映画におけるホワイトウォッシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ティファニーで朝食を』(1961年)で日本人家主を演じるイエローフェイスを施した白人俳優ミッキー・ルーニー

ホワイトウォッシング英語: Whitewashing)は、アメリカ合衆国の映画業界で白人以外の役柄に白人俳優が配役されること。映画黎明期より度々白人俳優が白人以外の役に配役されてきており、映画の歴史と共にある。日系アメリカ人活動家のガイ・アオキは「アフリカ系アメリカ人がホワイトウォッシングの対象であるのと同様にアジア系民族も経験している」と語った[1]。ネイティヴ・アメリカンにも同様のことがいえる[2]

白人が多数でない国では「カラー・ブラインド・キャスティング」といって白人以外の俳優が白人の役を演じることがある[3]。黒人俳優のイドリス・エルバは白人登場人物である『ダーク・タワー』のローランド・デスチェイン役[4]、『マイティ・ソー』の北欧の神ヘイムダル役を演じている[5]。近年では『Steel Magnolias 』(2012年)や『Death At A Funeral 』(2010年)など全て黒人俳優によりリメイクされた作品もある。こちらも議論の対象となっており、オリジナル作品のファンの多くはこれを批判し、「ブラックウォッシング」と呼んでいる[6]

背景[編集]

20世紀初頭、白人俳優がブラックフェイスイエローフェイスを施し風刺を込めて少数民族を演じ、少数民族の特徴的な行動を誇張して演じていた。白人俳優のウォーナー・オランドは映画『Charlie Chan Carries On 』(1931年)のシリーズで中国人探偵チャーリー・チャンを演じた。有色人種の登場人物が映画界に少なかったこともあり、これらの役は当時少数民族から好意的に受け入れられていた[7]。20世紀中期になるとより人種の融合が進み、主演の白人俳優ローレンス・オリヴィエが顔を黒く塗った映画『Othello 』(1965年)以外は白人が顔に黒い色を塗って登場することはほとんどなくなっていた。しかし1960年代、『ティファニーで朝食を』(1961年)でミッキー・ルーニーが日本人家主を演じるなど、イエローフェイスは増えていった[8][7]。デイヴィッド・A・シュロスマン教授は「アジア人登場人物の多くは白人俳優によって、アメリカ国内で考えられているステレオタイプで演じられる」と語った[9]。21世紀になってもなお、少数民族の俳優は映画出演の機会があまりない。黒人の役は黒人俳優が演じるようになってきているが、ホワイトウォッシングはそれ以外の人種に起こり続けている[7]

2015年、BBCは「非難や抗議に関わらず、白人以外の役を白人が演じることはまだハリウッドにはびこっている」と語った。2013年の報告書によると、映画会社の重役の94%が白人で、白人でない映画製作者や俳優はあまりいない。BBCは業界的人種差別があり、プロデューサーらは白人俳優の方が観客受けが良く利益を最大限享受できると信じているからだと指摘している。ソニー・ピクチャーズ会長トーマス・ロスマンは「制度や慣例だと思う。業界は向上していると思うが、皆が言う通りまだ全然十分ではないと思う」と語った[1]。『Multicultural Psychology: Understanding Our Diverse Communities 』(多文化心理学: 多様化への理解、の意)の作者ジェフリー・ミオは白人の多い映画界は自分と似た境遇の人を雇う傾向があるのではないかと推測する。ミオは最も条件に見合った人を配役することが前提として「監督と配役担当者の間で配役を検討し、民族的俳優たちは彼らから「最高の俳優を選んだだけだ」と言われるがそれは結局彼らの友人、過去にも一緒に仕事をした人たちと同義だと思う」と語った[1]ペパーダイン大学映画史教授クレイグ・デトウェイラーは「アフリカ系アメリカ人、アジア系、ラテン系のスターが少ない。ハリウッドが進歩していくためには、この配役決定は非常に逆行している」と語った[10]。2010年、芸能ニュース・サイトのTheWrap は、業界の多様化の欠如および有色人種の人気俳優の不足が原因であるとし、『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』や『エアベンダー』などの映画が問題をさらに悪化させたと語った[10]

俳優組合SAG-AFTRA の全米専務取締役デイヴィッド・ホワイトは白人俳優の利益最大化について、ウィル・スミスデンゼル・ワシントンデヴィッド・オイェロウォのような黒人俳優は配役理論について反論していると語った[1]。電気通信学助教授アンドリュー・J・ウィーヴァーは「ハリウッド映画において、白人は黒人俳優や他の人種が多く出演する映画を敬遠する傾向がある。そのため少数民族の役柄でも白人が配役されている」と語った[11]。映画学教授ミッチェル・W・ブロックは「投資者やプロデューサーに印象付けるため、ビジネス上撮影所と配役は切り離すことができない」と語った[12]リドリー・スコット監督は、著名な俳優を配役せずに聖書を基にした叙事詩的映画エクソダス:神と王』(2014年)はできなかっただろうとし、「低予算では映画を作ることはできない。主役が無名の役者では資金を得ることはできなかっただろう」と語った[12][13][14]。『USAトゥデイ』紙は『ティファニーで朝食を』(1961年)、『マイティ・ハート/愛と絆』(2007年)、『PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜』(2015年)などの映画は「有色人種に俳優、監督、プロデューサーの職が不足しているにも関わらず、白人俳優が主要な役柄に配役され続けている」と記した[12]

メディア監視グループは、『ローン・レンジャー』(2013年)でジョニー・デップがネイティヴ・アメリカン役を演じるなど、映画における配役問題の解決策を模索している[1]。アメリカの映画は世界市場となっており、より現実味を求める多様な観客から議論が起きている。SAG-AFTRAのデイヴィッド・ホワイトは白人でない役に白人俳優を起用することへの議論に対し「法律では職を得るのに人種は考慮されないこととなっている」と異議を述べたが、配役の多様性の欠如は認めた[1]。法律学教授ジョン・テーラニアンは「もちろん、人種で区別しない配役は本質的に間違いではない。しかし現実にはアフリカ系アメリカ人、ラテン系、アジア系俳優が白人の役に配役されることはめったにない」と語った[15][16]

ただしこれらの概念に対し、近年ハリウッドでは『Steel Magnolias 』(2012年)や『Death At A Funeral 』(2010年)など、人気映画のリメイクを全て黒人俳優で演じる作品が製作されている。『ANNIE/アニー』(2014年)、『ベスト・キッド』(2010年)などのリメイク映画はオリジナル作品のファンからは支持を得られず、基礎的な部分を変えたことで「ブラックウォッシング」と批判された[6]

映画作品一覧[編集]

「ホワイトウォッシング」と批判されている作品を原題のアルファベット順で以下に示す:

詳細
ラスベガスをぶっつぶせ

21

2008 白人俳優ジム・スタージェスジェイコブ・ピッツケヴィン・スペイシー主演のカード・カウンティングについての映画。アジア系アメリカ人の学生グループおよび教師がギャンブルのカード・カウンティングで大儲けした実際のできごとを基にしている[7][17][18][19][20]中国系アメリカ人のMaは、議論は大げさであり、重要なのは才能ある俳優が役を演じることだと語った[21]。またMaは『USAトゥデイ』紙に「もし日本人や韓国人が単なる「アジア人」として私を演じていたらより屈辱的だっただろう」と語った[22]
30デイズ・ナイト

30 Days of Night

2007 ヴァンパイア・ホラー映画において白人俳優ジョシュ・ハートネットアラスカ州の街の保安官エバン・オルソン役を演じた。オリジナルのコミックではこの役はイヌイットの子孫であった[17][18][19]
Aloha 2015 住民の7割が白人以外であるハワイ州を舞台に、全て白人出演者により演じられたロマコメ・ドラマ映画。エマ・ストーン演じるAllison Ngは父が中国人とハワイ先住民のハーフで、母がスウェーデンの子孫という設定であった[6][23][24]
アンナとシャム王
Anna and the King of Siam
1946 歴史ドラマ映画で、白人俳優レックス・ハリソン小タイ族ラーマ4世を演じた[25]
アパッチ
Apache
1954 西部劇映画で、白人俳優バート・ランカスターが主役のアパッチ族の戦士を演じた[6][17][19]
アルゴ
Argo
2012 実際のできごとを基にした政治スリラー映画で、白人俳優ベン・アフレックがハーフ・メキシカンのCIA秘密工作本部作戦支援部のトニー・メンデスを演じた[17][18][24]。ただしメンデス自身は自分をヒスパニック系とは思っていない[26]。また白人女優クレア・デュヴァルが演じたコーラ・ライジェクは実際は日本人であった[27]
バットマン ビギンズ
Batman Begins
2005 バットマンが主役のスーパーヒーロー映画で、白人俳優リーアム・ニーソンがコミックではアラブ系として描かれるラーズ・アル・グールを演じた[28]
ビューティフル・マインド
A Beautiful Mind
2001 ジョン・ナッシュの伝記的映画で、白人女優ジェニファー・コネリーがナッシュの妻でエルサルバドル出身のアリシアを演じた[7][17][18][29]
グリフィン家のウエディングノート
The Big Wedding
2013 コメディ映画で、白人俳優ベン・バーンズが茶色で顔を塗ってコロンビア人役を演じた[30]
ティファニーで朝食を
Breakfast at Tiffany's
1961 ロマコメ映画で、白人俳優ミッキー・ルーニーがアジア系の家主を演じた[7][17][19][31][32]
怪探偵張氏
Charlie Chan Carries On
1931 シリーズ作品で白人俳優ウォーナー・オランドが中国人探偵チャーリー・チャンを演じた[7]
クレオパトラ
Cleopatra
1963 歴史叙事詩的映画で、白人女優のエリザベス・テイラーがギリシャとエジプトの流れを汲む女王クレオパトラを演じた[7][17][24][33]
征服者
The Conqueror
1956 叙事詩的映画で、白人俳優ジョン・ウェインは主役のモンゴル系のチンギス・カンを演じた[7][17][19][31][32]
ドクター・ストレンジ
Doctor Strange
2016 スーパーヒーロー映画で、白人女優ティルダ・スウィントンがコミック『ドクター・ストレンジ』でヒマラヤ山脈にある架空の王国Kamar-Taj出身の男エンシェント・ワンを演じる[34][35][36]
Dragon Seed 1944 戦争ドラマ映画で、白人女優キャサリン・ヘプバーンが主役の中国人ジェイド役を演じた[17][19][37]
DRAGONBALL EVOLUTION
Dragonball Evolution
2009 日本の漫画『ドラゴンボール』を基にした映画で、白人俳優ジャスティン・チャットウィンが主役の孫悟空を演じた[17][19]
ドライヴ
Drive
2011 犯罪映画で、白人女優キャリー・マリガンが原作小説でラテン系として描かれていたアイリーン役を演じた[17][18]
ゲド〜戦いのはじまり〜
Earthsea
2004 アーシュラ・K・ル=グウィン原作小説のドラマ化で、原作では肌が暗い赤茶色で世界でもごく少数の民族である主役のゲドを含むほとんどの登場人物が白人俳優により演じられている。ル=グウィンはこの配役を批判している[38][39]
オール・ユー・ニード・イズ・キル
Edge of Tomorrow
2014 小説『All You Need Is Kill』のSF映画化で、白人俳優トム・クルーズが日本人キリヤ・ケイジではなくアメリカ人ウィリアム・ケイジを演じた[37][40]。白人俳優ビル・パクストンが演じた役は原作ではブラジル系日本人、ノア・テイラーが演じた役は原作ではネイティヴ・アメリカンの女性であった[41]
Elizabeth, Michael and Marlon 2016 2011年、『ヴァニティ・フェア』に掲載された、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件の日にマーロン・ブランドエリザベス・テイラーマイケル・ジャクソンがニューヨークに向かう物語を基にしたテレビのコメディ映画で、白人俳優ジョセフ・ファインズがマイケル・ジャクソンを演じた[42]
エクソダス:神と王
Exodus: Gods and Kings
2014 聖書を基にした叙事詩的映画で、白人俳優クリスチャン・ベールジョエル・エドガートンシガニー・ウィーバーアーロン・ポールが聖書に登場する中東系の役を演じた[6][33][43]リドリー・スコット監督は「主役が無名では製作費が集まらないため映画を作れず、スペインで税金割り戻しを当てにしなくてはならない」と語った[44]
闘牛の女王
Fiesta
1947 ミュージカル・ドラマ映画で、白人女優エスター・ウィリアムズがメキシコ人女性マリア・モレルズを演じた[19]
ゴースト・イン・ザ・シェル
Ghost in the Shell
2017 日本の漫画『攻殻機動隊』を原作としたアメリカの実写映画で、白人俳優スカーレット・ヨハンソン、ピルウ・アスベック、マイケル・ピットが日本人役に配役された[45]講談社海外事業部長サム・ヨシダは「今のところ、スカーレット・ヨハンソンは役に合っている。彼女はサイバーパンクの感覚を持っている。そして我々は日本人女優が主役になることが想像つかない。世界中に日本の作品を広めるチャンスである」と語った[46]
キング・オブ・エジプト
Gods of Egypt
2016 ファンタジー映画で、主要なエジプト人登場人物たちが白人俳優によって演じられた[47]
大地
The Good Earth
1937 中国人農民についてのドラマ映画で、白人俳優ポール・ムニルイーゼ・ライナーが中国人を演じた[6][17][19]
The Great Wall 2016 中国のを舞台にした映画で、マット・デイモンが主演する[48][49]張芸謀監督は当初デイモンではなく中国人俳優を検討していた[50]
偉大な生涯の物語
The Greatest Story Ever Told
1965 聖書を基にした叙事詩的映画で、白人俳優が聖書に登場する中東系の人物たちを演じた。白人俳優マックス・フォン・シドーイエス・キリスト役を演じた[43]
愛と精霊の家
The House of the Spirits
1993 チリを舞台にした歴史ドラマ映画で、白人俳優メリル・ストリープグレン・クローズジェレミー・アイアンズウィノナ・ライダーがラテン系の登場人物を演じた[9]
ハッド
Hud
1963 ドラマ映画で、白人女優パトリシア・ニールが牧場の家政婦アルマ役を演じた。原作小説『Horseman, Pass By 』ではこの役は黒人家政婦ヘルミアであった。監督は「映画でも黒人女優を起用したかった。彼女は精神的に強く、親切で、自己を持っている。私は世界中に訴えたかった。「見てください。すごい黒人女性です」と。しかしこの頃単純にできなかった。才能ある黒人女優がいなかったわけではない。演じられそうな黒人女優が少なくとも5-6名ほどいた。しかしまだその時ではなかった。難しい問題であったのだ」と語った[51]
白いカラス
The Human Stain
2003 ドラマ映画で、白人俳優アンソニー・ホプキンスがアフリカ系アメリカ人から白人のユダヤ人に変えたコールマン・シルク教授を演じた[33][52]
ハンガー・ゲーム
The Hunger Games
2012 SFアドベンチャー映画で、白人女優ジェニファー・ローレンスが、作者スーザン・コリンズによるとオリーヴの肌、黒髪直毛、灰色の瞳であるカットニス・エヴァディーン役を演じた[17][18][33][52]。『Fan Phenomena: The Hunger Games 』の二コラ・ボルキンドは「読者はカットニスやその仲間たちは白人ではないと考えている。映画の配役ではカットニスは白人だということになってしまう」と語った[53]。コリンズはカットニスもゲイルも読者が考えるような2種類の民族の混血では特にないとし、「今から何百年も経った後の物語である。その頃はもっと民族間の混血が進んでいるだろう」と語った[54]

Space and Place in the Hunger Games 』のデイドア・アン・エヴァンズ・ギャリオット、ホイットニー・エレイン・ジョーンズ、ジュリー・エリザベス・タイラーはこの配役について「白人女優を配役することは、他の優秀な女優を明確に排除するものであり、ハリウッドの白人を優遇するものである。それが白人であろうとなかろうと、コリンズが詳述するカットニスの容貌により近い女優を配役することはこれまでの典型的な美しさに挑戦するものであり、西洋がいかにヒロイズムと美しさを関連付けるかということであったのに」と語った[55]

悲しみは空の彼方に
Imitation of Life
1959 恋愛ドラマ映画で、ヒスパニックの女優スーザン・コーナーがオリジナルの『模倣の人生』では混血だが白人に変えられたサラ・ジェーン役を演じた[19][33]
王様と私
The King and I
1956 ミュージカル映画で、白人俳優ユル・ブリンナーがタイ王ラーマ4世を演じた[9][37]。ただしブリンナーはモンゴルおよびブリヤート人の血を引いている。
キング・ダビデ/愛と闘いの伝説
King David
1985 聖書を基にした叙事詩的映画で、白人俳優たちが聖書に登場する中東系の役を演じている。白人俳優リチャード・ギアダビデを演じた[43]
ザ・キング・オブ・ファイターズ
The King of Fighters
2010 ビデオ・ゲームのザ・キング・オブ・ファイターズを基にした武闘アクション映画で、白人俳優ショーン・ファリスが主演の日本人クサナギ・キョウ役を演じた[56]
キング・オブ・キングス
King of Kings
1961 聖書を基にした叙事詩的映画で、白人俳優たちが聖書に登場する中東系の役を演じている。白人俳優ジェフリー・ハンターがイエス・キリスト役を演じた[43]
Kubo and the Two Strings 2016 ストップモーション・アニメーション映画で、白人俳優たちが主要な日本人登場人物の声を担当している。主役のKuboはアイルランド人俳優アート・パーキンソンが担当した[57]
エアベンダー
The Last Airbender
2010 テレビ番組『アバター 伝説の少年アン』を基にしたファンタジー・アドベンチャー映画で、白人俳優がテレビにおいてアジア系やイヌイットであった役を演じている。一方、敵である火の国の役は中東系やインド系の俳優が多く演じている[7][17][18][19][32][37]
最後の誘惑
The Last Temptation of Christ
1988 聖書を基にした叙事詩的映画で、白人俳優たちが聖書に登場する中東系の役を演じている。白人俳優ウィレム・デフォーがイエス・キリストを演じた[43]
アラビアのロレンス
Lawrence of Arabia
1962 歴史叙事詩的映画で、白人俳優アレック・ギネスがアラブのファイサル1世を演じた[25]
ローン・レンジャー
The Lone Ranger
2013 西部劇映画で、白人俳優ジョニー・デップコマンチェであるサイドキックのトント役を演じた[7][18]。デップは何度か自分はチェロキーやコマンチェの流れを汲んでいると語っているが、確認はされていない[58]
Lost Boundaries 1949 実際に起こったできごとを基にしたドラマ映画で、白人俳優たちが実際はアフリカ系アメリカ人であった家族を白人に変えて演じている[59]
A Majority of One 1961 コメディ映画で、白人俳優アレック・ギネスが日本人ビジネスマンを演じている[25]
オデッセイ
The Martian
2015 2011年の小説を基にしたSF映画で、白人女優マッケンジー・デイヴィスが衛星制御エンジニアのミンディ・パークを演じている[60]。作家のアンディ・ウィアーはミンディ・パークは韓国人のつもりで書いていたが、韓国人だと明確に書いた箇所はない[61]
マイティ・ハート/愛と絆
A Mighty Heart
2007 同名回想録を基にしたドラマ映画で、白人女優アンジェリーナ・ジョリーがアフリカ系キューバ人の子孫でフランス生まれのマリアンヌ・パールを演じた[17][19][20][24][33][52][62]
ノア 約束の舟
Noah
2014 聖書を基にした叙事詩的映画で、全て白人俳優で演じられた[63]。白人俳優ラッセル・クロウが聖書に登場するノアを演じた[33][43]。しかし「聖書に合わせて」俳優のうち2人、ジェニファー・コネリーローガン・ラーマンはユダヤ人である[64]。脚本家アリ・ハンデルは「当初から出演者の人種を問題にしていた。しかし物語は神話のレベルと理解し、架空の物語として個々の人種は関係ないと考えた。全員がどの役を演じてもおかしくはなかった。全てを忠実に再現するか、あるいは普通の人間を演じるだけなのだから問題ないとするかである」と語った[65]。ハンデルはノア一家の人種はラッセル・クロウを配役したことによって決まり、物語の行方を想像させるような違いを出さないために家族以外も同じ人種にしたと語った[66]
星の流れる果て
Not Without My Daughter
1991 ドラマ映画で、白人俳優アルフレッド・モリーナがイラン人医師サイード・マムーディを演じた[15]
オセロ
Othello
1965 ウィリアム・シェイクスピアの悲劇『オセロ』(1603年頃)を基にした映画で、白人俳優ローレンス・オリヴィエが顔を黒く塗ってムーア人の子孫オセロを演じた[6][7][17][19][24][33][52]
硫黄島の英雄
The Outsider
1961 伝記映画で、白人俳優トニー・カーティスアメリカ海兵隊員でネイティヴ・アメリカンの子孫であるアイラ・ヘイズを演じた[17][19]
PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜
Pan
2015 ファンタジー映画で、白人女優ルーニー・マーラがネイティヴ・アメリカンの子孫であるタイガー・リリーを演じた[7]
パーティ
The Party
1968 コメディ映画で、白人俳優ピーター・セラーズがインド人俳優役を演じた[17][32]
インドへの道
A Passage to India
1984 歴史ドラマ映画で、白人俳優アレック・ギネスがインド人教授役を演じた[25]
パッション
The Passion of the Christ
2004 聖書を基にした叙事詩的映画で、白人俳優たちが聖書に登場する中東系の役を演じている。白人俳優ジェームズ・カヴィーゼルがイエス・キリストを演じた[43]
ペイ・フォワード 可能の王国
Pay It Forward
2000 実際に起こったできごとを基にしたドラマ映画で、白人俳優ケヴィン・スペイシーが教師ユージーン・シモネットを演じた。実際の教師であるルーベン・セント・クレアはアフリカ系アメリカ人である[7][18][52]
ピンキー
Pinky
1949 人種に関するドラマ映画で、白人女優ジーン・クレインは、白人としてふるまうアフリカ系アメリカ人の流れを汲む女性役を演じた[59][62]
プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
Prince of Persia: The Sands of Time
2010 ファンタジー・アドベンチャー映画で、白人俳優ジェイク・ジレンホールが主役のペルシア人を演じた[7][17][31][32]
レモ/第1の挑戦
Remo Williams: The Adventure Begins
1985 アクション・アドベンチャー映画で、白人俳優ジョエル・グレイが主役のレモ・ウィリアムズの師匠で韓国人武道家チュン役を演じた[19]
スカーフェイス
Scarface
1983 犯罪映画で、白人俳優アル・パチーノがキューバ人の子孫トニー・モンタナ役を演じた[67]。作品中のキューバ系アメリカ人のほとんどはキューバ人以外が演じている[68]
シーク
The Sheik
1921 恋愛ドラマ映画で、白人俳優ルドルフ・ヴァレンティノがアラブ系のシーク役を演じた[15]
ショート・サーキット
Short Circuit
1986 SF映画で、白人俳優フィッシャー・スティーヴンスがインド人ベン・ヤビタヤ役を演じた[19]
ショート・サーキット2 がんばれ!ジョニー5
Short Circuit 2
1988 SF映画で、白人俳優フィッシャー・スティーヴンスがインド人ベン・ヤビタヤ役を演じた[69]
ショウ・ボート
Show Boat
1951 恋愛ドラマ映画で、白人女優エヴァ・ガードナーが混血のジュリー役を演じた。当初混血の女優レナ・ホーンがこの役に配役されていたが、撮影所が配役変更を要求した[9][59][62]
ソーシャル・ネットワーク
The Social Network
2010 ドラマ映画で、混血のマックス・ミンゲラがコネクトUの共同創立者でインド系のディヴィヤ・ナレンドラ役を演じた[7][70]デヴィッド・フィンチャー監督は「私たちはディヴィヤ役のために膨大な、おそらく100名くらいのインド人俳優と会い、ディヴィヤ本人の映像も見たがウォーレン・ベイティに似ていた。褐色の肌をしているが、民族性をほとんど感じさせない。しかし私たちはそのような人を順調に見つけられなかった。ロンドン、パリ、モントリオールにも行って探し、ついにマックスに会い、もっともデヴィヤに近いと思った。そして彼は3人組のもっとも重要な3人目となった」と語った[71]。インド系アメリカ人俳優アジズ・アンサリは「近年インド人、本物のインド人は以前よりも映画やテレビに登場しているが、皆が考える以上に偽インド人もまだ登場している。『ソーシャル・ネットワーク』は好きだが、インド系アメリカ人のハーバード大学生ディヴィヤ・ナレンドラがなぜハーフ中国人、ハーフ・イタリア系イギリス人俳優マックス・ミンゲラに配役されたのか理解に苦しむ」と語った[69]
熱砂の舞
The Son of the Sheik
1926 アドベンチャー・ドラマ映画で、白人俳優ルドルフ・ヴァレンティノがアラブ系の主役を演じた[15]
スポーン
Spawn
1997 スーパーヒーロー映画で、白人俳優D・B・スウィーニーが原作コミック『スポーン』でアフリカ系アメリカ人であったテリー・フィッツジェラルド役を演じた[72]
スター・トレック イントゥ・ダークネス
Star Trek Into Darkness
2013 SF映画で、白人俳優ベネディクト・カンバーバッチがインド系の悪役カーン・ノニエン・シン役を演じた。『スタートレックII カーンの逆襲』(1982年)および『Space Seed 』(1967年)ではメキシコ系俳優リカルド・モンタルバンがカーン役を演じた[18][73]
スターシップ・トゥルーパーズ
Starship Troopers
1997 SF映画で、白人俳優キャスパー・ヴァン・ディーンがジョン・リコ役を演じた。原作小説『宇宙の戦士』ではジョン・リコはフィリピン系のフアン・リコであった[19]
ストーンウォール
Stonewall
2015 ストーンウォールの反乱についての映画で、LGBTコミュニティの架空の白人男性を主役にしたことで、実際のできごとで重要な役割を担った有色人種のトランスジェンダーやレズビアンの女性を排除したホワイトウォッシングとして批判された。自身もゲイであるローランド・エメリッヒ監督は「この映画はゲイの人たちだけではなくストレートの人たちのためにも作った映画である。作成途中でストレートの人たちに向けた作品だと自分で気付いた。主役のダニーは全く違和感を感じさせない。ダニーはストレートのような行動をする。それで誤解も受ける。ストレートの観客は彼に感情移入できる」と語った。また彼と脚本家ジョン・ロビン・ベイツは歴史家や熟達者と話し合ったとし、「ストーンウォールにはトランスジェンダーの女性は1組しかおらず、少数派であった」と語った[74]
Stuck 2007 実際に起こったできごとを基にしたスリラー映画で、白人女優ミーナ・スヴァーリが実際はアフリカ系アメリカ人であった女性を演じた[17][20][33][52]
八月十五夜の茶屋
The Teahouse of the August Moon
1956 コメディ映画で、白人俳優マーロン・ブランドが日本人サキニ役を演じた[9][17][19][31]
十戒
The Ten Commandments
1956 聖書を基にした叙事詩的映画で、白人俳優たちが聖書に登場する中東系の役を演じている。白人俳優チャールトン・ヘストンモーセ役、ユル・ブリンナーラメセス2世を演じた[6]
バグダッドの盗賊
The Thief of Bagdad
1924 剣戟映画で、白人俳優ダグラス・フェアバンクスがアラブ系の主役を演じた[15]。1978年版ではロディ・マクドウォールがこの役を演じた。
黒い罠
Touch of Evil
1958 フィルム・ノワールで、白人俳優チャールトン・ヘストンがメキシコ人麻薬捜査官ミゲル・ヴァルガスを演じた[17]
ウォンテッド
Wanted
2008 アクション映画で、白人女優アンジェリーナ・ジョリーが原作コミック『Wanted 』でハル・ベリーをモデルにしたアフリカ系アメリカ人であったフォックス役を演じた[75]
ウォーム・ボディーズ
Warm Bodies
2013 ゾンビ・コメディ映画で、白人女優アナリー・ティプトンが原作小説『ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語』ではハーフ・エチオピア人であったノラ役を演じた[17][33]
ウエスト・サイド物語
West Side Story
1961 恋愛ミュージカル映画で、白人女優ナタリー・ウッドがプエルトリコ系のマリア役を演じた[9][17]
風とライオン
The Wind and the Lion
1975 歴史映画で、白人俳優ショーン・コネリーベルベル人暴徒集団のリーダーを演じた[15]
ワールド・トレード・センター
World Trade Center
2006 アメリカ同時多発テロ事件を基にした惨事ドラマ映画で、白人俳優ウィリアム・メイポーザーが実際はアフリカ系アメリカ人であるアメリカ海兵隊軍曹ジェイソン・トーマスを演じた[62][76]
危険な年
The Year of Living Dangerously
1982 ドラマ映画で、白人女優リンダ・ハントが原作小説では中国系オーストラリア人の小人の男性であった役を演じた[19]

参照[編集]

  • 小説『海底二万里』の複数の映画化作品ではヒンズーのインド人ネモ船長はヨーロッパ系俳優に演じられることが多い[6]

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Brook, Tom (2015年10月6日). “When white actors play other races”. bbc.com (BBC). http://www.bbc.com/culture/story/20151006-when-white-actors-play-other-races 2015年10月14日閲覧。 
  2. ^ An Examination of Native Americans in Film and Rise of Native Filmmakers
  3. ^ http://www.nytimes.com/1988/10/23/theater/l-nontraditional-casting-when-race-and-sex-don-t-matter-486788.html>
  4. ^ Breznican, Anthony (March 1, 2016). "The Dark Tower Rises: Stephen King confirms stars Idris Elba and Matthew McConaughey as production nears start." EW.com. Entertainment Weekly, Inc. Retrieved August 12, 2016.
  5. ^ http://www.deathandtaxesmag.com/41108/marvel-boycotted-by-white-supremacists/
  6. ^ a b c d e f g h i “Hollywood's blatant obsession with 'whitewashing' movies”. aol.com (AOL). (2015年6月4日). http://www.aol.com/article/2015/06/04/hollywood-s-blatant-obsession-with-whitewashing-movies/21191311/ 2015年8月27日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Scherker, Amanda (2014年7月10日). “Whitewashing Was One Of Hollywood's Worst Habits. So Why Is It Still Happening?”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/2014/07/10/hollywood-whitewashing_n_5515919.html 2015年8月26日閲覧。 
  8. ^ Weiler, A.H. (1961年10月6日). “The Screen: Breakfast at Tiffany's: Audrey Hepburn Stars in Music Hall Comedy”. New York Times. http://movies.nytimes.com/movie/review?res=9A05EED9173AE13ABC4E53DFB667838A679EDE 2011年9月24日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f Schlossman, David A. (2002). Actors and Activists: Performance, Politics, and Exchange Among Social Worlds. Routledge. p. 154. ISBN 978-0-8153-3268-8. 
  10. ^ a b Lang, Brent (2010年5月26日). “Hollywood’s White Summer: Where’s the Diversity?”. TheWrap. http://www.thewrap.com/hollywoods-white-summer-wheres-diversity-17558/ 2015年9月6日閲覧。 
  11. ^ Staff (2011年5月21日). “IU study looks at why Hollywood blockbusters often lack minority characters”. IU News Room (Indiana University). http://newsinfo.iu.edu/news-archive/18567.html 2015年8月27日閲覧。 
  12. ^ a b c Thompson, Arienne (2015年1月9日). “When it comes to diversity, Hollywood's lost in the 'Woods'”. USA Today. http://www.usatoday.com/story/life/movies/2015/01/09/hollywood-lacks-diversity-into-the-woods-exodus/20693591/ 2015年9月6日閲覧。 
  13. ^ Scott Foundas. “‘Exodus: Gods and Kings’: Ridley Scott on Walking in Moses’ Sandels – Variety”. Variety. 2015年1月9日閲覧。
  14. ^ BBC One – Film 2014, Episode 13”. BBC. 2015年1月9日閲覧。
  15. ^ a b c d e f Tehranian, John (2010). “The Last Minstrel Show?”. Whitewashed: America's Invisible Middle Eastern Minority. NYU Press. p. 98. ISBN 978-0-8147-8273-6. 
  16. ^ http://www.hollywoodreporter.com/features/are-asian-american-movie-stars-890755
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x Ghahremani, Tanya (2013年4月1日). “25 Minority Characters That Hollywood Whitewashed”. Complex. http://www.complex.com/pop-culture/2013/04/25-minority-characters-that-hollywood-whitewashed/ 2015年8月27日閲覧。 
  18. ^ a b c d e f g h i j Luttrell, Gina (2014年2月25日). “What if People Reacted to These 10 Roles Like They Have to Michael B. Jordan?”. Arts.Mic (Mic). http://mic.com/articles/83309/what-if-people-reacted-to-these-10-roles-like-they-have-to-michael-b-jordan 2015年8月27日閲覧。 
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Mandvi, Aasif (2012年5月13日). “Whitewashing, a history”. Salon. http://www.salon.com/2012/05/14/whitewashing_a_history/ 2015年8月27日閲覧。 
  20. ^ a b c Fisher, Luchina (2008年6月4日). “Is Hollywood Whitewashing Ethnic Roles?”. ABC News. http://abcnews.go.com/Entertainment/story?id=4991235 2015年9月4日閲覧。 
  21. ^ Berry, Jillian A. (2008年3月14日). “INTERVIEW MIT, Vegas, Hollywood”. The Tech. http://tech.mit.edu/V128/N12/blackjack.html 2013年3月31日閲覧。 
  22. ^ Bowles, Scott (2008年3月26日). “New film '21' counts on the real deal for inspiration”. USA Today. http://www.usatoday.com/life/movies/news/2008-03-25-jeff-ma-21_N.htm 2010年4月23日閲覧。 
  23. ^ Nguyen, Michael (2015年6月2日). “'Aloha' film attacked for 'white-washing' of Hawaii”. msnbc.com (MSNBC). http://www.msnbc.com/msnbc/aloha-film-attacked-white-washing-hawaii 2015年8月27日閲覧。 
  24. ^ a b c d e Schwab, Nikki (2015年6月12日). “Passing for Black? It Happens in Hollywood All the Time”. U.S. News & World Report. http://www.usnews.com/news/articles/2015/06/12/white-actors-portraying-people-of-color-in-hollywood 2015年8月27日閲覧。 
  25. ^ a b c d Bergan, Ronald (2009年3月4日). “We can't whitewash Hollywood's racist past”. The Guardian. http://www.theguardian.com/film/filmblog/2009/mar/04/hollywood-racism 2015年9月4日閲覧。 
  26. ^ Rico, Jack (2013年1月10日). “Argo’s real Tony Mendez: "I’m not Hispanic"”. NBC Latino. http://nbclatino.com/2013/01/10/argos-real-tony-mendez-im-not-hispanic/ 2015年11月19日閲覧。 
  27. ^ Massarella, Linda (2013年1月27日). “Argo's Clea DuVall glitters in black at the SAG Awards as she makes solo outing after being pictured kissing female friend”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2269359/Screen-Actors-Guild-Awards-2013-Argo-actress-Clea-DuVall-makes-public-appearance-SAG-Awards-pictured-week-kissing-female-friend.html 2016年4月12日閲覧。 
  28. ^ Wilson, Matt D. (2014年9月4日). “Matthew Nable Is The Latest White Man To Play Ra's Al Ghul”. Comics Alliance (ScreenCrush Network). http://comicsalliance.com/arrow-ras-al-ghul-matthew-nable/ 2015年10月5日閲覧。 
  29. ^ Alcoff, Linda Martín (2012). “Alien and Alienated”. In Yancy, George. Reframing the Practice of Philosophy: Bodies of Color, Bodies of Knowledge. SUNY Press. p. 32. ISBN 978-1-4384-4003-3. 
  30. ^ Syed, Hera (2013年4月29日). “Film Review: Brownface and Racism in ‘The Big Wedding’”. Pop Insomniacs. http://popinsomniacs.com/2013/04/brownface-and-racism-in-the-big-wedding/ 2016年2月26日閲覧。 
  31. ^ a b c d Boffetta, Elena (2015年6月7日). “Crowe's 'whitewashing' sparks criticism from advocates”. bbc.com (BBC). http://www.bbc.com/news/world-us-canada-33017006 2015年8月27日閲覧。 
  32. ^ a b c d e Lee, Chris (2010年5月22日). “Hollywood whitewash? ‘Airbender’ and ‘Prince of Persia’ anger fans with ethnic casting”. Los Angeles Times. http://herocomplex.latimes.com/uncategorized/racebending/ 2015年8月27日閲覧。 
  33. ^ a b c d e f g h i j Anthony, Iva (2014年12月18日). “Films That Cast Non-Blacks In Black Roles”. MadameNoire. http://madamenoire.com/496138/cast-non-blacks-in-black-roles/ 2015年8月27日閲覧。 
  34. ^ Bricken, Rob (2016年4月26日). “Marvel's Attempts to Justify Dr. Strange's Whitewashing Are Getting Insulting”. Gizmodo. 2016年5月22日閲覧。
  35. ^ Sage, Alyssa (2016年4月27日). “Marvel Responds to ‘Doctor Strange’ ‘Whitewashing’ Criticisms Over Tilda Swinton Casting”. Variety. 2016年5月22日閲覧。
  36. ^ Opam, Kwame (2016年4月13日). “A quick and dirty guide for understanding Doctor Strange”. The Verge. 2016年5月22日閲覧。
  37. ^ a b c d Siek, Stephanie (2012年1月13日). “Is Hollywood 'whitewashing' Asian roles?”. cnn.com (CNN). http://inamerica.blogs.cnn.com/2012/01/13/is-hollywood-whitewashing-asian-roles/ 2015年8月27日閲覧。 
  38. ^ Le Guin, Ursula K. (2004年12月16日). “A Whitewashed Earthsea”. Slate.com. http://www.slate.com/articles/arts/culturebox/2004/12/a_whitewashed_earthsea.html 2016年8月29日閲覧。 
  39. ^ Le Guin, Ursula K. (2005年1月). “Frankenstein's Earthsea”. Locus Magazine. http://locusmag.com/2005/Issues/01LeGuin.html 2012年10月12日閲覧。 
  40. ^ Lee, Marissa (2011年12月1日). “WB taps Tom Cruise to play Billy Cage–née Keiji Kiriya”. Racebending.com. http://www.racebending.com/v4/featured/wb-taps-tom-cruise-to-play-billy-cage-nee-keiji-kiriya/ 2016年4月9日閲覧。 
  41. ^ Palladino, Andrew (2014年6月8日). “Review: 'Edge of Tomorrow'”. Point of Viewer. http://thepointofviewer.com/2014/06/08/edge-of-tomorrow/ 2016年4月4日閲覧。 
  42. ^ Staff (January 27, 2016). “Joseph Fiennes as Michael Jackson: Controversial Casting Adds Fuel to Hollywood’s Diversity Debate”. Variety. https://variety.com/2016/artisans/news/joseph-fiennes-michael-jackson-casting-diversity-hollywood-whitewashing-1201690020/ 2016年1月28日閲覧。. 
  43. ^ a b c d e f g Merritt, Jonathan (2014年12月2日). “Why does Hollywood keep barring minorities from Biblical blockbusters?”. The Week. https://theweek.com/articles/441860/why-does-hollywood-keep-barring-minorities-from-biblical-blockbusters 2015年8月27日閲覧. "Whitewashing Bible films is something of a Hollywood tradition spanning decades, and it won't change until audiences demand better." 
  44. ^ Foundas, Scott (November 25, 2014). “'Exodus: Gods and Kings' Director Ridley Scott on Creating His Vision of Moses”. Variety. https://variety.com/2014/film/news/ridley-scott-exodus-gods-and-kings-christian-bale-1201363668/ 2015年9月6日閲覧。. 
  45. ^ Child, Ben (2015年1月16日). “DreamWorks accused of 'whitewashing' Ghost in the Shell by casting Scarlett Johansson”. The Guardian. http://www.theguardian.com/film/2015/jan/16/dreamworks-scarlett-johansson-ghost-in-the-shell-whitewashing 2016年2月20日閲覧。 
  46. ^ Blair, Gavin J. (2016年7月1日). “'Scarlett Johansson in 'Ghost in the Shell': Japanese Industry, Fans Surprised by "Whitewashing" Outrage”. The Hollywood Reporter. 2016年4月19日閲覧。
  47. ^ Hamad, Ruby (2014年4月1日). “All lead actors in The Gods of Egypt will be white”. Daily Life (Fairfax Media). http://www.dailylife.com.au/news-and-views/dl-opinion/all-lead-actors-in-the-gods-of-egypt-will-be-white-20140401-35vzp.html 2015年11月12日閲覧。 
  48. ^ Wong, Julie Carrie (2016年7月29日). “Asian Americans decry 'whitewashed' Great Wall film starring Matt Damon”. The Guardian. https://www.theguardian.com/film/2016/jul/29/the-great-wall-china-film-matt-damon-whitewashed 2016年7月31日閲覧。 
  49. ^ “The Great Wall: Is Matt Damon 'whitewashing' or good business?”. BBC. (2016年7月29日). http://www.bbc.com/news/world-asia-36921328 2016年7月31日閲覧。 
  50. ^ http://www.indiewire.com/2016/08/the-great-wall-director-defends-matt-damon-whitewashing-zhang-yimou-1201713306/
  51. ^ Baer, William (Spring 2003). “Hud: A Conversation with Irving Ravetch and Harriet Frank, Jr.”. Michigan Quarterly Review XLII (2). http://hdl.handle.net/2027/spo.act2080.0042.201. 
  52. ^ a b c d e f Moore, A. (2014年5月31日). “6 Real Life Black Characters That Hollywood Cast As White People Instead”. Atlanta Black Star. http://atlantablackstar.com/2014/05/31/6-real-life-black-characters-that-hollywood-cast-as-white-people-instead/ 2015年8月27日閲覧。 
  53. ^ Balkind, Nicola (2014). Fan Phenomena: The Hunger Games. Intellect Books. p. 71. ISBN 978-1-78320-204-1. 
  54. ^ Valby, Karen (2011年4月7日). “Team 'Hunger Games' talks: Author Suzanne Collins and director Gary Ross on their allegiance to each other, and their actors”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/article/2011/04/07/hunger-games-suzanne-collins-gary-ross-exclusive 2016年3月12日閲覧。 
  55. ^ Garriott, Deidre Anne Evans; Jones, Whitney Elaine; Tyler, June Elizabeth, eds (2014). “Part IV: Popular Responses in Actual Spaces”. Space and Place in The Hunger Games: New Readings of the Novels. McFarland. p. 170. ISBN 978-0-7864-7633-6. 
  56. ^ Headlee, Celeste (2010年7月2日). “The Whitewashing of Hollywood”. WNYC. http://www.wnyc.org/story/69861-whitewashing-hollywood/ 2016年4月12日閲覧。 
  57. ^ Pedersen, Erik (2016年8月23日). “Watchdog Group Chides Laika for "White-Washing" Kubo And The Two Strings”. Deadline Hollywood News. http://deadline.com/2016/08/kubo-and-two-strings-protest-white-actors-japanese-characters-manaa-1201807914/ 2016年8月25日閲覧。 
  58. ^ Disney Exploiting Confusion About Whether Depp Has Indian Blood” (2013年6月17日). 2013年8月13日閲覧。
  59. ^ a b c Lillard, Margaret (1989年7月25日). “Landmark '49 Film About Family Passing for White Recalled”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1989-07-25/entertainment/ca-343_1_johnston-family 2015年8月27日閲覧。 
  60. ^ Bui, Hoai-Tran (2015年10月3日). “The 5 biggest differences between 'The Martian' book and movie”. USA Today. http://www.usatoday.com/story/life/entertainthis/2015/10/03/5-biggest-differences-between-martian-book-and-movie/73271010/ 
  61. ^ Wickman, Kase (2015年10月9日). “One Person Who Doesn't Think 'The Martian' Was Whitewashed? The Author”. MTV News. http://www.mtv.com/news/2344611/the-martian-whitewashing-andy-weir/ 2015年10月10日閲覧。 
  62. ^ a b c d Wiltz, Teresa (2007年6月23日). “A Part Colored By History”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/06/22/AR2007062202029.html 2015年8月27日閲覧。 
  63. ^ Baden, Joel; Moss, Candide (2014年12月11日). “Does the new 'Exodus' movie whitewash the Bible?”. cnn.com (CNN). http://www.cnn.com/2014/12/10/showbiz/exodus-whitewash-bible/ 2015年10月7日閲覧。 
  64. ^ Miller, Gerri (2014年3月21日). “Hollywood Now: Divergent, Noah and It Felt Like Love”. InterfaithFamily. http://www.interfaithfamily.com/arts_and_entertainment/popular_culture/Hollywood_Now_Divergent_Noah_and_It_Felt_Like_Love.shtml 2015年11月19日閲覧。 
  65. ^ Scheller, Christina (2014年4月11日). “Stewardship of Creation: An Interview with 'Noah' Screenwriter, Ari Handel”. The High Calling. http://www.thehighcalling.org/articles/essay/stewardship-creation-interview-noah-screenwriter-ari-handel#.U06P3Vca1WL 2015年9月6日閲覧。 
  66. ^ Redden, Molly (2014年4月23日). “Darren Aronofsky: We Nearly Abandoned 'Noah' Because of Racial Issues”. Mother Jones. http://www.motherjones.com/environment/2014/04/noah-aronofsky-handel-diversity 2015年10月7日閲覧。 
  67. ^ Harris, Scott (2013年7月1日). “Hollywood's 12 Worst Cases of Ethnic Miscasting”. 2016年3月18日閲覧。
  68. ^ Susman, Gary (2013年12月9日). “'Scarface': 25 Things You Didn't Know About Al Pacino's Classic Crime Drama”. Moviefone. 2016年3月18日閲覧。
  69. ^ a b Ansari, Aziz (2015年11月10日). “Aziz Ansari on Acting, Race and Hollywood”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2015/11/15/arts/television/aziz-ansari-on-acting-race-and-hollywood.html 2015年11月10日閲覧。 
  70. ^ Agrawal, Prashani (2010年10月8日). “Who’s the Indian in The Social Network?”. The Wall Street Journal. http://blogs.wsj.com/indiarealtime/2010/10/08/who%E2%80%99s-the-indian-in-the-social-network/ 2015年9月9日閲覧。 
  71. ^ Fincher, David (2010). The Social Network: Audio commentary [DVD]. (Los Angeles: Columbia Pictures).. 
  72. ^ Thompson, Luke Y. (2013年8月29日). “Ten Comic-Book Casting Calls Far Worse Than Ben Affleck as Batman”. The Robot's Voice. http://www.therobotsvoice.com/2013/08/ten_casting_calls_far_worse_than_ben_affleck_batman.php 2016年3月3日閲覧。 
  73. ^ Lee, Paula Young (2015年6月1日). “The whitewashing of Allison Ng: 'Aloha' isn't alone in casting white actors in Asian roles”. Salon.com. http://www.salon.com/2015/06/01/the_whitewashing_of_allison_ng_%E2%80%9Caloha%E2%80%9D_isn%E2%80%99t_alone_in_casting_white_actors_in_asian_roles/ 2015年8月27日閲覧。 
  74. ^ Dowd, Kathy Ehrich (September 24, 2015). Stonewall Director and Star Defend Film Against Critics Who Claim It 'Whitewashed' LGBT History”. People. http://www.people.com/article/stonewall-director-roland-emmerich-star-jeremy-irvine-defend-film-whitewash-criticism 2015年9月28日閲覧。. 
  75. ^ Theodore-Vachon, ReBecca (2014年12月23日). “Dear Angelina: Thoughts on "Cleopatra"”. RogerEbert.com. http://www.rogerebert.com/balder-and-dash/dear-angelina-thoughts-on-cleopatra 2016年3月10日閲覧。 
  76. ^ Gordon, Ed (2006年8月22日). “Oliver Stone's 'Trade Center' Casting Recall”. npr.org (NPR). http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=5689104 2015年8月27日閲覧。 

参考文献[編集]