町屋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
町屋駅前駅から転送)
移動先: 案内検索
町屋駅
まちや - Machiya
所在地 東京都荒川区
所属事業者 京成電鉄駅詳細
東京地下鉄(東京メトロ・駅詳細
東京都交通局駅詳細
テンプレートを表示

町屋駅(まちやえき)は、東京都荒川区荒川七丁目および町屋一丁目にある、京成電鉄東京地下鉄(東京メトロ)のである。

京成電鉄の本線と、東京メトロの千代田線が乗り入れ、接続駅となっている。駅番号は京成本線がKS04、千代田線がC 17となっている。

本項では、両駅に近接する東京都交通局都電荒川線町屋駅前停留場(まちやえきまえていりゅうじょう)についても記す。

歴史[編集]

駅構造[編集]

京成電鉄[編集]

京成 町屋駅
まちや - Machiya
KS03 新三河島 (0.9km)
(1.6km) 千住大橋 KS05
所在地 東京都荒川区荒川七丁目40-1
駅番号 KS04
所属事業者 Keisei Logo.svg 京成電鉄
所属路線 KS 本線
キロ程 4.3km(京成上野起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
19,609人/日
-2014年-
開業年月日 1931年昭和6年)12月19日
テンプレートを表示

島式ホーム1面2線を有する高架駅。ホーム中程には待合室が設置されている。改札階から踊り場と踊り場からホームの千住大橋駅側にエスカレーターが設置されているが、ホームに繋がるエスカレーターは平日朝(5:00 - 10:00)は下り運転となる。これは朝ラッシュ時は当駅からの乗車よりも千代田線乗り換えのために降車する利用客が多いためである。

2002年10月12日に行われたダイヤ改正以前には、急行停車駅であった。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 KS 京成本線 上り 日暮里上野方面
2 下り 船橋千葉成田空港金町印旛日本医大方面


東京メトロ[編集]

東京メトロ 町屋駅
まちや - Machiya
C 16 西日暮里 (1.7km)
(2.6km) 北千住 C 18
所在地 東京都荒川区町屋一丁目1-5
駅番号 C 17
所属事業者 Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 C 千代田線
キロ程 5.2km(綾瀬起点)
電報略号 マチ
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線(2層式)
乗降人員
-統計年度-
57,181人/日
-2014年-
開業年月日 1969年昭和44年)12月20日
テンプレートを表示

単式ホーム1面1線上下2層構造の地下駅で、1番線ホーム(代々木上原方面)の下に2番線ホーム(綾瀬方面)がある。

ホーム中央にマークスタワーに直結する改札口があり、エレベーターも設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 C 千代田線 西日暮里大手町代々木上原本厚木唐木田方面
2 北千住綾瀬取手方面


東京都交通局[編集]

東京都交通局 町屋駅前停留場
まちやえきまえ - Machiya-Ekimae
荒川七丁目 (0.4km)
(0.4km) 町屋二丁目
所在地 東京都荒川区荒川七丁目
所属事業者 PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局
所属路線 都電荒川線
キロ程 1.8km(三ノ輪橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1913年大正2年)4月1日
テンプレートを表示

相対式ホーム2面2線を有する地上駅

再開発前はホームが上下線で異なる位置にあり、商店街や地下鉄出口と一体化していた早稲田方面ホームに対し、三ノ輪橋方面ホームは尾竹橋通りを挟んだ反対側に存在した。駅前再開発完成後に両方面のホームが地下鉄出口側に揃った。なお、商店街は駅前再開発と同時に再開発ビルに集約され、取り壊された。

早稲田方面から当停留場で折り返す運用があり、乗客を降ろした後、三ノ輪橋寄りに移動し、渡り線を通って早稲田方面のホームに入る。

長い間停留場名は「町屋一丁目」であった。

利用状況[編集]

  • 京成電鉄 - 2014年度の1日平均乗降人員19,609人である[1]。京成線内69駅中第24位である。
  • 東京メトロ - 2014年度の1日平均乗降人員は57,181人である[2]

近年の1日平均乗降人員は下表のとおりである。

年度別1日平均乗降人員[3][4]
年度 京成電鉄 東京メトロ
1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率
2000年(平成12年) 50,580
2001年(平成13年) 51,213 1.3%
2002年(平成14年) 21,284 52,095 1.7%
2003年(平成15年) 20,597 -3.2% 51,866 -0.4%
2004年(平成16年) 19,625 -4.7% 52,030 0.3%
2005年(平成17年) 19,829 1.0% 52,808 1.5%
2006年(平成18年) 20,001 0.9% 54,982 4.1%
2007年(平成19年) 20,019 0.1% 57,518 4.6%
2008年(平成20年) 19,723 -1.5% 57,049 -0.8%
2009年(平成21年) 19,609 -0.6% 56,250 -1.4%
2010年(平成22年) 19,260 -1.8% 55,789 -0.8%
2011年(平成23年) 18,515 -3.9% 54,174 -2.9%
2012年(平成24年) 18,914 2.2% 55,306 2.1%
2013年(平成25年) 19,390 2.5% 56,852 2.8%
2014年(平成26年) 19,609 1.1% 57,181 0.6%

近年の1日平均乗車人員は下表のとおりである。

年度別1日平均乗車人員[5]
年度 京成電鉄 営団 /
東京メトロ
出典
1992年(平成04年) 12,460 29,203 [* 1]
1993年(平成05年) 12,230 28,860 [* 2]
1994年(平成06年) 11,852 28,329 [* 3]
1995年(平成07年) 11,634 27,883 [* 4]
1996年(平成08年) 11,611 27,816 [* 5]
1997年(平成09年) 11,290 27,359 [* 6]
1998年(平成10年) 11,014 27,101 [* 7]
1999年(平成11年) 10,798 26,604 [* 8]
2000年(平成12年) 10,586 26,337 [* 9]
2001年(平成13年) 10,512 26,529 [* 10]
2002年(平成14年) 10,373 26,770 [* 11]
2003年(平成15年) 9,948 26,620 [* 12]
2004年(平成16年) 9,567 26,597 [* 13]
2005年(平成17年) 9,666 27,107 [* 14]
2006年(平成18年) 9,745 28,249 [* 15]
2007年(平成19年) 9,754 29,478 [* 16]
2008年(平成20年) 9,608 29,219 [* 17]
2009年(平成21年) 9,556 29,000 [* 18]
2010年(平成22年) 9,384 28,718 [* 19]
2011年(平成23年) 9,022 27,863 [* 20]
2012年(平成24年) 9,230 28,405 [* 21]
2013年(平成25年) 9,403 29,162 [* 22]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

最寄り停留所は、尾竹橋通りにある町屋駅前と、都電停留場付近にある町屋駅である。東京都交通局京成バスにより運行される以下の路線が発着する。

町屋駅前

町屋駅

  • 南千01系統:荒川図書館・荒川区役所・荒川総合スポーツセンター・南千住駅西口行
  • 南千02系統:アクロシティ・南千住図書館(荒川ふるさと文化館)・南千住駅西口行
  • 町屋04系統新三河島駅・東尾久六丁目・尾久橋(熊野前駅)・町屋駅・新三河島駅行
  • 町屋05系統:尾竹橋・町屋六丁目都営住宅・東尾久八丁目グリーンスポット・尾久橋(熊野前駅)循環
  • 町屋05系統:子ども家庭支援センター行

隣の駅[編集]

Keisei Logo.svg 京成電鉄
KS 本線
快速特急・アクセス特急・特急・通勤特急・快速
通過
普通
新三河島駅 (KS03) - 町屋駅 (KS04) - 千住大橋駅 (KS05)
Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄
C 千代田線
西日暮里駅 (C 16) - 町屋駅 (C 17) - 北千住駅 (C 18)
PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局
都電荒川線
町屋二丁目停留場 - 町屋駅前停留場 - 荒川七丁目停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 駅別乗降人員(平成26年度1日平均)、京成電鉄ホームページ、2015年5月7日閲覧
  2. ^ 東京メトロ 各駅の乗降人員ランキング、2014年5月3日閲覧
  3. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  4. ^ 数字で表す荒川区(区勢概要) - 荒川区公式ホームページ
  5. ^ 東京都統計年鑑

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]