女はそれを我慢できない (1956年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
女はそれを我慢できない
The Girl Can't Help It
監督 フランク・タシュリン
脚本 フランク・タシュリン
ハーバート・ベイカー
原作 ガーソン・カニン
音楽 ライオネル・ニューマン
撮影 レオン・シャムロイ
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年12月1日
日本の旗 1957年6月26日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

女はそれを我慢できない』(おんなはそれをがまんできない、The Girl Can't Help It)は、1956年製作のアメリカ映画

ジェーン・マンスフィールドのアイドル映画で、ロックンロール全盛期の歌謡系コメディ映画でもある。ビスタ・サイズ白黒が一般的だったロックンロール映画の中で初めてワイド・スクリーン、フルカラーで撮影された映画である。そのため、作中でもスタンダード・サイズ、白黒の場面から、画面の両端が広がり、白黒からカラーになるという演出が加えられている。

内容[編集]

酒好きの宣伝屋トム・ミラー(トム・イーウェル)はある日、過去にギャングの親分であったマードック(エドモンド・オブライエン)に出会う。彼はマードックに雇われ、ある条件の下、美人で有名な娘ジェリイ(ジェーン・マンスフィールド)をスターにする仕事をすることになった。その条件とは、絶対に彼女に手を出してはならないというものであったが、この2人は愛し合うようになってしまった。彼女には歌手になるつもりは毛頭ないのだが、マードックに恩義があるために断れずに、下手な歌を唱わなければならない。マードックは彼女をスターにしなければ顔が立たないので、でたらめな声でレコードに吹き込んだ彼女の歌を、さまざまなインチキを並べ強引に町中の酒場にかけさせた。それが、奇妙な人気を博し、彼女をスターにしてしまった。ニューヨークの初舞台が迫り、はじめは反対していたマードックも、トムとジェリイの仲を許し、めでたくゴール・インとなろうとしたところに、マードックに張り合うギャング親分のホイラーが乗り込んできた。だがトムが機転をきかせ、マードックが自ら舞台に立つと、得意の「ロック・アラウンド・ザ・ロック・パイル」を歌う。聴衆は喝采し、一緒に感激したホイラーも、マードックと握手し二人の対立は解決した。その10年後、結婚を果たしたトムとジェリイの間には5人の子供が生まれ、マードックはよき「おじいさん」となっている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]