藤原敦兼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原敦兼
時代 平安時代後期
生誕 承暦3年(1079年
死没 不詳
官位 正四位下刑部卿
主君 白河天皇堀河天皇鳥羽天皇崇徳天皇
氏族 藤原北家道綱流
父母 父:藤原敦家、母:藤原兼子藤原顕綱の娘)
兄弟 敦俊敦兼藤原俊忠室、定円
藤原顕季の娘
実家季兼藤原成通室、季行季家、兼円、仁顕、玄操、藤原顕盛
テンプレートを表示

藤原 敦兼(ふじわら の あつかね)は、平安時代後期の貴族藤原北家大納言藤原道綱の孫で左馬頭藤原敦家の子。官位正四位下刑部卿

経歴[編集]

永長2年(1097年)正月の除目従五位上の敦兼は若狭守に任ぜられる[1]。在任中の承徳2年(1098年)10月23日源義家と共に院昇殿を聴される[2]康和元年(1099年)に入り越後守に転じる。康和5年(1103年)12月30日重任の宣旨が下され引き続き越後守を務めた。令子内親王家の別当を務め、同年12月や長治元年(1104年)には内親王が敦兼の第に方違えを行っている。

加賀守在任中の長治2年(1105年)正月従四位上に叙される。その後、但馬守尾張守備中守といった諸国の受領を歴任した。

天承元年(1131年鳥羽上皇鳥羽殿方違えに武士が現れ、これに供奉していた敦兼の乗るが射られるという事件が発生している[3]保延4年(1138年)60歳で出家。その後の消息は不明。

人物[編集]

父・敦家に篳篥を学んだ。『古今著聞集』第八には篳篥に関しての話が収録されている。敦兼は容姿がかなり醜い人物であったが室は美しかったという。あるとき、五節舞にて美男達を見た室が、敦兼の醜さを憂い家に帰ると敦兼に全く口を利かなくなり嫌がらせも行った。意味も分からず室に裏切られた敦兼は一人篳篥を奏で、室に対する歌を繰り返し歌った。するとこれを聞いた室は改心して再び円満な夫婦となった、という。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中右記永長元年正月29日条
  2. ^ 中右記承徳2年10月23日条
  3. ^ 長秋記天承元年4月28日条