大嶺祐太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大嶺 祐太
千葉ロッテマリーンズ #11
Yuta Ohmine 2011.jpg
2011年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県石垣市
生年月日 1988年6月16日(26歳)
身長
体重
184 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2007年4月30日
年俸 1,540万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大嶺 祐太(おおみね ゆうた、1988年6月16日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手投手)。愛称は「ゆうた」。血液型はA型。同じく千葉ロッテマリーンズに所属する大嶺翔太は実弟。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

石垣島生まれ。小学二年の時「八島マリンズ」で三塁手として野球を始め、中学では硬式野球「八重山ポニーズ」で世界大会3位になった。同じ沖縄出身の新垣渚福岡ソフトバンクホークス)を見て、プロを目指した。

小学時代より指導を受けた伊志嶺吉盛の強い勧めで八重山商工に進学。

2006年春(選抜大会)・夏(選手権大会)の甲子園連続出場を果たし、八重山商工の快進撃の原動力となった。特に、春の大会では17奪三振を記録している。夏の甲子園では大会最速151km/hのストレートを記録している。打線ではクリーンナップの5番打者におかれ、打撃面でも期待されていた。

ドラフト前の予想では相思相愛のソフトバンクの単独一位指名が予想されていたが、ドラフト10日前にバレンタインがテレビで大嶺を見て気に入り、千葉ロッテマリーンズが強行指名を決定。くじ引きの結果、ロッテが交渉権を獲得する。その結果大嶺本人も戸惑うこととなり、入団拒否が予想されたが、ロッテがキャンプ地を石垣島に移すことを決定すると大嶺の周囲は入団を期待するムードに変わっていった。結局、2006年11月27日石垣市内で契約を結んだ。大嶺本人が最初に下した決断は1年浪人であったため、入団決定までに長い時間がかかった[1]

投手が背番号1を付けるのは、球団としては1981年愛甲猛以来の事であり、プロ野球全体では谷中真二阪神タイガース)以来。

プロ入り後[編集]

2007年
2月26日、プロ初実戦の練習試合・東北楽天ゴールデンイーグルス戦で同級生の田中将大相手に投げ合い、2回4失点KOされた。
4月15日、一軍の試合終了後に開催された千葉マリンスタジアムでのイースタン・リーグ、対楽天戦で150km/hを出し観客を驚かせた。
当初はファームでじっくり育成される予定だったが、先発ローテーションの一員である小野晋吾がわき腹を痛めたために、急遽4月30日の埼玉西武ライオンズ戦でプロ初先発。4回0/3を投げて7安打5失点で勝敗はつかなかったが、アレックス・カブレラに詰まった当たりながら本塁打されるなど、ほろ苦いデビュー戦となった。ただしこの試合はちょうどNHK総合テレビで全国放送されており、第1球にいきなり147km/hを記録、その後も最速151km/hを記録し,140km/h台後半の速球を連発したため、鮮烈な印象も残した。
2008年
セ・パ交流戦で中継ぎとして一軍登板、7月から先発ローテの一角を担う。好投しても打線の援護が得られなかったり、疲れが見えたところで打ち込まれるなど、勝ち星に恵まれない状態が続いていたが、7月24日の対北海道日本ハムファイターズ戦で6回を投げ、被安打4・四球2・失点2でプロ初勝利をあげた。なお、この試合の敗戦投手はダルビッシュ有。試合後のインタビューで「(出身地の)石垣島から(プロ野球の本拠地として)最も離れた札幌ドームで初勝利をあげられて、とてもうれしい」と語った[2]。また「後輩の唐川が頑張っていて、彼の存在が刺激になっていた。」と答え唐川が先に一軍で活躍したことで大きく発奮した[3]
成人したこの年、オリオンビールの「リッチ」のCMに当時監督だったボビー・バレンタイン、ボクシングの具志堅用高と共に出演した。
この年のフェニックスリーグには、一歳年下の後輩唐川侑己と共に、高卒ルーキー二年目としては異例の参加免除となった。
2009年
自らソフトバンクの和田毅に頼んで和田と藤岡好明岩嵜翔と共に一緒に自主トレを行った。
沖縄県警察が広報に使う防犯ポスターに抜擢される。過去には沖縄出身の女優が起用されてきたが、男性の起用はこれで初めてとなる。
5月13日の対ソフトバンク戦では6安打に抑え、10日(楽天戦)の唐川侑己に続いてプロ初完封を果たす。試合後のヒーローインタビューでは「今日は監督(当時監督だったバレンタイン)の誕生日だったんでどうしても勝利という形で監督にプレゼントしたかったんで。それが完封という形でできて本当に良かったと思います。」と答え、ウィニングボールも監督へ贈った[4]
シーズン全体では防御率5.78と打ち込まれるシーンも多かったが、先発の一員として5勝を挙げた。
10月のドラフト会議では実弟の翔太が3位でロッテから指名を受ける。
11月30日に背番号を11に変更した。
2010年
4月7日の対ソフトバンク戦で119球、被安打4、奪三振10、与四球2の内容で9回を抑え、2010年度初勝利を完封で果たした[5]。その後も先発で投げたが安定感がなく7月下旬に2軍降格となりその後一軍での登板はなかった。クライマックスシリーズの第5戦に先発するも、制球が安定せず2回1失点で降板した(チームは逆転勝利)。
制球力向上のため、ワインドアップから引いた左足を上げる途中で一度止め、そこから膝を真上に上げてゆっくり踏み出す独特のフォームに改造するも次第に球威が落ち、かえって打ち込まれることが多くなってしまった。結局、7月の二軍降格後に元のフォームに戻した。このフォームは前述の完封の際にホークス秋山幸二監督から「二段モーションどころか三段モーションではないか?」との抗議を受けている。
2011年
キャンプでフォームを改造、新たにスプリットフィンガード・ファストボールを習得し、オープン戦では好投球を見せ開幕ローテーション入りを掴み取ったが、4月17日に斎藤佑樹との同級生対決になった初登板で2回途中5失点でKOされ、即二軍落ちしてしまった。右肩を痛め、一軍登板はこの1試合に終わってしまった。
2012年
プロ入り後はじめて一軍登板なしとなり、二軍でも24試合で防御率4.03とプロ入り後最低のシーズンとなった。
2013年
二軍公式戦で好調を維持して約2年ぶりに一軍復帰し,5月5日の福岡ソフトバンクホークス戦で1040日ぶりの白星をあげ,5月19日の広島東洋カープ戦では1138日ぶりとなる完封を果たすなど復活を印象づけた年となった。
2014年
シーズン序盤は2軍で登板し、交流戦期間中の6月17日に一軍昇格。開幕から先発陣の一角を担っていた唐川侑己古谷拓哉らの不調もあり、主にいわゆる「ローテーションの谷間」に先発として登板する。7月に一度登録を抹消されるが、8月12日に再び一軍登録。8月14日の北海道日本ハムファイターズ戦において、弟の大嶺翔太が6回に代打で登場した後に一塁守備につき、自身も6回から3番手として救援登板したため、一軍では初となる兄弟での同時出場を果たした[6]
この年は結局、13試合に登板(うち先発9)して3勝4敗、防御率3.46。しかしながら、8月に再昇格してからの成績は9試合に登板し3勝2敗、防御率2.31と、終盤に巻き返してシーズンを終えた。

プレースタイル・人物[編集]

最速151km/hのストレートが最大の武器であり、投球の軸となっている。変化球は、スライダーカーブフォークを投げ分ける。

グラブには故郷である石垣島の形の刺繍が施されている。

同じ石垣市出身のバンドのBEGINとは、きゃんひとみに誘われて行った2007年のライブ以来の付き合い。2010年よりQVCマリンで登場曲として使用している爬竜舟(はりゅうせん)は、『ビギンの島唄 〜オモトタケオ3〜』に収録されている楽曲で、BEGINが大嶺のことを思い、作った曲である[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 ロッテ 1 1 0 0 0 0 0 0 0 .000 21 4.0 7 1 1 0 1 4 0 0 5 5 11.25 2.00
2008 7 5 0 0 0 2 2 0 0 .500 137 32.2 32 5 8 0 1 23 2 0 19 19 5.23 1.22
2009 16 16 2 1 0 5 6 0 0 .455 428 95.0 115 11 35 0 5 59 2 0 62 61 5.78 1.58
2010 13 13 2 1 0 3 6 0 0 .333 320 71.1 78 12 34 0 3 52 1 0 48 41 5.17 1.57
2011 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 11 1.1 3 1 4 0 0 1 0 0 5 5 33.75 5.38
2013 10 9 1 1 0 4 2 0 0 .667 197 43.1 43 2 26 0 2 29 1 0 23 22 4.57 1.59
2014 13 9 0 0 0 3 4 0 0 .429 241 54.2 61 4 20 0 1 31 2 0 32 21 3.46 1.46
通算:7年 61 54 5 3 0 17 21 0 0 .447 1355 302.1 338 36 128 0 13 199 8 0 194 174 5.18 1.54
  • 2014年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 1 (2007年 - 2009年)
  • 11 (2010年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ “大嶺 6回2失点でプロ初勝利”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2008年7月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/07/24/kiji/K20080724Z00000990.html 2013年4月12日閲覧。 
  3. ^ “ダルに投げ勝った!大嶺つかんだプロ初勝利”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2008年7月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/07/25/kiji/K20080725Z00002410.html 2013年4月12日閲覧。 
  4. ^ “大嶺が初完封!ボビーに誕生日プレゼン投”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2009年5月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/05/14/kiji/K20090514Z00001720.html 2013年4月12日閲覧。 
  5. ^ “大嶺10K完封!ロッテ10勝1番乗り”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2010年4月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/04/08/kiji/K20100408Z00002040.html 2013年4月12日閲覧。 
  6. ^ ロッテ大嶺兄弟 1軍で初のそろい踏み”. スポニチ Sponichi Annex (2014年8月15日). 2014年8月30日閲覧。
  7. ^ 【千葉魂】 大嶺を支えた登場曲 BEGINの「爬竜舟」”. 千葉日報ウェブ (2013年5月28日). 2013年6月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]