「八九式中戦車」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
| 速度=
| 整地時速度=最大25 km/h 巡航20 km/h
| 不整地時速度=8 km/h 12 km/h
| 行動距離=甲型 約140 km<br />乙型 約170 km
| 主砲=[[九〇式五糎七戦車砲]]×1<br />(100発)
 
日本は、軽戦車を主力とし、軽戦車より重い戦車は重戦車に分類し、数は少ないが軽戦車を補完する役割とし、軽戦車(主力・多数)と重戦車(補完・少数)の二本立てで、戦車隊を整備する方針であった。そこで[[1928年]](昭和3年)3月28日に、新たに10トン程度の軽戦車を開発することを決定し、試製一号戦車の成果を基に[[1927年]](昭和2年)に輸入した[[イギリス]]の[[ビッカースC型中戦車]]を参考にして開発することになり、同時に重戦車(後の[[九一式重戦車|試製九一式重戦車]])の開発も決定している。
 
{{要出典|範囲=このことから1928年(昭和3年)当時の日本陸軍は、10トン程度の軽戦車(主力・多数)と18トン程度の重戦車(補完・少数、多砲塔戦車)の二本立てで戦車隊を整備する構想を持っていた。ところがすぐにその構想は、第一次世界大戦後の不況および1929年(昭和4年)からの世界的大不況を契機とする、軍事予算の削減による、新世代の6トン級軽戦車およびカーデン・ロイド系豆戦車を主力とする、安価かつ高速軽量な装甲車輌を求める、世界的潮流の変化により、1930年(昭和5年)を境に大きく転換し、1930年代半ばの6トン程度の軽戦車(主力・多数)と12トン程度の中戦車(補完・少数、単砲塔戦車)の二本立て+豆戦車(補助車輌)を整備する構想に変化していった。そこで1930年に、6トン級の軽戦車である[[ヴィッカース 6トン戦車]]・[[ルノーNC型戦車|ルノー NC27 軽戦車]]・[[FIAT3000|フィアット3000B]]と、豆戦車である[[カーデン・ロイド豆戦車|カーデン・ロイド Mk.VI]]が輸入され、比較検討と研究が行われ、その結果、ヴィッカース 6トン戦車を参考に後の[[九五式軽戦車]]と、カーデン・ロイド Mk.VIを参考に後の[[九四式軽装甲車]]が開発されることになった。|date=2015年12月}}
 
開発は[[陸軍技術本部]]第四研究所で[[1928年]](昭和3年)3月に始まり、同年4月に設計要目が決定、8月に概略設計図面が出来上がり、直ちに[[大阪砲兵工廠|陸軍造兵廠大阪工廠]]に発注され[[1929年]](昭和4年)4月に試作車(試製八九式軽戦車1号機)が完成した。
以後の量産は改修型も含め、民間企業である[[三菱重工業|三菱航空機]](1928年(昭和3年)に三菱内燃機から改称。のちの[[1934年]](昭和9年)に三菱造船と合併し三菱重工業となる)にて行われた。1929年(昭和4年)12月1日に三菱航空機は、戦車工場として大井工場を新設し、名古屋製作所芝浦分工場と併せて東京製作所とした。[[1931年]](昭和6年)の[[満州事変]]後、[[日本製鋼所]]と[[神戸製鋼所]]と[[汽車製造株式会社]]<ref>汽車製造株式会社製の八九式は部隊からは不評だったといわれている。</ref>も生産に関わるようになった。[[1937年]](昭和12年)には[[下丸子]]に三菱重工業東京機器製作所丸子工場が新設され、[[1938年]](昭和13年)に陸軍指定の戦車専門工場として稼働し、国産戦車の6割を生産するようになる<ref>当時から下丸子は一大工業地域であり、主な工場として、1928年(昭和3年)に三井精機の前身である津上製作所(工作機械製造)、1934年(昭和9年)に北辰電機(光学工業)、[[1935年]](昭和10年)に日本精工kk(ボールベアリング製造)、1937年(昭和12年)にキヤノン光学kkなどが移転してきた。これらの工場の多くは、[[1943年]](昭和18年)に軍需会社法により軍需工場に指定された。</ref>。
 
1929年10月には[[東京]][[青森]]間、660キロメートルの長距離運行試験に成功し、同年同月に'''八九式軽戦車'''として仮制式化(仮制定)された。初期試作車は、予定通り重量が9.8 tにおさまったため軽戦車に分類されたが、部隊の運用経験から度々改修が施され(この改修によって機動性は悪化している)、最終的な完成形では車体重量が11.8 t に増加した結果、分類基準の10 tを超えてしまった。さらに八九式軽戦車よりも軽量な九五式軽戦車が開発されたため新たに中戦車の区分が設けられ、[[1935年]](昭和10年)9月13日に制式名称を'''八九式中戦車'''と改定(再分類)されている。
 
また、のちの[[九七式中戦車]](チハ車)の頃からカタカナ2文字の秘匿名称(試作名称)を付すようになり、さかのぼって八九式中戦車には甲型に'''チイ'''、乙型は'''チロ'''とされた。この「チ」は中戦車、「イ」はイロハ順で1番目を意味する。しかし命名が遅過ぎたためか、実際に運用部隊等でチイ、チロと呼ばれることはなかったようである。陸軍第四研究所の戦後回想録の付表では、甲型も乙型も「チイ」と表記されており、「チロ」の命名については疑問視する声もある。
これは後期型車体が登場したのが[[1933年]](昭和8年)からで、一般に知られるようになったのが[[1934年]](昭和9年)だからである。</ref>。
{{-}}
 
=== 攻撃力 ===
[[ファイル:Type 89 Chi-Ro1.jpg|thumb|八九式中戦車甲型(甲後期型)。車体前面の車載軽機関銃は取り除かれている]]
[[照準器]]の射距離は500メートルまでで固定目標限定であった一方、方向射界(左右)の微調整と高低射界([[仰俯角|俯仰]])の全範囲は砲手の肩付操作で行うことから、ハンドル操作で行うよりもかなり照準は早く、空[[薬莢]]も自動排莢され、右片手で装填を行うため連続射撃もでき、徐行中であれば行進間射撃も可能であった。
 
[[榴弾]]威力は、九〇式榴弾の場合で[[弾丸|弾頭]][[炸薬]]量250グラム、九二式徹甲弾でも弾頭炸薬量103グラムと多く、[[徹甲弾]](名称は徹甲弾だが、実際は[[徹甲榴弾]](AP-HE))であっても榴弾威力を重視した設計となっていた。これらは同時期に開発された[[九一式手榴弾]](炸薬量65g)の2倍弱~4〜4倍強程度の炸薬量であった。
 
徹甲弾の貫徹能力は、ニセコ鋼板に対する試製徹甲弾を用いた試験では射距離45m/30.4mm、350m/25.7mm(存速326m/s秒)、1,400m/20.5mm(同264m/秒)、1,800m/17.5mm(同246m/秒)であった<ref>「歩兵火器弾丸効力試験 等」12頁。<br>なお前2者(射距離45mと350mの試験)では弾頭に亀裂が生じたとある。<br /></ref>。
本車は副武装として、初期には保弾板給弾方式の改造三年式機関銃、のちに改造[[十一年式軽機関銃]]を経て、車載用に改造した弾倉給弾方式の[[九一式車載軽機関銃]]を車体前面と砲塔後面に装備した。
 
初陣の満州事変以降、中国大陸における戦いでは攻撃力不足が問題となるような深刻な脅威にぶつかることはなかった。むしろ本車への最大の不満はその低い機動力であった。これは、中国大陸におけるほとんどの戦いが「追撃戦」であったからである。八九式は数字の上では良道を最高速度 25km/h で走行することが可能だったが、悪路・路外では最高速度を発揮できず、8km/h 12km/h 程度が実用速度となった。この反省が機動力を重視した九五式軽戦車の開発に繋がっている。しかし、[[ノモンハン事件]]や[[太平洋戦争]]では対戦車戦闘能力の欠如が問題となった。
 
=== 防御力 ===
装甲厚は、車体前面が17mm、車体側面上部と車体後面(一部は12mm)が15mm、車体側面下部が12mm+増加装甲3mm、車体下面が5mm、車体上面が10mm、砲塔周囲が17mm、砲塔上面が10mmである。射距離150mの[[十一年式平射歩兵砲]](口径37mm)の射撃に抗堪できる装甲厚とされた。
 
実戦では、中支における八九式中戦車の被弾記録によると、7.92mm徹甲実包(7.7mm徹甲実包や、7.92mm普通実包以上に威力がある)を、射距離30m~70m30m〜70mから複数被弾した事例が記載されている。これらは、あらゆる角度から被弾しても装甲に十数mm侵徹した事例はあるものの貫通することはなかった。ただし一例だけ射距離30mから弾着角85度で被弾した場合、装甲に17mm侵徹(「砲塔部に侵入」であり貫通とは記載せず)したとなっている。13mm機関砲徹甲弾を被弾した場合は、射距離200mから弾着角90度で着弾した9発のうち1発が貫通、同距離で弾着角30度で着弾した場合は8発命中しても8mm侵徹するものの貫通することはなかった。20mm機関砲徹甲弾を被弾した場合は、射距離250mから弾着角90度で着弾した11発のうち4発が貫通した。37mm砲徹甲弾([[3.7 cm PaK 36]]と思われる)を被弾した場合は、射距離300m以内ならばあらゆる角度から被弾しても貫通、となっており、射距離500メートルから弾着角30度で着弾した場合は貫通せず、深さ3mm、幅18mm、長さ40mmの侵徹痕が出来た、と記載されている<ref>『機甲入門』p535、p536</ref>。
 
=== 機動力 ===
甲型の水冷ガソリンエンジンは[[ダイムラー (自動車メーカー)|ダイムラー]]が開発した[[航空用エンジン|航空用]]水冷[[直列6気筒]]100[[馬力|hp]]ガソリンエンジンを戦車用に転用した物である。これは[[タウベ (航空機)|タウベ]]に搭載された物と同系列であった。日本陸軍は[[1914年]](大正3年)から航空用エンジンの研究・製造を始め、[[1916年]](大正5年)に[[東京砲兵工廠]]で(外国から購入した)「メルセデス・ダイムラー式100馬力」航空用エンジンが([[リバースエンジニアリング|見取り]]により)国産化され、[[1917年]](大正6年)に[[制式二号飛行機]]に、同1917年以降は「'''ダ式六型'''」の名称で[[MF.11 (航空機)|モ式六型偵察機]]に、搭載された。1917年に東京砲兵工廠は、民間工場育成のために、[[東京瓦斯電気工業]](瓦斯電。後の[[いすゞ自動車]])と日本製鋼所に「6年式ダイムラー100馬力」航空用エンジンを試作発注し、[[1918年]](大正7年)に瓦斯電では「'''ダ式一〇〇馬力発動機'''」が、[[日本製鋼所室蘭製作所|日本製鋼所室蘭工業所]]では'''[[室0号]]'''が製造された。これらは日本国内の民間工場初の航空用エンジンの製造でもあった。日本製鋼所では採算が取れなかったために、わずか20基の生産で航空用エンジンの生産事業から撤退したが、のちに室0号は戦車用エンジン開発の参考用に[[日本製鋼所東京製作所]]に譲渡された。以後の戦車用エンジンとしての量産は瓦斯電で行われた。出力は105 hp/1,400 rpm、最大118 hp/1,600 rpm、[[排気量]]は9,500cc。
 
乙型の空冷ディーゼルエンジンの搭載は車体形状の変更より遅れ、三菱が[[1932年]](昭和7年)から、アメリカの[[:en:Franklin Engine Company|フランクリン]]製「シリーズ15」空冷直列6気筒ガソリンエンジンや、イギリスの[[デ・ハビランド・エアクラフト|デ・ハビランド]]製「[[:en:de Havilland Gipsy|ジプシーI]]」空冷[[直列4気筒]]ガソリンエンジンを参考に開発を開始し、最初の試作エンジンが[[1933年]](昭和8年)末に完成、[[1934年]](昭和9年)~)〜[[1935年]](昭和10年)頃から、車体に搭載され、耐寒試験、実用試験、耐久試験を行い、エンジンに改良を加え、[[1936年]](昭和11年)に社内記号「'''三菱A六一二〇VD'''」(「イ号機」とも呼ばれる)は制式採用となった(「三菱A六一二〇VDb」とする説もある)。「A」は「空冷 Air-Cooled」、「六一二〇」は「6気筒120馬力」、「V」は「縦型=垂直(シリンダー)=Vertical=直列」、「D」は「ディーゼル Diesel」を意味する。繋げると「三菱空冷6気筒120馬力縦型ディーゼル(エンジン)」という意味になる。水冷ガソリンエンジンから空冷ディーゼルエンジンへは、重量は330kgから650Kgへと重くなったが、大きさはほとんど変わらなかったので、車体形状を変更することなく、巧く換装することができた。現在閲覧できる当時の諸元表上の数値は「空冷6気筒・最大120馬力」である<ref>館山海軍砲術学校「陸戦兵器要目表」37頁、陸軍省「陸軍軍需審議会に於いて審議の件」53-54頁等</ref>。出力は120 hp、最大108 hp、排気量は14,300cc。燃料搭載量は170l、消費は1時間で約18l。
 
なお八九式中戦車乙型(空冷として初)は、[[ポーランド]]の[[7TP]](液冷として初)と並んで、世界初のディーゼルエンジン搭載戦車である。
 
空冷ディーゼルエンジンは、燃費が良く、圧縮による自己着火なので[[点火プラグ]]などの電装系と、空冷なので冷却水循環配管を省略でき、故に整備性が高く、燃料が[[引火点]](ガソリンが-43℃に対し、[[軽油]]は40~70℃40〜70℃、[[重油]]は60~100℃)60〜100℃)の高い軽油なので、攻撃や事故で損傷した際に火災になりにくく(実際に[[ノモンハン事件]]では火炎瓶攻撃により炎上するガソリンエンジン装備のソ連軍戦車が続出した)、冷却水の調達(水が凍る厳冬地では困難だった)が不要で、また凍結することがないのでエンジンが破損しない、などが利点だった。反面、[[潤滑油]]を多く消費し、排煙、騒音、振動が酷くなり、また始動が難しく、冬の[[満州]]では車体の下に穴を掘りそこで焚き火をしてエンジンを温めて始動させていた。一般に同一馬力あたりでは、ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに対して大きくて重く、日本のディーゼルエンジンはそれが特に顕著だった。そのためこれを採用した日本の戦闘車輌は、限られた車内空間と積載可能重量を、大きくて重くて低出力のディーゼルエンジンが占めるため、狭い居住性、薄い装甲、貧弱な武装、走行性能の悪化など、様々な面で制約を受けた。また実戦経験に基づいた武装や装甲の強化といった改修を求める意見に対しても車体に余裕が無いため、僅かな改善や能力向上しかできない結果に繋がった。
 
[[消音器]]([[マフラー (原動機)|マフラー]])は甲・乙ともに、機関室の左側面後方のフェンダー上に1つ配置されていた。
エンジンが変更された当時から、八九式中戦車は「ガソリンエンジン搭載型を甲型、ディーゼルエンジン搭載型を乙型」としてエンジンを中心に区分されていた。
 
戦後、エンジン変更と同時に車体形状が変化したと思われていたので、「甲型(ガソリンエンジン搭載型)は前期型車体(甲型車体と一般に呼ばれる)であり、乙型(ディーゼルエンジン搭載型)は後期型車体(乙型車体と一般に呼ばれる)である」と、エンジンと車体形状が対応して一致していると思われていた。そのため甲乙といえばエンジンの種類だけでなく、同時に車体形状の型を意味していた。しかしながら、一見車体形状が乙型でありながらガソリンエンジンを搭載していた八九式が多数存在したことが判明し、エンジンと車体形状が必ずしも対応していないことが知られるようになった。この場合エンジンを中心にした本来の区分だと、この八九式は乙型ではなく、甲型(ガソリンエンジン搭載型)の後期型車体に分類される。これは車体変更が1933年(昭和8年)からであり、エンジン変更が1934年(昭和9年)~)〜[[1935年]](昭和10年)頃からと、ずれがあるためである。
 
=== 前期型車体(甲型車体)と後期型車体(乙型車体)の違い ===
1933年(昭和8年)後期から1934年(昭和9年)頃までの仕様。甲中期型は、甲初期型から甲後期型への過渡期であり、生産数は少ないとされる。水冷ガソリンエンジン搭載型。車体前面が大きく変化し、傾斜した一枚板になる。乗降用前扉は一枚板になり、車体右向きに開く。操縦手用の視察扉の形状がブロック状になる。視察扉の回転展望窓は車体中央寄りになる。側方視察用の窓が車体左右袖部(ゆうぶ、車体側面の張り出し部分)前部に設けられる。車体右袖部前部に拳銃孔(ピストルポート)と覘視孔が設置される。車体左右袖部上面の給油口蓋は、右5個左2個。車体前面中央に小型前照灯(明暗二段階切り替え式)を装甲蓋付きの格納式に設置する。フェンダー支持架の廃止。超壕用の尾体が装備されるが、無い車輌もある。車体後部上面に気化器用空気取り入れ口が設置される。九〇式五糎七戦車砲と九一式車載軽機関銃を装備。車体銃の基部に装甲被(カバー)が追加される。マフラー基部に防弾板が追加される。前部フェンダーに補強板が追加される。甲中期型は、砲塔と懸架装置によって、前期仕様と後期仕様にさらに分類される。
 
*; 甲中期型前期仕様
: 旧型砲塔。前期型懸架装置。旧型砲塔に大型展望塔が付いた物もある。
*; 甲中期型後期仕様
 
: 新型砲塔。砲塔前面が平らになる。大型展望塔が設置される。大型展望塔は前後に二分割のハッチを持つ。砲塔左側の回転展望窓は廃止される。後期型懸架装置。後期型懸架装置では、超壕能力を高めるために誘導輪が前方に50cm突出する。またサスペンション取り付け位置が15cm下げられ、車体下面と地表とのクリアランスが広くなる。上部転輪(リターン・ローラー)が5個から4個になる。また上部転輪支持架が廃止され、上部転輪が片持ち式になる。
*甲中期型後期仕様
新型砲塔。砲塔前面が平らになる。大型展望塔が設置される。大型展望塔は前後に二分割のハッチを持つ。砲塔左側の回転展望窓は廃止される。後期型懸架装置。後期型懸架装置では、超壕能力を高めるために誘導輪が前方に50cm突出する。またサスペンション取り付け位置が15cm下げられ、車体下面と地表とのクリアランスが広くなる。上部転輪(リターン・ローラー)が5個から4個になる。また上部転輪支持架が廃止され、上部転輪が片持ち式になる。
 
=== 甲後期型 ===
土浦駐屯地の乙型は隊員教育の一環として自走可能状態までレストアされており、[[2007年]](平成19年)10月14日の開庁55周年記念駐屯地祭で公開された。エンジンや電気系統などは現代の物を使用しており軽快に走行する。砲身は木製の精巧なダミーではあるが上下に可動し、砲塔前面の増加装甲が再現されている。車内の石綿の内貼りは[[1980年]](昭和55年)の再生時に既に撤去済みである。
{{-}}
 
== 登場作品 ==
=== 映画 ===
:; 『[[西住戦車長傳]]』
:: [[1940年]][[11月29日]]に公開された、[[指揮官|戦車長]]「[[西住小次郎]]」の活躍を描く伝記映画。撮影には実物の八九式中戦車が使用された。原作は[[菊池寛]]著の小説「西住戦車長傳」。
 
=== アニメ・漫画 ===
:; 『[[ガールズ&パンツァー]]』
:: 県立大洗女子学園Bチーム(バレー部、アヒルさんチーム)が八九式中戦車甲型(甲後期型)に搭乗する。製作にあたり、[[陸上自衛隊]]保管車両への取材も行われた。
::; 『[[ガールズ&パンツァー 劇場版]]』
::: 引き続きアヒルさんチームが甲後期型に搭乗。
:
:; 『[[バサラ戦車隊]]』
:: 終戦直前の[[満州]]を舞台に、侵攻する[[赤軍|ソ連軍]]から[[民間人]]を守って奮闘する「バサラ戦車隊」の活躍を描いた漫画。作者は[[望月三起也]]。月刊誌「[[アーマーモデリング]]」に掲載。発行は[[大日本絵画]]。
 
=== ゲーム ===
:; 『[[War Thunder]]』
:: [[大日本帝国陸軍|日本陸軍]]ツリーの[[中戦車]]として甲型が「Type 89 I-Go Ko」の名称で登場。
:; 『[[World of Tanks]]』
:: 日本中戦車「Type 89 I-Go/Chi-Ro」の名称で実装されている。
 
== 脚注 ==
 
== 関連項目 ==
{{commons|Category:Type 89 Chi-Ro}}
* [[装甲作業機]] - 八九式の車体をベースにした工作車輌。
 
{{第二次世界大戦の日本の装甲戦闘車両}}
 
{{DEFAULTSORTデフォルトソート:89しきちゆうせんしや}}
[[Category:大日本帝国の戦車]]
[[Category:中戦車]]
{{commons|Category:Type 89 Chi-Ro}}
匿名利用者

案内メニュー