小タイ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小タイ族
ไทย
Khon
総人口
タイ王国の旗 タイ 約 50,600,000[1]
居住地域
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 237,583[2] (2010)
ラオスの旗 ラオス 180,000[3]
台湾の旗 台湾 74,770[4] (2011)
マレーシアの旗 マレーシア 70,000[5] (2014)
日本の旗 日本 41,279[6] (2010)
大韓民国の旗 韓国 30,760[7] (2009)
香港の旗 香港 30,000[8]
サウジアラビアの旗 サウジアラビア 23,000[9]
カナダの旗 カナダ 10,500[10] (2006)
デンマークの旗 デンマーク 8 580[11] (2012)
フィンランドの旗 フィンランド 7,500
言語
タイ語 (中部タイ方言, 北部タイ方言, 南部タイ方言)
宗教
主に仏教
関連する民族
関連民族 タイ族ラーオ人タイ系中国人

小タイ族シャム人(ไทยสยาม、Siamese)は、タイの主要民族で、狭義におけるタイ人である。人種は古モンゴロイドインドネシア・マレー人種南部モンゴロイド新モンゴロイドの一種)の混合体である。

概要[編集]

メコン川チャオプラヤ川流域に居住している。小タイ族と呼ばれているのは、オーストラロイドの血が少々混じっているとされるクメール人モン族チャンパ人との混血が進んだ結果であり、北部の大タイ族(シャン族)と比較して、肌の色は浅黒く、また背が低いためと言われている。同時に、歴史的な対立や近代以降も行政区画の違いなどにより、大タイ族との違いは少なくない。

脚注[編集]