ビー・バップ・ア・ルーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビー・バップ・ア・ルーラ
ジーン・ヴィンセント&ヒズ・ブルー・キャップス の シングル
B面 ウーマン・ラヴ
リリース 1956年6月4日[1]
規格 10インチSPレコード
7インチ・シングル
録音 1956年5月4日 テネシー州ナッシュビル Owen Bradley's Studio[1]
ジャンル ロックンロールロカビリー
レーベル キャピトル・レコード
作詞・作曲 ジーン・ヴィンセント、シェリフ・テックス・デイヴィス
チャート最高順位
  • 7位(アメリカ[2]
  • 16位(イギリス[3]
ジーン・ヴィンセント&ヒズ・ブルー・キャップス シングル 年表
ビー・バップ・ア・ルーラ
(1956年)
レース・ウィズ・ザ・デヴィル
(1956年)
テンプレートを表示

ビー・バップ・ア・ルーラ」(原題:Be-Bop-A-Lula)は、ジーン・ヴィンセント&ヒズ・ブルー・キャップスが1956年に発表した楽曲。後にビートルズのライヴで演奏され、また、ジョン・レノンポール・マッカートニーを含む多くのアーティストによってカヴァーされた。

背景[編集]

クレジット上ではジーン・ヴィンセントとシェリフ・テックス・デイヴィスの共作だが、実際には、ヴィンセントと同じ海軍病院に入院していたドナルド・グレイヴスがソングライティングに関与したといわれる[1]。この曲の成り立ちについては、クレジット通りヴィンセントとシェリフ・テックス・デイヴィスが作ったという説、ヴィンセントとグレイヴスが共作してシェリフ・テックス・デイヴィスがグレイヴスの版権を25ドルで買い取った説、それにグレイヴスが一人で書いてヴィンセントに50ドルで売ったという説がある[4]。なお、1955年にヴィンセント及びグレイヴスと同じ病院に入り、同じ主治医にかかっていた"MG"なる人物の証言によれば、グレイヴが歌詞を書きヴィンセントがメロディを作ったという[5]

本作は当初、ジーン・ヴィンセント&ヒズ・ブルー・キャップスのデビュー・シングル「ウーマン・ラヴ」のB面曲としてリリースされたが、「ウーマン・イン・ラヴ」はアメリカのラジオ局で人気を得られず、イギリスのBBCでは放送禁止になったため、発売元のキャピトル・レコードは本作をA面曲に変更した[6]

反響・評価[編集]

ヴィンセントの母国アメリカでは『ビルボード』のポップ・シングル・チャートで7位、カントリー・シングル・チャートで5位、R&Bシングル・チャートで8位を記録した[2]。イギリスでは1956年7月13日付の全英シングルチャートに初登場し、7週チャート圏内に入って最高16位を記録した[3]

ローリング・ストーン』誌が選出したオールタイム・グレイテスト・ソング500では103位にランク・イン[7]。『NME』誌が選出した「1950年代のベスト・ソング100」では62位にランク・インした[8]。また、ロックの殿堂公式サイトで選出された「ロックン・ロールを形作った500曲」の中にも含まれている[9]

他メディアでの使用例[編集]

映画『女はそれを我慢できない』(1956年公開)には、ジーン・ヴィンセント&ヒズ・ブルー・キャップスによる「ビー・バップ・ア・ルーラ」の演奏シーンがフィーチャーされている。ただし、撮影では最後まで演奏したにもかかわらず、完成した映画では前半しか使われなかったため、メンバーはがっかりしたという[1]

この曲は他にも多数の映画のサウンドトラックで使用された。例として『都市の夏』(1970年公開)[10]、『危険な年』(1982年公開)[11]、『カラー・オブ・ハート』(1998年公開)[12]、『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』(2009年公開)[13]等がある。

カヴァー[編集]

ビートルズ関連[編集]

ビー・バップ・ア・ルーラ
ジョン・レノンシングル
収録アルバム ロックン・ロール
B面 ヤ・ヤ
リリース 1975年
規格 7インチ・シングル
録音 1974年10月
ジャンル ロックンロール
レーベル アップル・レコード
作詞・作曲 ジーン・ヴィンセント、シェリフ・テックス・デイヴィス
プロデュース ジョン・レノン
テンプレートを表示

この曲は、ポール・マッカートニーが初めて買ったレコードである[14]。また、1957年7月6日にマッカートニーがジョン・レノンと初めて会った時、マッカートニーはエディ・コクランの「トゥエンティ・フライト・ロック」に続いて「ビー・バップ・ア・ルーラ」をギターで弾いてみせ、その後リトル・リチャードの物真似をした[15]ビートルズによる公式なスタジオ録音のカヴァーは残されていないが、1962年12月にハンブルグのスター・クラブで録音されたライヴ音源は、ビートルズ非公認のライヴ・アルバム『デビュー! ビートルズ・ライヴ'62』(1977年)等、様々な形で発表された。

ビートルズ解散後、ジョン・レノンはアルバム『ロックン・ロール』(1975年)で「ビー・バップ・ア・ルーラ」をカヴァーしており、日本[16]やスペイン[17]では、シングルとしてもリリースされた。一方、ポール・マッカートニーはアルバム『公式海賊盤』(1991年)で「ビー・バップ・ア・ルーラ」をカヴァーした。また、デビュー前にビートルズを解雇されたピート・ベストも、この曲をアルバム『Casbah Coffee Club: Birthplace of the Beatles』(2000年)でカヴァーしている[18]

その他のカヴァー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Dickie "Bebop" Harrell - Rockabilly Hall of Fame - 2014年3月10日閲覧
  2. ^ a b Gene Vincent | Awards | AllMusic
  3. ^ a b GENE VINCENT | Artist | Official Charts
  4. ^ Gene Vincent Biography - Rockabilly Hall of Fame - 2014年3月10日閲覧
  5. ^ How Be Bop A Lula Came to Be? - Rockabilly Hall of Fame - 2014年3月10日閲覧
  6. ^ Be-Bop-a-Lula by Gene Vincent Songfacts - 2014年3月10日閲覧
  7. ^ 500 Greatest Songs of All Time: Gene Vincent and His Blue Cups, 'Be-Bop-A-Lula' | Rolling Stone - 2014年3月10日閲覧
  8. ^ 100 Best Songs Of The 1950s | #62 Gene Vincent & His Blue Caps, 'Be-Bop-A-Lula' | NME.COM
  9. ^ Experience The Music: One Hit Wonders and The Songs That Shaped Rock and Roll | The Rock and Roll Hall of Fame and Museum - 2014年3月10日閲覧
  10. ^ Summer in the City (1970) - Soundtracks - IMDb
  11. ^ The Year of Living Dangerously (1982) - Soundtracks - IMDb
  12. ^ Karâ obu hâto (1998) - Soundtracks - IMDb
  13. ^ Nowhere Boy (2009) - Soundtracks - IMDb
  14. ^ ポール・マッカートニー『ラン・デヴィル・ラン』CD英文ライナーノーツ(ポール・マッカートニー)
  15. ^ 『増補完全版 ビートルズ 上』(著:ハンター・デイヴィス/訳:小笠原豊樹、中田耕治/河出書房新社/2010年/ISBN 978-4-309-46335-3)p.170
  16. ^ 『地球音楽ライブラリー ビートルズ』(TOKYO FM出版/1997年/ISBN 4-924880-88-4)p.110
  17. ^ John Lennon - Be-Bop-A-Lula (Vinyl) at Discogs
  18. ^ Casbah Coffee Club: Birthplace of the Beatles - Pete Best | AllMusic
  19. ^ The Every Brothers (Cadence) - The Every Brothers | AllMusic
  20. ^ The Higher They Climb the Harder They Fall - David Cassidy | AllMusic
  21. ^ Ol' Blue Suede's Back - Carl Perkins | AllMusic
  22. ^ Demented Are Go - In Sickness & In Health (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  23. ^ MAKOTO AYUKAWA - LONDON SESSION #1 - rokkets.com - 2014年3月11日閲覧