ブロックとエイトリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミョルニルが他の宝物と共に作り出される場面。

ブロックBrokkrブロックルとも)とエイトリEitriシンドリ Sindri とも)は、北欧神話に登場するドヴェルグの兄弟である。

スノッリのエッダ』の『詩語法』[1]によると、ロキイーヴァルディの息子たちにシヴスキーズブラズニルグングニルを作らせた後、ブロックとエイトリの兄弟と「これらに優る宝を創れるかどうか」の賭けをし、もし作れたのなら自分のをやると約束した。

兄弟は鍛造を始め、終わりにさしかかるとエイトリはブロックに「何があってもふいごを動かす手を休めるな」と言いつけて出て行った。一匹のハエ(ロキが変身したともいわれる)がブロックの邪魔をしたが、彼は手を休めずふいごを動かし、グリンブルスティドラウプニルと順に完成させていった。最後にミョルニルを創る際、ついにブロックはハエの邪魔に耐えきれずに手を休めてしまい、そのためにミョルニルの柄は短くなってしまったという。

ブロックはロキと共に宝物を神々の前に持っていき、どちらが優れているかを判定させた。結果はミョルニルを創りあげた兄弟の勝ちであった。ブロックはロキに頭を請求したが、ロキは「頭はやると言ったが、をやるとは言っていない」と言って逃れようとしたため、兄弟はロキの口をで縫い合わせてしまったという。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『「詩語法」訳注』41-43頁。

参考文献[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「ブロックとエイトリ」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ