ジム・スタージェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジム・スタージェス
Jim Sturgess
Jim Sturgess
本名 James Anthony S. Sturgess
生年月日 (1978-05-16) 1978年5月16日(41歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
身長 184 cm
職業 俳優ミュージシャン
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 1994年 -
主な作品
アクロス・ザ・ユニバース
ラスベガスをぶっつぶせ
テンプレートを表示

ジム・スタージェスJim Sturgess, 本名: James Anthony S. Sturgess, 1978年[1][2][3]5月16日 - )は、イギリス俳優

略歴[編集]

1978年[4]ロンドンで生まれ、サリー州で育つ。1993年から1995年まではナショナル・ユース・シアターに在籍し、1994年に映画デビュー。ソルフォード大学では映画製作と演技を学んだ。

2007年公開の『アクロス・ザ・ユニバース』や翌年公開の『ラスベガスをぶっつぶせ』で注目を集める。

私生活[編集]

イギリスのバンドラ・ルー等に参加しているMickey O'Brienと7年以上交際している[5]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

邦題/原題 役名 備考
1994 明日にむかって…
The Browning Version
ブライアント
2007 アクロス・ザ・ユニバース
Across the Universe
ジュード・フィーニー
2008 ブーリン家の姉妹
The Other Boleyn Girl
ジョージ・ブーリン
ラスベガスをぶっつぶせ
21
ベン・キャンベル
インファナル・ミッション -テロ組織潜入スパイの真実-
Fifty Dead Men Walking
マーティン・マクガートランド
2009 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官
Crossing Over
ギャビン・コッセフ
ハートレス
Heartless
ジェイミー・モーガン
2010 ウェイバック -脱出6500km-
The Way Back
ヤヌシュ
ガフールの伝説
Legend of the Guardians: The Owls of Ga'Hoole
ソーレン 声の出演
2011 ワン・デイ 23年のラブストーリー
One Day
デクスター・メイヒュー
2012 クラウド アトラス
Cloud Atlas
アダム・ユーイング / 安ホテルの客
メーガンの父 / サッカーファン
ヘジュ・チャン
鑑定士と顔のない依頼人
The Best Offer
ロバート
2013 アップサイドダウン 重力の恋人
Upside Down
アダム
2014 アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
Stonehearst Asylum
エドワード・ニューゲート
ハイネケン誘拐の代償
Kidnapping Freddy Heineken
コル・ヴァンハウト
2017 ジオストーム
Geostorm
マックス・ローソン
2018 ロンドン・フィールズ
London Fields
キース・タレント
ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏
JT LeRoy
ジェフリー・クヌープ

テレビ[編集]

邦題/原題 役名 備考
2000 12日の木曜日
Thursday the 12th
マーティン・バニスター テレビ映画
2016 狼の食卓
Feed the Beast
ディオン 計10話出演

参考文献[編集]

  1. ^ Ed Symkus (2011年8月15日). “Anne Hathaway, Jim Sturgess trace their paths to 'One Day'” (英語). CantonRep.com. オリジナルの2013年9月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130925204813/http://www.cantonrep.com/entertainment/x27449597/Anne-Hathaway-Jim-Sturgess-trace-their-paths-to-One-Day 2013年4月29日閲覧。 
  2. ^ Jim Sturgess Interview” (英語). ShortList Magazine. 2013年4月29日閲覧。
  3. ^ University of Salford graduates star in new blockbuster” (英語). University of Salford (2009年4月9日). 2013年4月29日閲覧。
  4. ^ 1981年生まれとの資料もあるが、上記参考文献が示すように1978年生まれが正しい。
  5. ^ [Interview]http://www.totallydublin.ie/film-feature-fifty-dead-men-walking---interview-with-jim-sturgess-24.html

外部リンク[編集]