アラウィー派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラウィー派 (العلويةal-‘Alawīya) は、イスラム教イスラーム)の一派。ただし、イスラームのなかではきわめて異端的な立場にある特殊な宗教であり、主にシリアの山岳地帯に分布する[1]。アラウィーはアラビア語で「アリーに従う者」に意味し、9世紀のシーア派の活動家イブン・ヌサイルの名からヌサイリー派ともいう。2014年現在、シリアのアサド政権との関係が深い。

概略[編集]

アラウィー派は一般に、シーア派の系統に属すとされるが、同派のどこから分派したかは明らかではない[1]。また、輪廻転生説を取り入れるなど他の宗派と大きく異なった教義を持ち、イスラムと「異教」との境界線上にあるとする意見もある[1][2]トルコにはトルコ語アレヴィー派と呼ばれる同一系統の名称をもったグループがいるが、シリアのアラウィー派との関連については不明な点が多い。

にもかかわらず、シリアのアラウィー派がシーア派とされるのは、シリアのレバノン侵攻(1976年)の際、アラウィー派が自らをシーア派として認めるようレバノンのシーア派指導者に対し、強く求めたからである[1]

シリアではアラウィー派は人口の1割強にすぎないが、哲学者のザキー・アル=アルスーズィー、大統領のハーフィズ・アル=アサドバッシャール・アル=アサド父子をはじめとしてバアス党や軍部の有力者を数多く輩出している。そのため現代のシリアは、しばしばアラウィー派コミュニティに支配されていると見なされる[3]

アラウィー派は、後述のようにイスラーム世界にあっては教義も特殊で、基本的にコミュニティ内でのみ結婚関係をむすぶ閉鎖的なコミュニティであり、アラブ社会では伝統的に差別を受けてきた[1]

教義[編集]

イスマーイール派キリスト教シリア地方の土着宗教の要素があわさったと考えられる独特の教義を持つ。女性に魂はないとされるため、教義は男性のみのサークル内の秘伝とされ、神秘主義の色彩が強い。シリア北西部に独自の神殿をもつ[1]

「正統派」イスラムとは異なり、神(アッラーフ)は人間の姿をとって現れることがあるとする。アリーは神が地上に現した最後の姿であると考え、神格化される。また、アリーは「本質」を意味し、「名」(宣教者)であるムハンマドと「門」(解釈者)であるサルマーンという不可分の要素である2名の人物とともに地上に現れたのだとする一種の三位一体思想を持ち、それぞれを月・太陽・天空になぞらえて信仰する。

また、生前に善行を積めば死後ほかの人間に、悪行を重ねれば動物に生まれ変わるというインド輪廻に似た転生思想や、キリスト教から取り入れたと考えられる聖霊の祝祭なども他のイスラム教宗派との大きな相違点である。

歴史[編集]

閉鎖的なアラウィー派のコミュニティがアラブ社会において被差別の歴史をあゆんできたのは上述のとおりである[1]第一次世界大戦後、フランスがシリアの国際連盟委任統治を担当した際、現地の行政警察秘密警察をアラウィー派に任せた。これは、スンナ派による多数派統治が独立運動などにつながりかねないことを危惧したもので、住民の離間策としても機能した[1][注釈 1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ スンナ派はムスリムの多数派。シリア国民の約7割、イスラーム世界全体の約85パーセントがスンナ派である。

出典[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]