夜を往け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夜を往け
中島みゆきスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル AARD-VARK
ポニーキャニオン
プロデュース 瀬尾一三・中島みゆき
チャート最高順位
中島みゆき 年表
回帰熱
1989年
夜を往け
(1990年)
歌でしか言えない
1991年
『夜を往け』収録のシングル
  1. あした
    (シングル・ヴァージョン)」

    リリース: 1989年3月15日
  2. with
    リリース: 1990年8月21日
テンプレートを表示

夜を往け』(よるをゆけ)は、1990年6月13日に発表された中島みゆきの18作目のオリジナルアルバムである。

解説[編集]

前作『回帰熱』がセルフカバーアルバムだったため、オリジナル楽曲をメインとしたアルバムは1988年に発売された『グッバイガール』以来1年7ヶ月振りとなる。

このアルバムに収録の「あした」は特に表記は無いがシングルとは別音源になっている。同年のコンサートツアーのタイトルにもなっている。

尚、2013年、Tom Bakerにより新たにデジタルリマスタリングされたCDがクリスタルディスクにて発売された(規格品番:YMPCD-10027)。

収録曲[編集]

  1. 夜を往け
  2. ふたつの炎
    • この曲もPVが存在している(発売時ショップ用に作られたPV集(120分、半分は映像版・曲つきディスコグラフィ)に収録されている。公式に発表されたのは数回のTV放映以外にはこの未発売の商品のみ)。
  3. 3分後に捨ててもいい
    • カップラーメンの蓋の歌といわれている。
  4. あした
    • KDD(現KDDI)のCMソング。
  5. 新曾根崎心中
  6. 君の昔を
  7. 遠雷
  8. ふたりは
  9. 北の国の習い
    • 中島いわく、北海道観光案内ソングで「冬に北海道に来る人は雪に気をつけてください」という親切な歌詞だという[3]
  10. with
    • 北の国の習いからクロスフェイドして始まる。
    • 映画『息子』(山田洋次監督)イメージソングとして、後にシングルカットされた。

演奏者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『結城昌治サスペンス』1990年9月3日 - 9月24日放送。
  2. ^ 『現代推理サスペンス』1990年10月1日 - 1991年3月25日放送。
  3. ^ FM STATION』1990年6月11日号