プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プリンス・オブ・ペルシャ/
時間の砂
Prince of Persia: The Sands of Time
監督 マイク・ニューウェル
脚本 ボアズ・イェーキン
ダグ・ミロ
カルロ・バーナード
原案 ジョーダン・メクナー
製作 ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮 マイク・ステンソン
チャド・オマン
ジョン・オーガスト
ジョーダン・メクナー
パトリック・マコーミック
エリック・マクレオド
出演者 ジェイク・ジレンホール
ジェマ・アータートン
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 ジョン・シール
編集 ミック・オーズリー
マイケル・カーン
マーティン・ウォルシュ
製作会社 ジェリー・ブラッカイマー・フィルムズ
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
公開 2010年5月28日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $200,000,000[1]
興行収入 $335,154,643[1]
テンプレートを表示

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』( - じかんのすな、原題: Prince of Persia: The Sands of Time)は、2010年アメリカ映画。2004年発売の同名ゲームの実写化作品。ただし、ストーリーは映画オリジナルであり、ゲームのストーリーとの関連性は全くない。

ストーリー[編集]

幼い孤児のダスタンは、たまたま市場に来ていた国王にその勇気を讃えられ、下級階級からペルシャ帝国の王子として迎えられた。

ダスタンと兄王子二人はコシュカーン征服への遠征に従軍していた。その遠征の途中、叔父ニザムと長兄タス王子が聖なる都アラムートの裏切りを訴え、アラムート攻めが決定した。

次兄のガーシヴ王子率いる軍が正門を攻めている間に、大勢の兵が死ぬことを嫌ったダスタンは勝手に出撃して東門を制圧する。本殿制圧中にアラムートから逃走しようとした騎士と戦ったダスタンは、偶然に、水晶の柄の内側に「時間の砂」を詰めた短剣を手にいれる。この短剣は、柄の宝石を押すことで自分以外の全ての時間が約一分間分過去に巻き戻すことができる秘宝であった。

そしてダスタンは、戦勝祝いとして父である国王にタス王子から託された法衣を捧げる。しかしその法衣には何者かの手で猛毒が塗り込められており、国王は衆人環視の中で毒殺されてしまう。

短剣の奪還を狙うアラムートの王女タミーナと共にアラムートを脱出したダスタンは、帝国を追われながら、自身の濡れ衣を晴らすべく活動することになる。

キャスト[編集]

役名: 俳優(日本語吹き替え)

エピソード[編集]

劇中では、わずかに中東訛りのイギリス英語が使われている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Prince of Persia: The Sands of Time”. Box Office Mojo. 2011年9月22日閲覧。

外部リンク[編集]