ファーレ立川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高島屋立川店
パブリックアートのひとつ

ファーレ立川(ファーレたちかわ)は、1994年10月に住宅・都市整備公団(現:都市再生機構)によって施行されたJR立川駅北口の米軍基地跡地(フィンカム交差点・ゲート付近)の再開発事業により完成したエリアである。

概説[編集]

事業の正式名称は「立川基地跡地関連地区第一種市街地再開発事業」。開発面積は5.9ha。「ファーレ」とは、イタリア語の「創造する=fare」に立川の頭文字「t」を加えて「FARET」としたものである。北川フラムのディレクションにより、36か国92人のアーティストによる109のパブリック・アートが設置されており「アートの街」としても知られている。一方で、旧立川飛行場の「旧発動機講堂」などの遺構は取り壊された。

20周年となる平成26年度、27年度の2か年にわたり、市民団体民間企業などとが協力して、風雨などで傷ついた40作品を元通りに修復する「ファーレ立川アート修復再生事業」を実施している[1]

施設[編集]

交通[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ファーレ立川アート修復再生事業とはファーレ立川アート修復再生事業

外部リンク[編集]