インスタント・カーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インスタント・カーマ
Instant Karma! (We All Shine On)
プラスティック・オノ・バンドシングル
収録アルバム シェイヴド・フィッシュ〜ジョン・レノンの軌跡
B面 誰が風を見た
(オノ・ヨーコ)
リリース イギリスの旗 1970年2月6日
規格 7" シングル
録音 1970年1月27日
ジャンル ロック
時間 3分18秒
レーベル アップル・レコード
作詞・作曲 ジョン・レノン
プロデュース フィル・スペクター
チャート最高順位
プラスティック・オノ・バンド シングル 年表
冷たい七面鳥
(1969年)
インスタント・カーマ
(1970年)
マザー
(1970年)
テンプレートを表示

インスタント・カーマInstant Karma! (We All Shine On))は、1970年ジョン・レノンプラスティック・オノ・バンド名義で発表した最後のシングル曲である。B面オノ・ヨーコ作の曲「誰が風を見た」。

この曲のプロデュースフィル・スペクターに依頼し、ジョンはオールド・ロック調にアレンジしてくれと注文をつけた。フィルは言われたとおりにプロデュースし、結果、オールド・ロック調に仕上がった[1]。ジョンにフィルの起用を薦めたと言われるジョージ・ハリスンもギターで参加している。なお、ヨーコによるとこの曲はレコーディング当日の朝にジョンが作曲し、夕方から実際に録音を開始して深夜には完成。その全てをわずか1日で済ませたという。ジョンの声は歪みエフェクトがかけられている。

当初、歌詞のwe are all shining on が浮かんだという。ちなみにジョンは、プラスティック〜名義の第4・5弾として「ホワッツ・ザ・ニュー・メリー・ジェーン」、「ユー・ノウ・マイ・ネーム」を予定していたが、結局頓挫したためプラスティック〜名義ではこれが最後となってしまった[2]

演奏ミュージシャン[編集]

収録アルバム等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ これをいたく気に入ったジョンは、以降『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』までフィルとの共同プロデュースでソロ・アルバム、もしくはシングルを制作していくことになる。
  2. ^ 以降のソロ曲は「ジョン・レノン&プラスティック・オノ・バンド」または「ジョン・レノン」名義で発表されることとなったため。