小タイ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小タイ族
ไทย
Khon
総人口
タイ王国の旗 タイ 約 50,600,000[1]
居住地域
アメリカ合衆国の旗 アメリカ237,583[2] (2010)
ラオスの旗 ラオス180,000[3]
台湾の旗 中華民国74,770[4] (2011)
マレーシアの旗 マレーシア70,000[5] (2014)
日本の旗 日本41,279[6] (2010)
大韓民国の旗 韓国30,760[7] (2009)
香港の旗 香港30,000[8]
サウジアラビアの旗 サウジアラビア23,000[9]
カナダの旗 カナダ10,500[10] (2006)
デンマークの旗 デンマーク8 580[11] (2012)
フィンランドの旗 フィンランド7,500
言語
中央タイ語南タイ語
宗教
主に仏教
関連する民族
関連民族 タイ族ラーオ人華系タイ人

小タイ族(ไทยน้อย)・シャム人(ไทยสยาม)・中南部タイ人[注釈 1](คนภาคกลาง, คนใต้)は、狭義的にタイ中部タイ南部で原生したタイ族であり、タイ・カダイ語族中央タイ語を話す。大多数は上座部仏教の信者。

1930〜40年代の同化政策の結果、タイ国内の多くの民族が小タイ族の言語と文化に強制同化された。その結果、タイ人という用語は一般的にタイ国内に住む民族を指すようになった。したがって、政治的な「タイ人」には、小タイ族の他にタイ・ユアン族イーサーン族などのタイ族のサブグループのみならず、中国から移民してきた潮州人などのタイ族以外の民族も含まれる。

概要[編集]

メコン川チャオプラヤ川流域に居住している。小タイ族と呼ばれているのは、オーストラロイドの血が少々混じっているとされるクメール人モン族チャンパ人との混血が進んだ結果であり、北部の大タイ族(シャン族)と比較して、肌の色は浅黒く、また背が低いためと言われている。同時に、歴史的な対立や近代以降も行政区画の違いなどにより、大タイ族との違いは少なくない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 華系タイ人と区別する呼び方。
  1. ^ CIA - The World Factbook”. Cia.gov. 2012年8月29日閲覧。 “75% of 67,497,151 (July 2013 est.)”
  2. ^ Elizabeth M. Hoeffel, Sonya Rastogi, Myoung Ouk Kim, and Hasan Shahid, "The Asian Population: 2010", 2010 Census Briefs, United States Census Bureau, March 2012, p. 14.
  3. ^ アーカイブされたコピー”. 2004年10月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2004年10月28日閲覧。
  4. ^ 內政部入出國及移民署全球資訊網 ─ 100年12月
  5. ^ Nop Nai Samrong (2014年1月8日). “SIAMESE MALAYSIANS: They are part of our society”. New Straits Times. 2015年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月10日閲覧。
  6. ^ http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001074828
  7. ^ [1] 財団法人自治体国際化協会
  8. ^ アーカイブされたコピー”. 2006年1月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年1月3日閲覧。
  9. ^ アーカイブされたコピー”. 2007年6月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年12月24日閲覧。
  10. ^ http://www12.statcan.ca/census-recensement/2006/dp-pd/hlt/97-562/pages/page.cfm?Lang=E&Geo=PR&Code=01&Data=Count&Table=2&StartRec=1&Sort=3&Display=All&CSDFilter=5000
  11. ^ http://www.statistikbanken.dk/statbank5a/default.asp?w=1024