コールド・ターキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
冷たい七面鳥
コールド・ターキー
Cold Turkey
プラスティック・オノ・バンドシングル
収録アルバム シェイヴド・フィッシュ〜ジョン・レノンの軌跡
B面 京子ちゃん心配しないで
(Don't Worry Kyoko (Mummy's Only Looking for a Hand in the Snow))
リリース アメリカ合衆国の旗 1969年10月20日
イギリスの旗 1969年10月24日
日本の旗 1970年1月10日
録音 1969年9月30日
イギリスの旗 イギリスロンドン
アビー・ロード・スタジオ2
ジャンル ロック
時間 4分59秒
レーベル アップル
作詞・作曲 ジョン・レノン
プロデュース ジョン・レノン
オノ・ヨーコ
チャート最高順位
  • イギリスの旗 14位(全英シングル・チャート)
  • アメリカ合衆国の旗 30位(ビルボード Pop Singles)
  • オランダの旗 39位(Dutch Top 40)
プラスティック・オノ・バンド シングル 年表
平和を我等に
(1969年)
冷たい七面鳥(コールド・ターキー)
(1969年)
インスタント・カーマ
(1970年)
テンプレートを表示

コールド・ターキーCold Turkey、邦題:冷たい七面鳥)は1969年ジョン・レノン率いるプラスティック・オノ・バンドの第2弾シングルとして発表した曲である。

解説[編集]

前作の「平和を我等に」では作詞・作曲をビートルズ時代から使用していたレノン=マッカートニー名義で発表していたが、本作でジョン・レノンは作詞・作曲をジョン・レノン個人名義で発表した。以降個人名義で発表しており本作はジョン・レノン個人名義でのデビュー作品にあたる。B面はオノ・ヨーコ作の曲「ドント・ウォーリー・キョーコ」(邦題は「京子ちゃん心配しないで」)。ジャケットはジョン(表)とヨーコ(裏)の頭部レントゲン写真。

本作は1969年9月13日カナダトロントで行われたロック・フェスティヴァルにエリック・クラプトンらとザ・プラスティック・オノ・バンドとして参加したステージで初めて披露され、ライヴ・アルバム『平和の祈りをこめて』にも収録された。本作に対する聴衆の受けは悪く演奏後にジョンは悪態をついているが、アルバムからはカットされている。9月30日、同じくエリック・クラプトンやリンゴ・スターらとともにスタジオ録音が行われた[1]。自然発生的に演奏されて完成されたように聞こえるが、実際のところは50回以上ものテイクを繰り返した末に完成されている。

本作のタイトルは直訳すれば邦題通り「冷たい七面鳥」という意味であるが、スラングでは「(ヘロインなど薬物中毒の)禁断症状」 といった意味合いになる。ジョンはこの曲をビートルズの曲として発表しようと考え、他のメンバーに提案したがポール・マッカートニーを始めとして、ジョージ・ハリスンリンゴ・スターにも「冗談じゃない」と反対され、結局プラスティック・オノ・バンドの曲として発表せざるを得なかったと語っている。本作は麻薬の効果が切れた際に生じる苦しみや呻き声が描かれたものであるが、ジョン以外の3人はこの曲を単なるドラッグ・ソングだと誤解して反対したとされている。このような誤解は放送関係者にもあって、楽曲が発表された際に「ドラッグ・ソングであること」を理由にBBCなど英米の放送局で放送禁止指定を受けてしまった。しかし、そうした放送禁止指定を受けながらも本作は英米のチャートで最高14位に入るヒット作品となった。

なおジョンは発表された年にMBE勲章を英国王室に返上しているが、その理由のひとつに、この曲のチャート順位が下がりつつある事を挙げている。

演奏ミュージシャン[編集]

収録アルバム等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 録音日は9月25日とするものや、ドラムスはアラン・ホワイトとする説もある。