進士氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
進士氏
No image available.svg
丸に頭合わせ三つ五三桐[2]
種別 武家
主な根拠地 伊豆国堤坂城
伊勢国富田城
著名な人物 進士晴舎
進士賢光
進士美濃守
進士作左衛門進士貞連
凡例 / Category:日本の氏族

進士氏(しんじし・しんしし・にいがたし)は、日本氏族のひとつ。



進士氏の由来[編集]

進士を号した主な人物[編集]

景光とその弟子ないし親族と思われる景政との合作になる太刀。長文の銘文によると、秩父国埼玉県)出身の播磨(兵庫県)の地頭であった大河原時基嘉暦4年(1329年)長船から景光と景政を播磨国宍粟郡三方西(兵庫県宍粟市)に呼んで作刀させ、広峯神社兵庫県姫路市)に奉納したものであることが知られる。刃文は景光が得意とした直刃小丁子乱れである。

武家進士氏[編集]

系譜[編集]

凡例太字は当主、太線は実子、細線は養子


  • 「加賀藩士諸士系譜 進士」
   進士氏 祖美作守一色左京大夫子孫義時子左馬助為督養改作左衛門其二三男也
   ┏━━━━━━━┓
  作左衛門        彦兵衛
   ┣━━━━━━━┓
 権兵衛          女
   ┃
 源兵衛
   ┣━━━━━━━━┳━━━━━━━━━┓
 源兵衛尊登       権丞武董            女  
   ┃             ┣━━━━━┳━━━━┓
 権兵衛        武兵衛武明  兵左衛門    女
   ┣━━━━┳━━━━┓       ┣━━━━━━┓
源兵衛直内  源三朗  逸右衛門   数馬      源蔵武保
   ┃                        ┃          ┃
  斉宮                     源左衛門武成   弥門


  • 「明智氏一族宮城家相伝系図書」(東大史料編纂所蔵)
  • 「細川家家臣三宅系図」(熊本安国寺蔵)
  • 「進士春日部系図 伊勢平氏」

進士氏の主な分布集落[編集]

  • 遠江国
    • 進士氏の逸話として「常山紀談」の「山内治大夫進士清三郎項を譲る事」に収録され次の様に載る「諏訪の原の城を甲州より攻来りて合戦あ り。松平康重(康親の子)の士山内治大夫進士清三郎山崎惣左衛門三人殿しけるに、山内は精兵の手ききにて、射払て引退く時矢だね尽たり。山縣源四郎追かくる時、進士清三郎矢一筋を山内ふみ止りて射けるに、志村金右衛門が胸板を射通し、後の松の木に射つけたり。夫より物わかれす。山縣此の矢を康重に送り返し て、強弓精兵無双なり、とぞはめたりける。康重其矢に進士が姓名の彫付たりしを見て賞する処に、是は山内が射申たるにて候、と申す。複山内を呼出して、しか/\なりやと聞るるに、清三郎が射たるにて候、とゆづりけり。康重両人に感状をあたへたり。世の人両人を今の孟子反といひあへり。」とある。高天神城攻略の補給基地として 機能した諏訪原城は、旧金谷町にあり城のすぐ南を東海道が通り、東の金谷坂を下ると大井川をまたいで駿河国に入り、西の菊川坂を下ると小夜の中山を経由して掛川を中心とした盆地部に出でて、更に南に下れば掛川 市大渕に辿り着く。西には高天神城攻略の拠点横須賀城、東には武田氏側の拠点高天神城という位置関係で あることから現島田市、現菊川市、現掛川市の進士氏は同族と考えられる。
      • 静岡県掛川市大渕(藤塚区及び野中区)旧静岡県小笠郡大須賀町の進士氏の祖先は大須賀町誌[4]によると、高室神社の由緒に記述があり、長寛年間(1163年 - 1164年)に進士清蔵という者があった。生国は奥州で彼は、陸奥国鹽竈六所名神(鹽竈神社神紋は"塩竈桜"の祭神(シオツチノオジ))の御写しを請いいただいて現在地に移し祀ったとある。また進士文書に収録されている文書に建武四年十月、佐竹貞義配下の中賀野義長指揮下での陸奥国行方郡標葉郡樽葉郡の諸郡における軍功を示す軍忠状がある。高室山昌雲寺禅宗曹洞宗寺紋は"丸に下り藤")の由緒によると、寛永年間(1624年 - 1643年) 当村進士庄左衛門並びに檀徒有志の者で、子孫長久、家門繁栄を祈って堂宇を境内に建立したとある。現在は同じ禅宗系である臨済宗妙心寺派で無住寺である雨垂区の江 岳寺が菩提寺であり同じ臨済宗妙心寺派で旧大東町にある三邑院の住職が兼務している。町内屋号調査集[5]によると、藤塚区の進士氏で、進士誠(屋号:庄屋様)藤塚村庄左衛門方の庄屋江戸末期 まで務めたことがわかる。野中区の進士氏には進士松右衛門の子孫で進士福一(屋号:でんま)伝馬業・藤塚の進士一統とあり、野中区の進士氏は藤塚区の分派であることがわかる。さ らに野中区で進士源吾(屋号:たな)酒販売と載る。家紋は"丸に下り藤(定紋)"と"丸に日の丸扇(替紋)"と"丸に土岐桔梗(替紋)"である。明治昭和時代の頃、進士國平進士庄一大渕村当時、村長を務めていた。
      • 静岡県小笠郡菊川町富田(現・菊川市)。旧河城村の言い伝え(盗人坂)によると京から差向けられた落合権の守の従者に進士清蔵という強弓の達人がいてその者が土着したとある。一説(落合権の守とヤイバの雉子)には進士清蔵は横須賀方面に行ったとも伝わる。(三郡山で割腹して果てた三左衛門)では西富田の進士良夫氏宅に伝わる「刃の雉子」のお話しでは進士三左衛門が討伐に失敗し割腹して果てた。時もうつり、進士半左衛門は当地にきたり、その霊を慰めた。そして京の愛宕社の分霊を戴いて裏山に氏神として祀った。 以来、代々半左衛門を称え、村の庄屋となりその役務を果たして名字帯刀を許され、その分家も、細野、進士など三十余戸にのぼるようになった。当家の墓地には、今も十基におよぶ一石五輪塔や石幢、家型石龕など、中世から江戸初期にかけての供養塔や墓石が、当時を物語るかのように数多く残っている。掛川市大渕の進士氏や京都府の進士氏との繋がりもあるのだろうか。家紋は丸に立ち沢瀉等。富田区域の寺社:永泉寺(曹洞宗).善福寺(曹洞宗)•七富神社 (祭神/伊弉諾尊.伊邪那美.素戔嗚尊.軻遇突智.菊理媛神.大山津見神.大山咋神).御霊神社(祭神/神道家祖先霊.神徒の家の祖神)。

現在は没落

菰野町の進士氏は伊勢平氏と伝える。鎌倉時代の武将で平基度(通称:進士三郎)を祖としている。伊勢春日部氏参照。 員弁郡東員町猪名部神社の由緒には猪名部氏春澄善縄の子孫進士行綱の名が記載あり。元天台宗で現在は浄土真宗本願寺派の員弁山浄源寺(東員町)の由緒に元来は員弁寺と称していたが、創建者である春澄善縄の子孫の進士行綱の子である行径が浄源坊と称し寺に住だ縁で寺号が浄源寺になったと伝える。伊勢平氏系と猪名部氏系の2系統が混在している。三重県津市久居寺町に臨済宗妙心寺派である天徳山瑞鳳寺(てんとくさん ずいほうじ)の現住職に進士登成がいる。

進士氏の家紋[編集]

進士氏の著名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 光教 1809, 14.
  2. ^ 見聞諸家紋収録[1]
  3. ^ a b c 太田 1923, p. 2897.
  4. ^ 大須賀町誌 掛川市立大 須賀図書館所蔵
  5. ^ 町内屋号調査集 掛川市立大須賀図書館所蔵

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]