THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
THE END OF EVANGELION
LOREN & MASH / ARIANNEシングル
初出アルバム『THE END OF EVANGELION
B面 Komm, süsser Tod
II Air [ORCHESTRAL SUTTE No.3 in D Major, BWV.1068]
リリース
規格 8cmCD
録音 1997年
日本の旗 日本
ジャンル 洋楽アニメソング
時間
レーベル スターチャイルド(KIDA-155)
作詞・作曲 MASH(作詞 #1)
Shiro SAGISU(作曲 #1,2)
Hideki Annno(日本語原詞 #2)
Mike WYZGOWSKI(英訳 #2)
J.S.BACH(作曲 #3)
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン
  • 1997年度55位(オリコン)
  • 登場13回(オリコン)
LOREN & MASH 年表
- THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS-
(1997年)
魂のルフラン/THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS-
(2006年)
ARINANNE 年表
- Komm, süsser Tod
(1997年)
-
THE END OF EVANGELION 収録曲
空しき流れ
(7)
THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS-
(8)
始まりへの逃避
(9)
テンプレートを表示
魂のルフラン/THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS-
高橋洋子 / LOREN & MASHシングル
A面 魂のルフラン
THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS-
B面 心よ原始に戻れ
リリース
ジャンル J-POPアニメソング
洋楽(アニメソング)
時間
レーベル スターチャイルド(KICM-3122)
作詞・作曲 及川眠子(作詞 #1,3)
大森俊之(作曲 #1)
MASH(作詞 #2,4)
鷺巣詩郎(作曲 #2,4)
佐藤英敏(作曲 #3)
チャート最高順位
  • 39位オリコン
  • 登場回数6回(オリコン)
LOREN & MASH 年表
THE END OF EVANGELION
(1997年)
魂のルフラン/THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS-
(2006年)
-
テンプレートを表示

THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS-」(タナトス・イフ アイ キャント ビー ユアーズ)は、映画『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』の主題歌である。1997年8月1日スターチャイルドから発売されたLOREN & MASH/ARIANNEのシングルTHE END OF EVANGELION」(ジ・エンド・オブ・エヴァンゲリオン)が初出。

概要[編集]

1997年7月19日に公開された『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』 の劇中、第25話「Air」の最後で螺旋状にスクロールされるスタッフロールに合わせて流れる曲である[1]。 本曲が収録されたシングルは、オリコンシングルチャート最高2位を記録した。これはエヴァ関連のシングルCDの中で最高記録である。なおアニメソングではなく洋楽として販売された。

作曲を手がけた鷺巣詩郎によると、発注されて制作した曲ではなく、『Komm, süsser Tod』の制作後、前述の劇場版へ向けて緊張感を保つため自主的に制作したものだったが、[2]デモを聴いた庵野秀明監督が即決で主題歌に採用したという[3]

原曲は、本編用の劇伴として作曲された「THANATOS」[4]の前半部で、これに英語の歌詞をつけたものである。また、「THANATOS」(タナトス)とは、ギリシャ神話に登場するを司る神のことで、テレビシリーズの第弐拾参話『涙』で印象的に使われ、死への衝動を想起させる。

本作では、男女の哀切な別れを描いており、最後では"What am I, if I can't be yours"(あなたのものになれないなら、私には存在する価値もない)と歌われている。

2006年5月24日に『魂のルフラン』と両A面扱いでマキシシングルが発売された。カップリングに新たにリミックスされた「THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS- “Nine Years After Mix”」が収録。2016年7月30日に発売された『ShiroSAGISU OUTTAKES FROM EVANGELION (VOL.1)』には「THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS- “Nine Years After Mix”」をさらにリミックスした「E13 nineteen years after mix」が収録された。

メインボーカルのLOREN(ロレーン・ブリスコー、Lorrain Briscoe)は、この作品のボーカルを担当した後、鷺巣詩郎のアルバム「SHIRO'S SONGBOOK」シリーズ全作にボーカルとして参加したり、鷺巣が音楽担当をしたドラマ『今夜ひとりのベッドで』の挿入歌のボーカルを担当したりと、鷺巣詩郎の音楽活動に深く携わっている。LOREN個人でも『Up All Night』と『PHIX-UP!!』というアルバムをリリースしている。

収録曲[編集]

『THE END OF EVANGELION』[編集]

(全編曲: Shiro SAGISU

  1. THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS- [4:48]
    歌  : LOREN & MASH
    作詞 : MASH、作曲:Shiro SAGISU
  2. Komm, süsser Tod [7:51]
    歌:ARIANNE
    日本語原詩:Hideaki ANNO、英訳:Mike WYZGOWSKI、作曲: Shiro SAGISU
  3. II Air [3:22]
    作曲:J.S.BACH

『魂のルフラン/THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS-』[編集]

2006年5月24日発売(KICM-3122)

  1. 魂のルフラン
    歌:高橋洋子
    作詞:及川眠子、作曲・編曲:大森俊之
    東映配給アニメ映画「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」主題歌
  2. THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS-
    歌:LOREN & MASH
  3. 心よ原始に戻れ
    歌:高橋洋子
    作詞:及川眠子、作曲:佐藤英敏、編曲:大森俊之
    東映配給アニメ映画「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」イメージソング
  4. THANATOS -IF I CAN'T BE YOURS- “Nine Years After Mix”
    歌:LOREN & MASH
    作詞:MASH、作曲・編曲:鷺巣詩郎
  5. 魂のルフラン(OFF VOCAL VERSION)

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1998年8月12日発売の「新世紀エヴァンゲリオン Genesis 0:13」(VHS、LD)、1999年1月22日発売の「新世紀エヴァンゲリオン Volume 7」(DVD)に収録されている第25話「Air」ではショートバージョンがエンディングとして流れる。なおスタッフロールは螺旋状にはスクロールしない。
  2. ^ NEON GENESIS EVANGELION: S2 WORKS」ブックレット掲載インタビューより
  3. ^ Refrain of Evangelion』ブックレット内の解説より
  4. ^ サウンドトラック集「NEON GENESIS EVANGELION II」の17曲目に収録