中東和平会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中東和平会議(ちゅうとうわへいかいぎ、: Madrid Conference of 1991)とは、1991年10月スペインの首都マドリードで開催された国際会議で、パレスチナ問題について討議した。

アメリカ合衆国が会議の主導権を握り、ソ連イスラエルも参加、アラブ諸国からはエジプトヨルダンレバノンシリア、そしてパレスチナの代表団が会議に参加した。その約2年後の1993年9月にはワシントンで、パレスチナ暫定自治協定が締結された。

関連項目[編集]