ポラード文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポラード [ミャオ]
類型: アブギダ (アルファベットの要素も持つ)
言語: ミャオ語
発明者: サム・ポラード
時期: 1936年頃から現在まで
ISO 15924 コード: Plrd
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

ポラード文字、別名ポラード・ミャオは、メソジスト宣教師サム・ポラードが発明した文字体系。アブギダである。ポラードはこの文字を、ミャオ語のいくつかある方言の1つであるA-Hmaoで使うために発明した。この文字体系は、それを使って1936年新約聖書の翻訳が出版されるまで、一連の改訂を経験してきた。

中国における政治体制の変化により、いくつかの文字体系と競合することになった。競争相手のほとんどはラテン文字化であった。ポラード文字は中国に住むミャオ族の間でまだ使われているが、中国国外のミャオ族は代替文字体系の1つを使う傾向にある。文字体系の見直しは1988年に完了したが、まだ使われ続けている。1997年、ポラード文字はアップルコンピュータのジョン・ジェンキンズによってUnicodeへの収録が提案された[1]

ほとんどの他のアブギダと同様、ポラード文字は子音を表現する一方、母音ダイアクリティカルマークによって示される。しかしながら、独自の点としてダイアクリティカルマークの位置が声調を表現するために変化する。たとえば、西部ミャオ語では母音のダイアクリティカルマークを子音文字の上に置くと音節が高声調であることを示し、右下に置くと低声調であることを示す。

外部リンク[編集]