トリポリ (レバノン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界 > アジア > 西アジア > レバノン > 北レバノン県 > トリポリ

トリポリ
طرابلس
レバノンの旗
TripoliLebEast.jpg
市街地東部
位置
トリポリはレバノン最北部の地中海岸に位置するの位置図
トリポリはレバノン最北部の地中海岸に位置する
座標 : 北緯34度26分 東経35度51分 / 北緯34.433度 東経35.850度 / 34.433; 35.850
行政
レバノンの旗 レバノン
  北レバノン県
 市 トリポリ
人口
人口 (現在)
  市域 500,000人
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
公式ウェブサイト : http://www.tripoli-city.org

トリポリTripoli)は、東地中海沿岸に広がるレバノン第二の都市であり、北レバノン県の県都でもある。アラビア語ではタラーブルスطرابلس ṭarābulus)という。

首都ベイルートと同じく港町で、レバノン第二のでもある。人口500,000人。住民の80%はスンニ派ムスリムである。

歴史[編集]

古くから東地中海有数の富裕な港として栄え、十字軍による破壊以前は「ダール・アル=イルム(دار العلم)」(知識の館)という大図書館を有していた。第1回十字軍の際に陥落し、十字軍国家トリポリ伯領となり、1289年マムルーク朝に滅ぼされ破壊されるまで数度にわたる十字軍の上陸・補給拠点として、またイタリア商人らによる通商の場として利用された。

レバノン内戦時、トリポリは、ベイルートより南の都市とは違って、大規模な破壊には至っておらず、1103年フランク王国レイモンド伯(レイモン・ド・サン・ジル)が建てた十字軍の要塞、セント・ジル要塞(1289年再建)をはじめ、数々の遺跡が残っている。

2012年、前年から隣国で発生していたシリア騒乱が、宗教対立の形でトリポリへ伝播。同年8月20日から市内各所で発生したイスラム教アラウィー派(アサド政権寄り)とスンニ派(反政府勢力寄り)の衝突では、14人以上の死亡、100人以上の負傷者を出した[1]

出典[編集]

  1. ^ シリア情勢、レバノンへ飛び火 宗派間対立で死者もAFPBB.NEWS 2012年08月25日

外部リンク[編集]