ベン・バーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベン・バーンズ
Ben Barnes
Ben Barnes
2008年6月
本名 Benjamin Thomas Barnes
生年月日 1981年8月20日(32歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
身長 183cm
職業 俳優
活動期間 2006年 -
主な作品
ナルニア国物語』 シリーズ

ベンジャミン・トーマス・バーンズBenjamin Thomas Barnes, 1981年8月20日 - )は、イギリス俳優

来歴[編集]

生い立ち[編集]

イングランドロンドン出身。父トーマスは精神医学教授[1][2]、母トリシア(ユダヤ系南アフリカ人)はセラピスト[3][4]。弟(ジャック)がいる。私立男子校卒業後、キングストン大学で演劇と英文学を専攻し、2004年に卒業した。

歌唱力があるほか、ドラムとピアノ演奏ができる[5]

キャリア[編集]

1997年~2003年にかけてナショナル・ユース・シアターに在籍。15歳のときミュージカル『Bugsy Maloneダウンタウン物語)』で、ドラマーとしてプロ初舞台を踏んだ。

2006年からテレビ出演するようになり、2007年公開の『スターダスト』で青年時代のダンスタン役で映画デビュー。翌年の映画『ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛』でカスピアン王子を演じ、国際的に知られるようになった。同年公開のロマンティックコメディ『Easy Virtue』では、ジェシカ・ビールコリン・ファースと共演。また、この作品で劇中歌や挿入歌を数曲歌っている。

2009年には、オスカー・ワイルドの小説『ドリアン・グレイの肖像』の3度目の映画化作品『ドリアン・グレイ』で美貌の主人公ドリアンを演じた。

エピソード&トリビア[編集]

  • 2004年、友人に誘われ4人組音楽グループHyriseに参加し、"LeadingMeOn"という楽曲でユーロビジョン・ソング・コンテストのイギリス代表決定戦に出場。結果はJamesFoxに破れ、2位だった[6][7]
  • 映画『ドリアン・グレイ』で使用された自身の肖像画を母親に贈るため、買い取ろうとしたが購入できず(非売品だった)、現在肖像画は記念館に展示されている[5]
  • 北米で絶大な人気を誇る映画『トワイライト』シリーズの主人公エドワード・カレン役の最終候補者4名のうちの一人だった[5]

主な出演作品[編集]

映画
題名 役名 備考
2007
スターダスト
Stardust
青年時代のダンスタン
2008
Bigga than Ben ソバッカ
ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛
The Chronicles of Narnia: Prince Caspian
カスピアン王子
Easy Virtue ジョン・ウィテカー
2009
ドリアン・グレイ
Dorian Gray
ドリアン・グレイ
2010
Locked In ジョッシュ
ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島
The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader
カスピアン王(10世)
2011
Killing Bono ニール・マコーミック
2012
ザ・ワーズ 盗まれた人生
The Words
名のない青年
2013
グリフィン家のウエディングノート
The Big Wedding
アレハンドロ・グリフィン
The Seventh Son トム・ウォード 撮影中
テレビドラマ
題名 役名 備考
2006
Split Decision クリス・ウィルバー テレビ映画
Doctors クレイグ・アンウィン ゲスト出演 Episode: "Facing Up"
舞台
題名 役名 備考
2006
The History Boys スチュアート・デーキン
2010-2011
BirdSong スティーブン・レイズフォード

参照[編集]

  1. ^ Rollings, Grant (2008年6月30日). “Ben's a prince among men”. The Sun (London). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/showbiz/film/article1359917.ece 
  2. ^ Stated on The Tonight Show with Jay Leno, 13 May 2008
  3. ^ Ben Barnes: gerne on Tour”. Fan Lexikon (2008年7月30日). 2012年5月30日閲覧。 “sagte der 26-Jährige: "Ich würde mir noch gern mehr von Neuseeland anschauen. Oder ins Geburtsland meiner Mutter reisen... nach Südafrika..." ("said the 26-year-old: "I would like to see more of New Zealand. Or travel to the birthplace of my mother... South Africa...")”
  4. ^ Hay, Carla (2011年11月13日). “Ben Barnes opens up about his musician mindset and working with legendary actors”. u2360gradi. 2012年5月30日閲覧。 “"My mum was raised Jewish, my dad is very scientifically minded..." ("Mia madre è stata sollevata ebreo, mio ​​padre è molto mentalità scientifica...")”
  5. ^ a b c "Biography for BenBarnes" IMDb
  6. ^ Eurovision Song Contest 2004 (UnitedKingdom)
  7. ^ en:CosmoGIRL! magazine. June/July 2008.

外部リンク[編集]