清海曼荼羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清海曼荼羅(せいかいまんだら)とは、浄土三曼荼羅の一の曼荼羅変相図)であり、996年長徳2年)に、奈良超昇寺清海が感得した浄土変相図(じょうどへんそうず)と伝えられる図像である。図の四囲に『観無量寿経』所説の十六観の経文の要約を記す蓮華座を表すのが、本図の特徴である。

清海曼荼羅
Seikai Mandala (Jokakuji Sendai).jpg
成覚寺(仙台市)所蔵

外部リンク[編集]