ズルフィカール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ズルフィカール

ズルフィカールアラビア語: ذو الفقار‎)とはアリー・イブン・アビー=ターリブが使っていたで、イスラム圏では伝説の名剣とされている。 その形状には諸説あるが、イスラム教圏で一般的なイメージとしては先端が二股に分かれている姿が多い。 イスラム教圏では剣などに「アリーに勝る英雄なく、ズルフィカールに勝る剣なし」と刻まれていることがある。

名称について[編集]

英語圏では表記が一定しておらずZulfiqar, Dhu al-Fiqar, Thulfeqar, Dhulfiqar, Zoulfikarなどさまざまな表記がある。 日本語ではズー・アル・フィカールと記述されている場合もあるが、本来ズルフィカールで一つの固有名詞であり間に定冠詞アルが入ったり単語を区切ったりすることはない。そもそも日本語で使用されているイスラム用語の多くが英語圏からの翻訳によるものであるため、アラビア語の原語表記からかけ離れてしまったカタカナ表記も多い。

イスラム教社会においてイスラム教の用語は、アラビア語を正としてアラビア語の読み方に従うことを基準としている。そのため、非アラビア語圏でも原則としてズルフィカールと呼ばれるが、トルコ語圏やペルシャ語圏では言語による訛りが出るため欧米人には違って聞こえることもあり、英語表記が一定しない一因にもなっている。 非アラビア語圏のイスラム教国では、固有名詞として地名や人名などに使用されていることもある。

関連項目[編集]