つめたい別れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つめたい別れ
中島みゆき with スティービー・ワンダーシングル
初出アルバム『miss M. (#2)』
B面 ショウ・タイム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル キャニオン・レコード
AARD-VARK
作詞・作曲 中島みゆき
チャート最高順位
中島みゆき with スティービー・ワンダー シングル 年表
- つめたい別れ
(1985年)
-
中島みゆき 年表
孤独の肖像
1985年
つめたい別れ
(1985年)
あたいの夏休み
1986年
テンプレートを表示

つめたい別れ」(つめたいわかれ)は、1985年12月21日に発売された中島みゆきの17作目のシングル

解説[編集]

中島みゆき with スティービー・ワンダー名義で、中島みゆき唯一の12インチシングルからリリースされた。

オリジナルのレーベルは当該シングル曲用のレーベルが流用されたため、B面にもMiyuki with Stevie Wonderと書かれている[1]

「つめたい別れ」はスティービー・ワンダーがハーモニカの演奏を行っている作品で、オリジナルアルバムには収録されておらず、ベストアルバム『Singles』でアルバム初収録となった。

「ショウ・タイム」はアルバム『miss M.』からシングルカットされた作品である。

コーラス・ガールやるの初めて」と当時のラジオ番組で宣っていたが、1980年に発売された山崎ハコのアルバム『歩いて』でコーラス・ワークに石黒ケイと共に中島の名前がクレジットされている。

収録曲[編集]

  1. つめたい別れ
  2. ショウ・タイム

つめたい別れの演奏者[編集]

収録アルバム[編集]

その他[編集]

カナダで発売されたベスト・アルバム『COLD FAREWELL』[isba,IS[4] 2008] [2]では1番カット、2番の歌い出しからリフ終わりの歌い終わりの部分まででフェードアウトされており、3:40である。スティーヴィーのラスト・ソロは完全カットされているエディットが使われている。

脚注[編集]

  1. ^ 「ショウ・タイム」はスティーヴィーは不参加
  2. ^ miss M.名義。これはカナダのレコード会社が、「ミユキ・ナカジマという東洋的な名前にこだわる必要のない作品だ」という意向によるもの。(1986年12月5日朝日新聞のインタビューより)

関連項目[編集]