮ではこれらの合成字母も字母扱いされる。

子音字母の名称が南北で異なるものがある。

字母 南の名称 北の名称
기역 기윽
디귿 디읃
시옷 시읏
쌍기역 된기윽
쌍디귿 된디읃
쌍비읍 된비읍
쌍시옷 된시읏
쌍지읒 된지읒

南の名称「기역디귿시옷」は『訓蒙字会』(1527年)における名称を受け継いだものであるのに対し、北の名称は「-ㅣ으-」という語形を利用して機械的に名称をつけたことによる。また、濃音字母の名称は南では「쌍-(双)」を冠するのに対し、北では「된-(濃い…)」を冠する。

辞書の見出し語の配列[編集]

辞書の見出し語の配列は以下の通りである。

  • 母音字母
  1. 南:ㅏ ㅐ ㅑ ㅒ ㅓ ㅔ ㅕ ㅖ ㅗ ㅘ ㅙ ㅚ ㅛ ㅜ ㅝ ㅞ ㅟ ㅠ ㅡ ㅢ ㅣ
  2. 北:ㅏ ㅑ ㅓ ㅕ ㅗ ㅛ ㅜ ㅠ ㅡ ㅣ ㅐ ㅒ ㅔ ㅖ ㅚ ㅟ ㅢ ㅘ ㅝ ㅙ ㅞ
  • 子音字母
  1. 南:ㄱ ㄲ ㄴ ㄷ ㄸ ㄹ ㅁ ㅂ ㅃ ㅅ ㅆ ㅇ ㅈ ㅉ ㅊ ㅋ ㅌ ㅍ ㅎ
  2. 北:ㄱ ㄴ ㄷ ㄹ ㅁ ㅂ ㅅㅈ ㅊ ㅋ ㅌ ㅍ ㅎㄲ ㄸ ㅃ ㅆ ㅉ

北では合成字母が正規の字母として基本字母の後に配列されるのに対し、南では合成字母が基本字母の配列の中に組み入れられる(例えばの次にはの合成字母が来たり、あるいはの次にはで始まる合成字母が来るなど)。また、子音字母について北では、音価を有する終声のみの間に配置されるが、音価を有しない初声のの間に置かれず、すべての子音字母の後に(すなわちの後に)母音で始まる単語として配列される。

音声[編集]

南北の標準語における子音・母音の音素の種類とその数についてはともに同じであるが、音声的な特徴に若干の相違がある。韓国の標準語の発音はソウル方言に依拠し、北朝鮮の標準語である文化語の発音は平壌方言に依拠しているため、音声的に若干の違いが見られる。

子音[編集]

子音については以下のような違いが認められる。//,//,//は、ソウル方言では歯茎硬口蓋破擦音[ʨ],[ʨʰ],[ʨʼ]で現れるのが一般的であるが、平壌方言では歯茎破擦音[ʦ],[ʦʰ] ,[ʦʼ]で現れるのが一般的である(자동 南[ʨadoŋ],北[ʦadoŋ])。また、//,//などは平壌では口蓋音化しない[ʦi],[si]という音でも発音されるようである。

頭音法則[編集]

近代朝鮮語においては、主として外来語に対し頭音法則(詳細は後述「頭音法則」を参照)と呼ばれる子音推移が適用され、その発音を朝鮮語のモデルに合うよう調整している。韓国ではこの法則にしたがって標準語を定めているため、漢字語では//の一部と//が立たず表記もそれに従うが、北では頭音法則がないので語頭に//・//が立つことができ、表記もそれに従う。ただ、北のこの発音は朝鮮語の歴史的推移を無視し、借用語の語頭子音が保存されていた時代の発音を規範として人工的に復活させたものであるため、老年層の話者の中には語頭の//・//が発音できず、南と同じ発音をしている者も少なくないと見られる。

頭音法則は本来朝鮮語の中のすべての借用語に適用されるものであるが、欧米語を中心とした中国語以外の言語からの借用語に関しては、現代では南北両国家ともに頭音法則を無視した発音・つづりを規範としている。そのため「라디오(ラジオ)」はそのまま[radio]として発音されるが、老年層の中には[nadio]と発音する人物が少なくない。

母音[編集]

母音については以下のような違いが認められる。//はソウル方言では円唇の度合いがより弱く、平壌方言では円唇の度合いがより強い。国際音声記号で示すと、ソウル方言が[ɔ̜]であるのに対し、平壌方言は[ɔ]である。この円唇性のため、ソウル方言話者が平壌方言の//を//に近く聞き取ることがある。//と//はソウル方言では若年層において区別を失っている。平壌方言は明らかでないが、韓国で全地域的に//と//の区別が消失しつつあることを考慮すると、北朝鮮でも同様の可能性が高い。

ピッチ[編集]

ピッチパターンはソウル方言と平壌方言で異なるが、その違いについて詳しい研究は進んでいない。しかしながら、1992年刊『朝鮮語大辞典(조선말대사전)』には若干の単語に音響機器を用いた単語のピッチが3段階で示されているが、例えば「꾀꼬리(コウライウグイス)」のピッチは「232」(2が低く3が高い)と示されているなど、ソウル方言のピッチパターンと異なる表示が散見される。なお、北朝鮮の朝鮮中央放送のアナウンサーの怒鳴りつけるようなしゃべり方が印象的だが、あれはわざと雄々しく扇動的なイントネーションで発話しているからであり、一般の平壌方言話者があのように話しているわけではない。

表記法[編集]

用言の語形に関する表記[編集]

-아/-어[編集]

語幹末音がである母音語幹において、南で-어が付く形は北では-여が付く。ただし、実際の発音は南においても渡り音[j]を伴うことが多い。

日本語
피어 피여 咲いて
내어 내여 出して
세어 세여 強く
되어 되여 なって
뛰어 뛰여 跳んで
희어 희여 白く

語尾におけるの直後の濃音表記[編集]

終声を含む語尾のうち、南で-ㄹ까(…するだろうか),-ㄹ쏘나(…せんや)などとつづられるものは、北では-ㄹ가-ㄹ소냐のようにの直後が平音字でつづられる。これらの語尾は語源的に連体形-ㄹを含んだ形と思われるが、それらは北の表記法では-ㄹの直後の濃音を平音字で表記する。なお、語尾-ㄹ게(…するからね)は以前は南で-ㄹ께とつづられたが、1988年の「ハングル綴字法(한글 맞춤법)」によって北と同じく「-ㄹ게」とつづられることになった。

漢字語に関する表記[編集]

頭音法則[編集]

北では頭音法則が適用されない。南においては、が語頭に立つ漢字語は、直後に母音[i]あるいは半母音[j]が来る場合(文字としてはと組み合わさる場合)にと綴られ、それ以外の母音が来る場合にと綴られるが、北においては語頭のが維持される。

漢字表記
이성계 리성계 李成桂
연습 련습 練習
낙하 락하 落下
냉수 랭수 冷水

また同様に、が語頭に立つ漢字語で直後に母音[i]あるいは半母音[j]が来る(文字としてはと組み合わさる)場合に、南ではと綴られるが、北においては語頭のが維持される。

漢字表記
이승 니승 尼僧
여자 녀자 女子

なお、「音声」の項で述べたように、これらは北の標準発音法では表記通りに語頭の//・//を発音することになっている。

ただし、南においても「(柳)」、「(林)」といった姓は、「(兪)」、「(任)」などの姓と区別するために、あえて「(柳)」、「(林)」と表記・発音する者がある。

漢字音[編集]

朝鮮漢字音のうち、南でであるものは、北ではとつづられる(ただし発音は南でも[]、[])。

漢字表記
몌별 메별 袂別
폐쇄 페쇄 閉鎖

一部の漢字において字音が異なるものがある。

漢字表記

また、北で「讐」は通常の字音は「」であるが「怨讐」という漢字語においてのみ「원쑤」のように「」となる。これは「원수」の音が「元帥」と同じになるのを嫌ったためと推測される。

合成語に関する表記[編集]

사이시옷 (間の)[編集]

体言語根が合成される際に、南ではいわゆる「사이시옷(間の)」を表記するが、北ではこれを一切表記しない。ただし、発音は大部分の単語において南北とも同じように濃音化がおこるが、一部の単語では北では表記通り発音する[1]

発音 日本語
젓가락 저가락 젇까락/저까락
시냇물 시내물 시낸물 小川の水
나뭇잎 나무잎 [南:나문닙 / 北:나무입 木の葉

合成語の語根の表記[編集]

合成語の表記はそれぞれの語根を明示することを原則とするが、語根意識が失われたものについては語根を明示しないとしており、これについては南北ともに同じである。しかし、個々の合成語を見ると、どの場合に語根意識が失われた合成語と見るのかという分析の違いから、いくつかの合成語において表記法の違いが見られる。

日本語
올바르다 옳바르다 正しい
벚꽃 벗꽃 桜の花

上の例で、「正しい」という意味の単語は、南では「」の部分を語源意識が失われたとして発音通りに「올바르다(正しい)」と表記しているのに対し、北では前半部を「옳다(正しい)」の語幹と見て「옳바르다」(発音は南と同じ[올바르다])と表記している。逆に「桜の花」という意味の単語は、南では「(さくらんぼ)」と「(花)」の合成語と捉えているのに対し、北では語源意識が失われたとして「벗꽃」とつづる。

分かち書き[編集]

南の正書法では分かち書きの規定が粗いのに対し、北の正書法では非常に細かい分かち書きの規定が設けられている。概して北に比べて南の正書法では分かち書きを多くする傾向が強い。主要な違いは以下の通りである。

形式名詞[編集]

形式名詞(南では의존 명사〔依存名詞〕、北では불완전명사〔不完全名詞〕と称される)の直前は、南では分かち書きし、北では続け書きする。数詞と助数詞の結合もこれに準ずるが、南では一部続け書きが許容されている。

日本語
내 것 내것 私のもの
할 수 있다 할수 있다 することができる
한 개 한개 1個

補助用言[編集]

補助用言の直前は、南では分かち書きし、北では続け書きする。ただし、南では場合によって続け書きが許容される。

日本語
먹어 보다/먹어보다 먹어보다 食べてみる
올 듯하다/올듯하다 올듯하다 来そうだ
읽고 있다 읽고있다 読んでいる
자고 싶다 자고싶다 寝たい

上の例のように、南では-아/-어形や連体形の後に補助用言が続く場合は続け書きが許容されているが、-고形の後に補助用言が続く場合には続け書きが許容されていない。

1つの概念を表すもの[編集]

2単語以上からなり1つの概念を表すものは、南では原則的に分かち書きし、北では続け書きする。ただし、固有名詞や専門用語に関しては南でも続け書きが許容されている。

日本語
국어 사전 국어사전 国語辞典
경제 부흥 상황 경제부흥상황 経済復興状況
서울 대학교 인문 대학/서울대학교 인문대학 서울대학교 인문대학 ソウル大学人文学部

しかしながら、南においては分かち書きの基準があいまいであるため、実際には統一があまりとれていない。例えば、「국어 사전(国語辞典)」という語ひとつとってみても、これを2単語と見なす人は分かち書きし、1単語と見なす人は「국어사전」と続け書きするというように、何をもって1単語と見なすかによって実際の分かち書きはまちまちに行なわれているのが現状である。

語彙[編集]

南の標準語はソウル方言を基礎としており、北の標準語(「文化語」と称される)は平壌方言に依拠するところが多い。しかし、南北ともに標準語の語彙・語形は1936年に朝鮮語学会が定めた「査定した朝鮮語標準語集사정한 조선어 표준말 모음)」に依っているため、基礎的な語彙において南北間の差はほとんど見られない。その一方で、政治体制・社会制度の相違に起因するさまざまな新造語には差異が生じつつあり、この傾向は今後さらに増していくものと見られる。

政治体制・社会制度の相違による差異[編集]

南(漢字表記) 北(漢字表記) 日本語
한반도韓半島 조선반도朝鮮半島 朝鮮半島
한국 전쟁韓國戰爭 조국해방전쟁祖國解放戰爭 朝鮮戦争
초등학교初等學校 소학교小學校 小学校
친구親舊 동무 友人

北で用いている「동무(友人)」は朝鮮固有語であり、もともとは朝鮮全土で広く用いられていた単語であるが、南北分断後に北でロシア語товарищ(友人、同志)の訳語として用いられるようになってからは南で用いられなくなった。

外来語の差異[編集]

南ではアメリカ英語から導入された外来語が多く、北ではロシア語から導入された外来語が多いので、両者の間で違いが生じる場合が少なくない。同じ英語外来語であっても、音の取り入れ方が南北で異なり、結果的に異なる語形になることもある。また、外国の国名・地名については、南では英語名を用いるのが一般的であるのに対し、北では現地言語による名称が用いられる。中国の地名・人名については南では中国漢字音、朝鮮漢字音で表記されるのが一般的であるが、北では北京(Beijing)を除いて朝鮮漢字音で表記される。日本の地名においては、南は平音・激音(慣用的に激音から表記する場合も多い)を使うのに対し、北では平音・濃音で表記する。[2]

日本語 解説
트랙터(tractor) 뜨락또르трактор トラクター 英語の無声音は激音、ロシア語の無声音は濃音に転写
스타킹(stocking) 스토킹(stocking) ストッキング 南はアメリカ英語的、北はイギリス英語的
폴란드(Poland) 뽈스까(Polska) ポーランド ポーランド語も無声音は濃音に転写
후진타오(Hu Jin Tao) 호금도 胡錦濤 中国朝鮮語호금도が標準である

その他の語彙の差異[編集]

その他南北の標準語における個々の語彙の違いは、主にソウル方言形と平壌方言形の違いに由来するものと思われる。

日本語
옥수수 강냉이 とうもろこし
망치 마치 金づち

강냉이」といった語彙は南においても方言形としてしばしば耳にすることができる。

北に固有の語彙も若干みられる。「마스다(壊す)」とその自動詞形「마사지다(壊れる)」などは南に対応する語彙が存在しない。

脚注[編集]

  1. ^ 조선말대사전 (1992, ピョンヤン社会科学出版社) ほか現地報道など
  2. ^ 在日本朝鮮人総連合会のHP

関連項目[編集]