朝鮮語新綴字法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

朝鮮語新綴字法(ちょうせんごしんていじほう、조선어 신철자법)は、朝鮮民主主義人民共和国成立前の北朝鮮において朝鮮語文研究会が1948年1月15日に定めた朝鮮語の正書法である。ここでは朝鮮民主主義人民共和国(以下「北」)の現行正書法である「朝鮮語規範集조선말규범집、以下「現行の正書法」)」(1987年制定)と異なる部分を中心に記述し、必要に応じて朝鮮総督府による「諺文綴字法」(1930年制定)、朝鮮語学会(現・ハングル学会)による「朝鮮語綴字法統一案한글 맞춤법 통일안)」(1933年制定)と、大韓民国(以下「南」)の現行正書法である「ハングル正書法한글 맞춤법、以下「南の現行正書法」)」(1988年制定)との違いなどについても言及する。南北の言語的な差異全般については「朝鮮語の南北間差異」を参照。

制定の経緯[編集]

朝鮮語新綴字法は1933年に朝鮮語学会によって制定された「朝鮮語綴字法統一案」の批判検討に始まったとされており、具体的には朝鮮語綴字法統一案で行なわれた形態主義をより一層徹底させる形となっている。

分断国家成立前の38度線以北では1947年2月5日に北朝鮮人民委員会の175号決定により朝鮮語文研究会が組織され、朝鮮語の研究が進められた。この組織は南北分断下にあって南の朝鮮語学会(現・ハングル学会)のような役割を担うべく、38線以北の朝鮮における言語研究を担う組織として創設されたものと推測される。

朝鮮語新綴字法は朝鮮語文研究会内で整備が進められ、1948年1月15日に発表された後も引き続き言語学者らの検討を加えられた。朝鮮語文研究会は李克魯・洪起文など解放後に北に渡った言語学者が合流して1948年10月に再編されるが、1949年7月26日の第10回専門委員会では朝鮮語新綴字法についての報告がなされ、その正当性が再度確認されている。

構成[編集]

朝鮮語新綴字法は総論、各論とから成り、各論は5章64項から成る。章の構成は以下の通りである。

  • 総論
  • 各論
    • 第1章  字母
      • 第1節  字母の数とその順序
      • 第2節  字母の名称
    • 第2章  語音に関すること
      • 第1節  濃音
      • 第2節  舌側音「
      • 第3節  口蓋音化
      • 第4節  末音表記
      • 第5節  半母音「Nkchar-y.gif
    • 第3章  文法に関すること
      • 第1節  体言の語幹と吐
      • 第2節  用言の語幹と吐
      • 第3節  動詞の受身形と使役形
      • 第4節  いわゆる変格用言の処理
      • 第5節  終声
      • 第6節  語源表示
      • 第7節  品詞合成
      • 第8節  原詞と接頭辞
    • 第4章  語彙に関すること
      • 第1節  漢字語
      • 第2節  略語
      • 第3節  標準語
      • 第4節  外来語
    • 第5章  文に関すること
    • 第6章  分かち書き
    • 第7章  符号

章の構成は朝鮮語学会の朝鮮語綴字法統一案を踏襲する形になっており、第3章までの構成と章・節の名称はほぼ対応している。第4章以降は若干の構成変更がある。

字母[編集]

字母の数は42としている。子音字母は濃音字母「」を正式な字母と認め、母音字母は合成字母のうち「」の4つを除いた「」の7つを正式な字母と認めた。特記すべきは、これらに加えいわゆる「6字母」と呼ばれる字母「Nkchar-l.gifNkchar-rr.gifNkchar-w.gifNkchar-y.gif」6つを新たに創作したことである(訓民正音創製時の字母を再利用したもの)。字母の順序は以下の通りである。

  • ㄱㄴㄷㄹㅁㅂㅅㅇㅈㅊㅋㅌㅍㅎㄲㅃㄸㅆㅉNkchar-l.gifNkchar-rr.gifㅿㆆNkchar-w.gifNkchar-y.gifㅏㅑㅓㅕㅗㅛㅜㅠㅡㅣㅐㅒㅔㅖㅚㅟㅢ

字母の名称は、北の現行正書法のように「-ㅣ으-」の形を用いて機械的に作っている。従って、 はそれぞれ「기윽디읃시읏」としている。 の名称「히읗」の発音は /히으/ としている。特異なのは、濃音字母についても同様に名称を与え、終声に を認めている点である。

字母 名      称
「新綴字法」 北の現行正書法 南の現行正書法
끼윾 된기윽 쌍기역
Nkchar-eudd.gif 된디읃 쌍디귿
Nkchar-eubb.gif 된비읍 쌍비읍
씨읐 된시읏 쌍시옷
Nkchar-eujj.gif 된지읒 쌍지읒

6字母の名称は以下の通りである。

字母 名  称
Nkchar-l.gif Nkchar-li.gifNkchar-eul.gif(発音 /Nkchar-li.gif/)
Nkchar-rr.gif Nkchar-rri.gifNkchar-eurr.gif
Nkchar-ri.gifNkchar-eur.gif(発音 /리읃/)
Nkchar-yi.gifNkchar-euht.gif(発音 /Nkchar-yi.gif/
Nkchar-w.gif Nkchar-w.gifNkchar-euw.gif(発音 /우읍/)
Nkchar-y.gif Nkchar-yy.gif

形態素の表記[編集]

朝鮮語新綴字法では変格用言を含めて形態主義的な表記法がより徹底され、同一の形態素は常に同一の形で綴ることにした。新たに作られた6字母は、主に変格用言の表記に用いられた(第3章第4節)。朝鮮語綴字法統一案以降、南北の現行正書法では、変格用言の音韻変化を実際の発音のままに綴ることになっているが、朝鮮語新綴字法ではこれらを1つの字母で表記した。例えば、「걷다」(歩く)は「-」形が「걸어」となり、語幹末の終声「」が「」に交替する。南北の現行正書法では交替した音の通りに綴るのに対して朝鮮語新綴字法では単一の子音音素を抽象し、それを「」で表記し「Nkchar-geot.gifNkchar-geot.gif」とした。

子音語幹の表記[編集]

語幹

語幹の表記には「Nkchar-l.gif」が用いられた。発音の上で // が脱落する場合においても、綴りの上で「Nkchar-l.gif」が保たれた。以下、〔   〕内は北の現行正書法における表記である。

  • Nkchar-nol.gif놀다〕(遊ぶ) ― Nkchar-nol.gifㅂ니다놉니다〕 ― Nkchar-nol.gif놀아
変格

変格の表記には「」が用いられた。この字母は訓民正音創製(1443年)時に存在した字母であり、当時は声門閉鎖音 [ʔ] を表したと推測される。この字母は20世紀の正書法ではすでに用いられなくなっていたが、変格の終声字母として再利用したものである。

  • Nkchar-nat.gif낫다〕(治る) ― Nkchar-nat.gif나을〕 ― Nkchar-nat.gif나아
変格

変格の表記には が用いられた。この字母は訓民正音創製(1443年)時に存在した字母であり、当時は歯茎摩擦音 [z] を表したと推測される。この字母は20世紀の正書法ではすでに用いられなくなっていたが、[t] あるいは [ɾ] 音を表す変格の終声字母として再利用したものである。

  • Nkchar-geot.gif걷다〕(歩く) ― Nkchar-geot.gif으니걸으니〕 ― Nkchar-geot.gif걸어
変格

変格の表記には「Nkchar-w.gif」が用いられた。

  • Nkchar-gow.gif곱다〕(きれいだ) ― Nkchar-gow.gif고우면〕 ― Nkchar-gow.gif고와
変格・正格

南北の現行正書法において、変格用言は // 音が脱落する場合に終声字母「」を表記しないが、朝鮮語新綴字法では正格用言と同様に「」を表記した。その一方で、正格における連結母音「--」を表記しなかった。従って、変格と正格は全く同様に綴られることとなった。

  • 하얗다(白い) ― 하얗ㄴ하얀
  • 좋다(よい) ― 좋ㄴ좋은

母音語幹の表記[編集]

変格

変格の表記には「Nkchar-rr.gif」が用いられた。

  • Nkchar-rreu.gif누르다〕(押す) ― Nkchar-rreueo.gif눌러〕 ― Nkchar-rreui.gif눌리다〕(押される)
語幹

語幹末が母音」で終わる母音語幹用言のうち、「-어」形において語幹末音「」が「」と融合し縮約されて「」となるものは「Nkchar-y.gif」が用いられた。また、「Nkchar-y.gif」に続く音節末子音は終声として書かれず、直後に単独で書かれた。

なお、語幹末が母音「」で終わる母音語幹用言の「-어」形は、常に「」と綴られた(第56項)。この表記法は諺文綴字法と同様であり、北の現行正書法に至るまで一貫している。

  • Nkchar-jy.gif가지다〕(持つ) ― Nkchar-jy.gif가지여〕 ― Nkchar-jy.gif가진

ただし、「-어」形において縮約が起きない単語については「」と表記された。

  • 피다(咲く) ― 피여

その他の表記[編集]

方言形を表示するために、一部に特殊な終声字を認めている。

  • Nkchar-geul.gif(誤っている;「그르다」の方言形)
  • Nkchar-namk.gif(木;「나무」の方言形)

方言形のための終声字は「朝鮮語綴字法統一案」ですでに「」が採用されていたが、上記の終声字もそれに倣ったものと見られる。

合成語の表記[編集]

合成語において2つの形態素間に // が挿入される場合(사이시옷)、n挿入が起きる場合、濃音化が起きる場合には、「絶音符」と呼ばれるアポストロフィが付された(第31項)。この「絶音符」は1940年の改訂朝鮮語綴字法統一案で用いられた「사이시옷(間のs)」を符号化したものと見られる。「絶音符」は朝鮮語綴字法(1954年)にも引き継がれ、朝鮮語規範集(1966年)で廃止された。

「新綴字法」 1940年改訂「統一案」 南の現行正書法 北の現行正書法
이’몸 (歯茎) 이ㅅ몸 잇몸 이몸
담’요 (毛布) 담ㅅ요 담요 담요
등’불 (灯火) 등ㅅ불 등불 등불

漢字音の表記[編集]

母音の表記[編集]

漢字音の母音「」のうち、「」は「」と綴った(第37項)。この表記法は諺文綴字法と同様であり、北の現行正書法に至るまで一貫している。

  • 련메(連袂)、페회(閉會)

頭音法則[編集]

語頭の「」はいわゆる頭音法則に従わず「」のまま表記した(第42項、第43項)。これは形態主義の原則に従って漢字音を常に同一の形態で綴るようにしたものと思われるが、表記法としては諺文綴字法と同様である。

  • 녀자(女子)、로인(老人)、량심(良心)

慣用音[編集]

漢字音について、慣用音が通用しているものは慣用音を認めている(第44項~第47項)。ただし、//と発音されうる「」は、南の表記「」とは異なり原音の「」で表記するとしている。

  • 노예(奴隷。原音:노례)、시월(十月。原音:십월
  • 곤난困難。南の正書法:곤란

運用と廃止[編集]

朝鮮語新綴字法は6つの新たな字母を用いることが最大の特徴の1つであるが、この6字母は実質的に流布することがほとんどなかった。朝鮮語文研究会が1949年から1950年にかけて発行した学術雑誌『朝鮮語研究』の記事1つとってみても、6字母が用いられた記事は正書法解説や質疑応答など編集部の執筆によるごく一部の記事に限られており、個人の執筆した記事では6字母は全く用いられていない。従って、この時期の表記法は6字母を用いず、変格用言の表記法は「朝鮮語綴字法統一案」に従っている。一方、語頭の「」の表記法や「絶音符」などその他の規定は朝鮮語新綴字法に従った。

6字母を最大特徴とする朝鮮語新綴字法が廃止された原因の1つには金枓奉の失脚がからんでいると見られる。金枓奉は解放後の北の朝鮮語学界において強い影響力を持っていたと見られ、朝鮮語新綴字法の制定に際しても主導的な立場にあったと推測されるが、朝鮮戦争後の延安派の粛清に伴い失脚した。1950年代の雑誌『조선어문』においては、6字母を厳しく批判しつつ、これらの「失策」を金枓奉の責任としている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 조선 어문 연구회(1949) ‘朝鮮語 綴字法 基礎’、“조선어 연구”第1巻第5号、조선 어문 연구회(고영근編 “조선어 연구 2”、역락출판사、2001 の影印に依拠)
  • 朝鮮 語文 研究會(1949) “朝鮮語 文法”、文化出版社
  • 조선 어문 연구회(1950) “조선어 신철자법”、조선 어문 연구회(고영근編 “북한 및 해외교민의 철자법 집성”、역락출판사、2000 の影印に依拠)