Ken's Bar

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ken's Bar
平井堅カバー・アルバム
リリース
録音 Air-Edel Recording Studios
Sony Music Studios Tokyo
Bunkamura Studios
Sony Music Studios NY
Chalice Recording Studio
Sound Inn
Blue Sofa Studio
ジャンル J-POP
時間
レーベル DefSTAR RECORDS
プロデュース 平井堅
専門評論家によるレビュー
Allmusic 星3.5 / 5 link
チャート最高順位
平井堅 年表
LIFE is...
(2003年)
Ken's Bar
(2003年)
SENTIMENTALovers
2004年
テンプレートを表示

Ken's Bar』(ケンズ・バー)は、平井堅の1枚目のカバー・アルバム2003年12月10日DefSTAR RECORDSから発売された(ソニー・ミュージックエンタテインメント系列)。規格品番:DFCL-1122。

解説[編集]

インストゥルメンタルを除いた自作曲を封印し、ボーカリストに徹したカバー・アルバム。洋楽のスタンダード・ナンバーオールディーズ・ナンバーなど、過去にライブ「Ken's Bar」内で歌われたことのある楽曲を中心に選曲された。稀に披露される1980年代J-ROCKや歌謡ポップスは、KUWATA BANDの「ONE DAY」以外選曲されていない[1]。カバー中心であるが故、雑誌やフライヤーにおける公式ディスコグラフィでは、「コンセプト・カヴァーアルバム」という名称のカテゴリーで他のスタジオ・アルバムと分けられることがある。

CD帯記載のコピーは、「good times, good music 聴きたい時に、そばにいる…」。歌詞ブックレットには、音楽ライターによるライナーノーツが掲載された。また、初回生産分のみ特殊ダブル紙ジャケット仕様。ライブ「Ken's Bar」10周年を迎えた2009年には『Ken's Bar II』(2009/5/27発売、DFCL-1504)と同時発売で、特殊なCDプレーヤーでなくても高音質再生が可能、と喧伝されているブルースペックCD (Blu-spec CD) 仕様の『Ken's Bar』(DFCL-20007) が限定発売された。

レコーディング東京ニューヨークロサンゼルスロンドンで、約半年をかけて行われたとされる[2]

アルバム・プロモーションの一環で、六本木において期間限定(12月9日〜12月14日)の平井堅プロデュース「Ken's Bar」がオープンした。

2003年1月に米国本土で収録された、「MTV UNPLUGGED」を収録したDVD『MTV UNPLUGGED Ken Hirai』(DFBL-7059) が同時発売された。DVDでは、坂本九の「上を向いて歩こう」をカヴァーしている。DVDとCDともに初回生産分のみ、ダブル購入者向けに抽選でスペシャル・グッズ(ダーツ)が当たる応募券付き。

楽曲エピソード

アルバム発売を前後した同時期に、「THE ROSE」がネスカフェ、「LOVIN' YOU」がオンワード樫山、「WHAT A WONDERFUL WORLD」がソニーハンディカムコマーシャルで一斉に使用された。

見上げてごらん夜の星を」は、オリジナル・ボーカリストの坂本九とデュエットをしているような仕上がりになっている[3]。また、本アルバムから唯一、新規のミュージック・ビデオが制作された。6枚目のアルバム『SENTIMENTALovers』(DFCL-1170) と同時発売されたPV集『Ken Hirai Films Vol.7』(2004年11月24日発売、DFBL-7063)にのみ収録されている。

You've Got A Friend」は、2005年11月23日(ベスト・アルバム『歌バカ』発売日)に平井堅がDJを務めたJ-WAVE系列のラジオ特番へゲスト出演した山崎まさよしと、番組内で共演をした。尚、同学年・デビューも1995年という同期の二人であるが、それぞれが公の場でカバーしたことのある共通の楽曲がいくつか存在する。例として、「FAITH[4]」「あなたに会えてよかった[5]」「Just the Two of Us[6]」「SWEET MEMORIES[7]」など。

収録曲[編集]

  1. Open(1分3秒)
  2. even if (instrumental)(3分47秒)
    • 作曲: 平井堅 、編曲・演奏: Peter Cincotti
    • 「Ken's Bar」のテーマソングと云えるナンバー
  3. THE ROSE(4分43秒)
  4. ONE DAY(4分9秒)
    • 作詞・作曲: 桑田佳祐 、編曲・演奏: 鈴木大
  5. LOVIN' YOU(4分6秒)
    • 作詞・作曲: Minnie Riperton・Richard Rudolph 、編曲・演奏: saigenji
    • Collaboration with: saigenji (ag) 
    • オンワード バニラコンフュージョン TVコマーシャルソング
  6. WHAT A WONDERFUL WORLD(2分18秒)
    • 作詞・作曲: George David Weiss・Bob Thiele、編曲: Juana Molina
    • SONY ハンディカム PC300K TVコマーシャルソング
  7. You've Got A Friend(3分33秒)
  8. Intermission(41秒)
    • 作曲: 平井堅 、編曲・演奏: 鈴木大
    • 後に詞がつけられ、『SENTIMENTALovers』(2004/11/24発売)に収録された。曲名は「センチメンタル」。
  9. 大きな古時計(5分43秒)
  10. FAITH(2分55秒)
  11. When You Wish Upon A Star(3分58秒)
    • 作詞: Ned Washington 、作曲: Leigh Haline 、編曲: クリヤ・マコト
  12. ABC(3分28秒)
    • 作詞・作曲: Freddie Peeren・Alphonso Mizell・Berry Grody・Deke Richards 、編曲: 大神田智彦 
  13. Don't Know Why(3分9秒)
    • 作詞・作曲・編曲: Jesse Harris
    • Collaboration with: Jesse Harris (ag)
  14. Close (40秒)
  15. 見上げてごらん夜の星を(3分46秒)

原曲[編集]

ライブ「Ken's Bar」[編集]

ライブ「Ken's Bar」とは、アルコール飲料ソフトドリンクを飲みながら音楽を聴く、大人の空間を演出したコンセプト・ライブである。第1回公演は、ONAIR Okubo PLUSにて1998年5月29日に開催された[10]。オリジナル・アルバム発売後に開催されるような、大規模なコンサート・ツアーが実施されない年であっても、「Ken's Bar」に関してはほぼ毎年開催されている。7月(夏季)や12月(冬季)頃に開催されることが多く、単発公演の場合と全国ツアーが組まれる場合の2パターンがあり、ファンクラブ会員限定イベントとして行われたこともある。

「Ken's Bar」ではない通常のコンサート公演でも、合間に“Mini Ken's Bar”と題したコーナーが設けられることがある(例としては、2005年の「Ken Hirai 10th Anniversary Tour[11]」や2008年の「Ken Hirai Live Tour 2008 "FAKIN' POP"[12]」など)。

会場はスタート当初は少人数スペースであったが、2005年12月には東京ドームで開催されるなど、開催規模が大きくなっていった。しかし、会場が変わっても必ずテーブル席が用意されてドリンク・コーナーが設けられるなど、スタート時からの崩せないコンセプトは必守している。

「Ken's Bar」では、積極的にカバーが行われる点も特徴である。基本的には、本人が歌いたい楽曲やお気に入りの楽曲、リスナーへ紹介したい楽曲が中心だが、リクエストを募った年もある(2002年公演など)。

アルコールが絡む演出上、2006年・冬の名古屋公演では、開催後に飲酒運転取締りの検問が実施されることが事前に公表された。当日は生中継でテレビ放送されており、「運転の方はお酒でなく、僕の歌声で酔ってください」と平井堅自らが観客に呼びかけるシーンもテレビ放送された。なお、違反者はゼロであったと後日、スポーツ新聞に掲載されている。

「Ken's Bar」開店10周年を迎えた2008年から2009年にかけて、「Ken's Bar 10th Anniversary Christmas Eve Special!」(横浜アリーナ、2008年12月24日開催)と「Ken's Bar 10th Anniversary Valentine Special!」(大阪城ホール、2009年2月14日開催)という記念公演が行われた。

ライブの模様は開催から程なく、衛星放送などで録画放送されることがある。また、完全生中継される年もある。過去にステージの模様がDVDなどで映像ソフト化されたことがなかったが、ライブ「Ken's Bar」10周年を迎えた2009年に初めて映像ソフト化された。2009年5月27日発売の『Ken's Bar II』初回限定盤(DFCL-1502/3)封入DVD-Videoの他、単独DVDソフトとして『Ken Hirai Films Vol.11 Ken's Bar 10th Anniversary』(DFBL-7123)と『Ken's Bar 10th Anniversary Christmas Eve Special!』(Blu-ray Disc、DFXL-8)が同年6月10日に同時発売された。

「Ken's Bar」開店15周年を迎えた2013年から2014年にかけて、「Ken's Bar 15th Anniversary Special! Vol.1」(日本武道館、2013年5月30日開催)や「Ken's Bar 15th Anniversary Special! Vol.4」(さいたまスーパーアリーナ、2014年5月28日開催)など、数回の記念公演が開催された[13]

関連作品[編集]

  • even if
gaining through losing(オリジナルヴァージョン)
Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ(オリジナルヴァージョン)
  • 大きな古時計
シングル「大きな古時計」カップリング曲(英語ヴァージョン「Grandfather's Clock」)
LIFE is...(シングルヴァージョン)
Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ(シングルヴァージョン)

脚注[編集]

  1. ^ 目安としては、平井堅自身が口頭で話題にすることがある、TBS系列音楽番組ザ・ベストテン』(1978年〜1989年放送)にランクインしていたような楽曲。「ONE DAY」は1986年11月20日から同年12月4日放送分でランクインしている。
  2. ^ HMVのテイク・フリー冊子(issue 135・2003年)P.123より。
  3. ^ レコーディングにあたり、「(当時)40年前の音源を使用したので、技術的にも大変だった」と平井自身が明かしている(『週刊文春文藝春秋刊、2003年12月18日号「阿川佐和子のあの人に会いたい」より)。
  4. ^ 「FAITH(ジョージ・マイケル)」は平井堅が本アルバム内で、山崎まさよしがBS-iにて2003年3月に放送されたスタジオ・ライブ『おんがく 山崎まさよし』内でカバー。
  5. ^ 「あなたに会えてよかった(小泉今日子)」は平井堅が2006年開催のライヴ「Ken Hirai Ken's Bar 2006」内で、山崎まさよしがアルバム『COVER ALL HO!』(UPCH-20052) 内でカバー。
  6. ^ 「Just the Two of Us(グローヴァー・ワシントン・ジュニア)」は平井堅が2005年開催のライブ「Ken Hirai 10th Anniversary Ken's Bar Special in TOKYO DOME」内で、山崎まさよしがアルバム『COVER ALL YO!』(UPCH-20051) 内でカバー。
  7. ^ 「SWEET MEMORIES(松田聖子)」は平井堅が2009年開催のライブ「Ken's Bar 10th Anniversary Valentine Special!」内で、山崎まさよしがアルバム『COVER ALL HO!』(UPCH-20052) 内でカバー。
  8. ^ 坂本九が過去に出演した第14回NHK紅白歌合戦の映像を交えて、客席上の特設ステージから披露された。
  9. ^ 当時、コンサート前の開演待ち時間にも会場で流すほどノラ・ジョーンズに心酔しており、インタビューでは、「好きすぎて、自分でも歌ってしまいました」と笑いをまじえてコメントした。
  10. ^ 角川書店刊「CDでーた」(2005年12月14日発行、第17巻第12号通算332号)23ページ参照。
  11. ^ 2005年12月7日に『Ken Hirai Films vol.8 / Ken Hirai 10th Anniversary Tour Final at Saitama Super Arena』(通常盤:DFBL-7082、限定盤:DFBL-7080/1)のタイトルで映像ソフト化されている。2006年11月22日にBlu-ray Disc盤(DFXL-2)も発売された。
  12. ^ 2008年12月17日に『Ken Hirai Films vol.10 / Ken Hirai Live Tour 2008 "FAKIN' POP" at OSKA-JO HALL』(通常盤:DFBL-7122、限定盤:DFBL-7120/1、Blu-ray Disc盤:DFXL-7)のタイトルで映像ソフト化されている。
  13. ^ Ken's Bar 15th Anniversary Special! - 2014年8月19日閲覧