ハーフィズ・アル=アサド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーフィズ・アル=アサド
Hāfiz al-Asad
Hafez al-Assad.jpg

任期 1971年2月22日2000年6月10日

出生 1930年10月6日
ラタキア県カルダーハ
死去 2000年6月10日(満69歳没)
ダマスカス
政党 アラブ社会主義バアス党
配偶者 アニサー・マフルーフ
第四次中東戦争で兵士を激励するアサド(1973年10月)

ハーフィズ・アル=アサド(حافظ الاسد Hāfiz al-Asad, 1930年10月6日 - 2000年6月10日)は、シリア政治家大統領(在任1971年 - 2000年)。一般に独裁者とみなされている。日本語ではハーフェズ・アル=アサドとも表記し、アサドが姓として認識される場合が多い。

シリアで流通している1000シリア・ポンド紙幣に肖像が描かれている。

経歴[編集]

空軍軍人[編集]

シリア北部のアンサーリーヤ山地にあるアラウィー派の小村カルダーハで、カルビイヤ部族の貧しい家庭の9番目の子として生まれた。高校在学中の1946年、16歳の若さでバアス党に入党するなど早くから積極的な政治活動に取り組んでいた。ラタキア高校を首席で卒業した後、経済上の理由から大学進学をあきらめ1952年にアレッポの飛行士官学校に入校し、ソビエト連邦での訓練を経た1955年の卒業後、少尉に任官し、シリア空軍に入隊した。

アラブ連合共和国成立後、カイロに派遣され戦闘飛行隊長となるが、エジプトとの連合への懐疑的な見解により軍から解雇された。カイロでは、秘密軍事委員会を組織して同じアラウィー派のサラーフ・ジャディードムハンマド・ウムラーンと共にバアス党の運動に参加し、シリア帰国後、1963年クーデター(3月8日革命)に参加した。バアス党政権が樹立されると国防相を務めた。1966年〜1970年まで空軍司令官を兼任。

政権樹立[編集]

1967年の第3次中東戦争ゴラン高原を失うと、バアス党内ではジャディード党地域指導部書記長率いる急進派と穏健・現実主義派が対立するが、アサド(当時国防相)がリーダーとなった穏健派が1969年2月28日の政変で実権を握ったあと、1970年11月のクーデター(矯正運動)で全権を握った。アサドは首相と国防相を兼ね、さらにバアス党の地域指導部書記長に就任し、翌1971年には国民投票により大統領に選出された。以後は対外的にはゴラン高原の奪還を目標として、アラブ諸国間の対イスラエル強硬派としてエジプトのアンワル・アッ=サーダート大統領と組み、第四次中東戦争に参戦。また、ソビエト連邦との結びつきを強め、国内では事実上の一党独裁と軍事力による政治で民心の引き締めを行う一方、バアス党の世俗的民族主義の立場から「シリア・ムスリム同胞団」勢力を抑圧した。

1976年からはレバノン内戦に介入し始め、レバノンを事実上の影響下に置くに至るが、1970年代後半から経済状況が悪化し、またシリアにおいては少数派に過ぎないアラウィー派を優遇したことから国内最大宗派のスンナ派の反発を招き、国内でムスリム同胞団などの台頭がみられるなど、政権基盤の不安定化がみられた。イラン革命に触発された1980年代前半にはイスラム主義者による政権に対する反抗が激化し、1982年には中部の都市ハマーなどでイスラム主義勢力による暴動が起こるが、アサド政権はこれを武力鎮圧した。これによってシリアにおけるムスリム同胞団の活動は衰退に向かう。

翌1983年にアサドが心臓病で入院している最中、軍部で実力をもつ弟リファアト・アル=アサド革命防衛隊司令官がクーデターを計画、軍部はアサド派とリファアト派に分かれ内戦寸前となった。退院したアサドはいったんリファアトを安全保障担当の副大統領に据えて懐柔し、注意深くその勢力を削いだ後、1984年にフランスおよびスペインに追放した。

長期政権と後継問題[編集]

シリアでは各所でアサドの銅像や肖像画を見かける(2001年、アレッポにて)

バアス党の正統性やユーフラテス河の水資源利用をめぐり隣国イラクとは対立関係にあったため、イラン・イラク戦争ではアラブ諸国で唯一イランを支持、イラクとの国境を閉鎖した。1990年湾岸危機ではイラクのクウェート侵攻を受けてイラクと国交を断絶し、アメリカ合衆国や、反イラク側の中心となったサウジアラビアとの関係を改善、サウジアラビアにも派兵した。1990年代には中東和平の機運に乗ってイスラエルとの交渉を開始するが、ゴラン高原全面返還という原則を譲らず、打開が見出せないまま交渉は一度の中断を挟んで停滞した。

1994年には、後継者と目されていた長男バースィル・アル=アサドを事故死で失い、後継者問題が不安定化したことで大きな打撃を蒙ったが、ロンドンで生活している次男バッシャールを急遽呼び寄せ、後継者としての帝王教育を施した。それでも、後継者としてのバッシャールに対する不安感は拭えなかった為、父ハーフィズは、ロンドン留学を通じた高学歴、開かれた国際感覚、といった息子の「博識」さを特徴づける試みとして、情報科学協会の会長にバッシャールを就任させ、若手官僚育成、インターネットの導入など、バッシャールをシリアの近代化や若い世代の旗手として位置付けようとした。

また、バッシャールの政治手腕を疑問視、あるいは後継指名に反発していたアリー・ハイダル前特殊部隊司令官を逮捕、ヒクマト・アル=シハービー軍参謀総長、ムハンマド・フーリー空軍司令官を退役、ムハンマド・ナースィーフ総合情報部次長兼内務部長、アリー・ドゥーバ軍事情報部長を降格させるなど、今までハーフィズ・アサド体制を支えてきた古参軍幹部や情報将校を粛清する政策を進め、政権の世襲化と息子の軍・治安機関部門における基盤強化を計った。

晩年は心臓病を抱えながらも政務をこなしていたが、2000年6月10日レバノンサリーム・アル=フッス英語版首相との電話会談中に心臓発作で死去。後継大統領には予定通り次男のバッシャールが就任した。

家族・親族[編集]

ハーフィズ・アサドは妻アニーサ・マフルーフとの間に5人の子供がいる。

  • 長女ブシュラー(1960年生)は薬剤師で、長く父の秘書を務めていた。父ハーフィズの意向に反してアースィフ・シャウカト准将(元・国防副大臣、2012年反体制派の爆弾攻撃で殺害された)と結婚した。
  • 長男バースィル(1962〜1994)は大学を卒業し土木技師の資格を得た後に軍人となり、1984年より亡命したリファアトの後任の革命防衛隊司令官に就任。事実上の後継者と見られていたが、1994年に自動車事故で死亡した。
  • 次男バッシャール(1965年生)は眼科医で、現在のシリア大統領である。
  • 三男マーヒル(1967年生)は、共和国防衛隊の将校で、1996年に少佐に任官している。現在は共和国防衛隊司令官と陸軍第4装甲師団長を兼任。
  • 四男マジド(1969〜2009)は電気技師で、兄達とは違って政治の表舞台には一切登らなかった。長い闘病生活の末に2009年12月に死去。
先代:
アフマド・アル=ハティーブ
シリア大統領
1971年 - 2000年
次代:
バッシャール・アル=アサド