菊池五山 (寺格)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菊池五山の筆頭・東福寺

菊池五山(きくちござん)とは、肥後国菊池における禅宗寺格である。

概要[編集]

征西将軍懐良親王の命により、菊池氏第15代菊池武光が、京都五山にならって定めたとされる[1]。五山の上には熊耳山正観寺が置かれた[2]

菊池五山は、菊池氏の繁栄と共に栄えたが、菊池氏が衰退すると寺勢も衰えたという[3]

近世に入ると、東福寺は旧の天台宗に復し、北福寺は真言宗へ、西福寺は浄土宗へと転じた[3]

菊池五山[編集]

  • 輪足山 東福寺
  • 無量山 西福寺
  • 手水山 南福寺
  • 袈裟尾山 北福寺
  • 九儀山 大琳寺

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『国史大辞典4』49頁、『日本古代中世人名辞典』253頁、『肥後文献叢書 第3巻』536-546頁『菊池自慢 一名・菊池案内記』7-8頁『菊池余芳』27-28頁『菊池忠誠史』76-78頁
  2. ^ 『国史大辞典4』49頁、『日本古代中世人名辞典』253頁
  3. ^ a b 『熊本県大百科事典』185頁

参考文献[編集]

  • 国史大辞典編集委員会編『国史大辞典 第4巻』(吉川弘文館,1984)
  • 平野邦雄ほか編『日本古代中世人名辞典』(吉川弘文館,2006)
  • 熊本日日新聞社熊本県大百科事典編集委員会編『熊本県大百科事典』(熊本日日新聞社,1982)
  • 「菊池風土記 巻4」武藤厳男ら編『肥後文献叢書 第3巻』(隆文館,1910)536-543頁
  • 高橋小太郎『菊池自慢 一名・菊池案内記』(高橋小太郎,1915) 8-9頁
  • 水曜会編『菊池余芳』(文明堂書店,1915)27頁
  • 『菊池忠誠史』(熊本県立菊池高等女学校々友会,1939)77頁