矯正運動 (シリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
矯正運動
戦争:矯正運動
年月日1970年11月13日
場所シリアの旗 シリア
結果サラーフ・ジャディードの追放
シリア・バアス党内の左派の追放
ハーフィズ・アル=アサド政権の成立
交戦勢力
シリアの旗 シリア政府 Flag of the Ba'ath Party.svg バアス党シリア地域指導部
シリアの旗 シリア軍
指揮官
サラーフ・ジャディード
ヌーレッディーン・アル=アターシー(シリア大統領)
ハーフィズ・アル=アサド
ムスタファ・タラース

矯正運動とは、矯正革命とも称される1970年11月13日シリアバアス党政権内の現実主義派ハーフィズ・アル=アサドによるクーデターとそれによる政治・経済改革である。これにより、アサド政権が成立した。[1]

アサドは空軍将校として1963年3月8日革命に協力し、バアス党政権の樹立に貢献していた[1]1966年にはバアス党政権内で古参幹部が追放されるクーデター(1966年シリアクーデター)が起きたが、その後も個人や派閥間での内紛が続いた[2]。 多くの党員が追放され、サラーフ・ジャディード派とアサド派の2つの派閥が残った[2]

「矯正運動」は、党内で支配的であったジャディードら左派派閥に対して行なわれた。ジャディードらの対外政策は冒険的で無責任であると考えていた。 特にヨルダン内戦への介入に批判的だった。 「矯正運動」の結果、シリアにおけるバアス党の事実上のリーダーのジャディードが失脚し、追放された。

シリアの社会的・政治的な構造を逆転させた。アサドの出身宗派であるアラウィー派は人口の12%以下であったが、彼らがシリアの全ての分野で中核的な地位を支配することになった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Patrick Seale (2000年6月15日). “Hafez al-Assad”. Guardian.co.uk. http://www.guardian.co.uk/theguardian/2000/jun/15/guardianweekly.guardianweekly1 2011年3月19日閲覧。 
  2. ^ a b Devlin, John F. (1983). Syria: modern state in an ancient land. Boulder: Westview Press. p. 55. ISBN 0865311854.