イーヴァルディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イーヴァルディ[1]古ノルド語:Ívaldi[2]、「大力無双の者」の意[2])は、北欧神話に登場する小人ドヴェルグ)の一人。

イーヴァルディは鍛冶屋であり、その息子たちによってシヴの髪、スキーズブラズニルグングニル、といった宝物が作り出されたという[3]。これらの宝物は、ロキがシヴの美しい髪を切ってしまったことを発端とし、その代わりになるものとしてロキが作らせたものである。この神話ではこの後、ロキが同じくドヴェルグであるブロック・エイトリ兄弟と賭けを行い、兄弟によって別の宝物(グリンブルスティドラウプニルミョルニル)が生み出されることとなる。

このいきさつは『スノッリのエッダ』第2部『詩語法』に詳しいが、他に、同第1部『ギュルヴィたぶらかし』第43章[4]、『古エッダ』の『グリームニルの言葉』第43[5]において、「イーヴァルディの子らがスキーズブラズニルを作った」という趣旨で簡単に説明されている。

別のエッダ詩『オージンのワタリガラスの呪文歌』第6節では、「イーヴァルディの年長の方の子供たちの中で、最も若き者」[6]として、イズン (Iðunn[7], Iþunn[8]) という名のアールヴが紹介されている。この詩を英語に訳したエイモス・サイモン・コトルは訳注で、ブラギの妻である女神イズンとは違う存在であると注記している[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『「詩語法」訳注』41頁にみられる表記。
  2. ^ a b 『エッダ 古代北欧歌謡集』61頁、訳注120。
  3. ^ 『「詩語法」訳注』41-42頁。
  4. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』260頁。
  5. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』56頁。
  6. ^ ベンジャミン・ソープによる英語訳 Northvegr - Poetic Edda - Thorpe Trans. 2010年3月9日閲覧
  7. ^ ヨゥナス・クリスチャゥンッソンGrein - HRAFNAGALDUR ÓÐINS - FORSPJALLSLJÓÐ - mbl.is 2010年3月9日閲覧
  8. ^ ソーフス・ブッゲによる校訂版 Forspjallsljóð 2010年3月9日閲覧
  9. ^ エイモス・サイモン・コトルによる英語訳 Northvegr - Poetic Edda - Cottle Trans. 2010年3月9日閲覧

参考文献[編集]