ミルク・アンド・ハニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミルク・アンド・ハニー
ジョン・レノン&オノ・ヨーコスタジオ・アルバム
リリース 1984年1月27日(ENG)
ジャンル ロック
時間 36分49秒
レーベル ポリドール(オリジナル盤)
EMI(リイシュー盤)
プロデュース ジョン・レノンオノ・ヨーコ
チャート最高順位
  • 3位(イギリス)
  • 11位(アメリカ)
  • 3位(日本)
ジョン・レノン&オノ・ヨーコ 年表
ジョン・レノン・コレクション
(1982年)
ミルク・アンド・ハニー
(1984年)
メンローヴ・アヴェニュー
(1985年)
テンプレートを表示

ミルク・アンド・ハニー (Milk And Honey) は、1984年に発表されたジョン・レノン&オノ・ヨーコアルバムレコーディングはジョンが殺害される直前まで行われていたが、暗殺された事により完成しなかったため、死後から約3年後にリリースされた。

解説[編集]

前作『ダブル・ファンタジー』の続編とも言われ、曲構成も前作同様、ヨーコとジョンの曲が半分ずつ交互に収録されている。ジャケット写真も『ダブル・ファンタジー』と同じく写真家篠山紀信が撮影した同セッションの別ショットとなっている。 ジョン・レノンの楽曲は遺作『ダブル・ファンタジー』制作時に録音されたリハーサル段階のものが、ヨーコ・オノによって編集されている。ヨーコ・オノの楽曲はアルバム発売用に新たに録音されたもの。 「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」は自宅録音のデモ・テープで、カセットテープ音源にリバーブ等のエフェクトが加えられて収録されている。

2001年にはジョンの死の直前に録音された2人のインタビューと3曲のボーナス・トラックを追加収録したデジタル・リマスター盤、『ミルク・アンド・ハニー〜ニュー・センチュリー・エディション』が発売された。「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」はオリジナル・デモ・テープからのリマスター。

収録曲[編集]

  1. アイム・ステッピング・アウトI'm Stepping Out
  2. スリープレス・ナイト — Sleepless Night (ono)
  3. アイ・ドント・ウォナ・フェイス・イットI Don't Wanna Face It
  4. ドント・ビー・スケアード — Don't Be Scared (ono)
  5. ノーバディ・トールド・ミーNobody Told Me
  6. オー・サニティ — O'Sanity (ono)
  7. ボロウド・タイムBorrowed Time
  8. ユア・ハンズ — Your Hands (ono)
  9. マイ・リトル・フラワー・プリンセスMy Little Flower Princess(Forgive Me)
  10. レット・ミー・カウント・ザ・ウェイズ — Let Me Count the Ways (ono)
  11. グロー・オールド・ウィズ・ミーGrow Old With Me
  12. ユアー・ザ・ワン — You're the One (ono)
    以下は2001年の再発売の際に追加されたボーナス・トラック
  13. エヴリ・マン・ハズ・ア・ウーマン・フー・ラヴズ・ヒム(男は誰もが) — Every Man Has a Woman Who Loves Him (ono)
  14. ステッピング・アウト(ホーム・ヴァージョン) — Stepping Out (Home Version)
  15. アイム・ムーヴィング・オン(ホーム・デモ) — I'm Moving On (Home Demo) (ono)
  16. ジョン&ヨーコ インタビュー(1980年12月8日)