30デイズ・ナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
30デイズ・ナイト
30 Days of Night
監督 デヴィッド・スレイド
脚本 スティーヴ・ナイルズ
スチュアート・ビーティー
ブライアン・ネルソン
製作 サム・ライミ
ロブ・タパート
製作総指揮 ジョー・ドレイク
オーブリー・ヘンダーソン
ネイサン・カヘイン
マイク・リチャードソン
出演者 ジョシュ・ハートネット
音楽 ブライアン・レイツェル
撮影 ジョー・ウィレムズ
編集 アート・ジョーンズ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロムビア映画
日本の旗 ブロードメディア・スタジオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年10月19日
日本の旗 2009年8月22日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000
興行収入 $75,304,357
テンプレートを表示

30デイズ・ナイト』(原題:30 Days of Night)は、2007年アメリカ映画スティーヴ・ナイルズによる同名のコミックを原作としている。

あらすじ[編集]

アラスカ州バロー極夜の季節を迎えていた。その初日、保安官夫婦のエバンとステラは住民の飼い犬数十頭が殺されるという事件に遭遇した。さらに停電と電話不通が起こり、エバンが発電所に向かうと管理人は惨殺されていた。一連の事件の犯人はヴァンパイアであり、極夜に乗じて街へ繰り出し人々を襲い、30日間の狩りを始める。

登場人物[編集]

役名:俳優(ソフト版吹き替え)

バロウの保安官。
バロウの保安官。エバンとは夫婦だった。
ヴァンパイア軍団のリーダー。劇中で独自の言語を話す。
バロウを陸の孤島にしようと暗躍する男。
バロウに住む男。
エバンの弟。

吸血鬼[編集]

獰猛な吸血鬼。 容姿は人に似ているが、爪は猛獣のようなかぎ爪、全ての歯が鮫のように鋭く、目は黒く染まっている。紫外線を浴びると肌が焼かれるが、ニンニクが効くかは不明。独自の言語を話すが、英語は理解でき、実際吸血鬼の1人である少女が英語で話した。殺害方法は紫外線以外にも、頭部の破壊、首を切り落とす等がある。一般の吸血鬼のように心臓が弱点かは不明だが、被害者の1人がマーローの胸に銃を撃った際、平然としていたことから弱点ではないと思われる。

スタッフ[編集]

  • 監督:デヴィッド・スレイド
  • 原作:スティーヴ・ナイルズ『30デイズ・ナイト』
  • プロダクションデザイン:ポール・デナム・オースタベリー
  • 美術:ナイジェル・チャーチャー、マーク・ロビンス
  • 衣装デザイン:ジェーン・ホランド
  • 舞台装置:ジャロ・ディック


【日本】

  • 配給:ブロードメディア・スタジオ
  • 宣伝:角川メディアハウス

外部リンク[編集]