日本製鋼所東京製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

株式会社日本製鋼所東京製作所(にほんせいこうしょとうきょうせいさくしょ、The Japan Steel Works, Ltd. Tokyo Plant)は東京都府中市日鋼町1-1に存在した日本製鋼所の製作所である。

概要[編集]

日本製鋼所東京製作所は、1938年昭和13年)東京府北多摩郡府中町武蔵製作所として起工され、1941年(昭和16年)から営業を開始した。

同所では長く油圧式パワーショベルを主力とした製造が行われていたが、その製造を打ち切るのを期に1987年(昭和62年)に閉鎖され、跡地は『府中インテリジェントパーク』として再開発された。

製作所の解体作業時に発掘調査が行われ、日鋼町附近が武蔵国国府の北限部分にあることが明らかとなった。

沿革[編集]

製品[編集]

武蔵製作所は戦車製造専門工場として稼働したが、通達により1942年(昭和17年)に製造品目を戦車から火砲へ変更した。

終戦直後は他の工場と同様に脱穀機といった民生用製品の製造を行ったが、後にパワーショベルの製造が中心となった。

1961年からドイツO&K社と技術提携し、6tクラスから40tクラスまでの油圧ショベルを製造していた。提携終了後も東京製作所閉鎖まで自社設計で製造を続けており、最盛期にはPETTIBONE社へOEM供給を行っていた。油圧部分は横浜製作所にて、ホイールローダーは酒井重工業が製造していた。O&K社は油圧ショベル以外にも様々なモデルを製造していたが、日本製鋼所では油圧ショベルのみ製造しており、これらの販売は日鋼商事や三井物産系の建設機械取扱店で行われていた。

なお、製造終了後にも石川島建機(現在のKATO HICOM)からOEM供給を受けてJSWブランドのモデルは数年存在した。

府中インテリジェントパーク[編集]

府中インテリジェントパークの様子。(2009年)
2017年

府中インテリジェントパークは、東京製作所跡地の再開発地域の名称。府中市によって景観地区に指定されている。町域は全て日鋼町である。

日本製鋼所は自社で高層オフィスビル「府中Jタワー」を開発しているが、それ以外の土地は順次売却され、金融機関とユーザー系システムインテグレーターデータセンターや事務センター用途のオフィスビル、府中市公共施設、小売店が2000年代までに順次竣工された。同様の首都圏におけるデータセンター用途のビル群は千葉ニュータウン多摩センターにおいても所在している。

アクセス[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯35度40分36秒 東経139度28分15秒 / 北緯35.676580度 東経139.470857度 / 35.676580; 139.470857