あ・り・が・と・う

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あ・り・が・と・う
中島みゆきスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル AARD-VARK
キャニオン・レコード
プロデュース 川上源一
チャート最高順位
  • 週間6位(オリコン
  • 1978年度年間26位(オリコン)
中島みゆき 年表
みんな去ってしまった
1976年
あ・り・が・と・う
1977年
愛していると云ってくれ
1978年
『あ・り・が・と・う』収録のシングル
  1. 「ホームにて(「わかれうた」B面)」
    リリース: 1977年9月10日
テンプレートを表示

あ・り・が・と・う』は、1977年6月25日に発表された、中島みゆきの3作目のオリジナルアルバムである。

解説[編集]

中島みゆき曰く、「初めてアレンジャーとの共同作業のもとに制作したアルバム」である。

オリコンアルバムチャートでは最高6位を記録し、中島のオリジナルアルバムで初めて最高10位以内を獲得した。また、本作品から1996年にリリースされた24thアルバム『パラダイス・カフェ』まで、中島のオリジナルアルバムが同チャートで22作連続で最高10位以内を獲得した。

1986年にポニーキャニオン(*当時はキャニオンレコード)よりCD化されており、現行盤のCDは2001年ヤマハ・ミュージック・コミュニケーションズから再発売されたものである(デジタルリマスタリングは施されていない)。

2010年、Tom Baker at Precision Mastering (Los Angeles) により新たにデジタルリマスタリングされたCDがクリスタルディスクにて発売された(規格品番:YMPCD-10011)。

尚、デジタルリマスタリングされたCDは2012年10月25日より8枚組のBOXセット『中島みゆきBOX 私の声が聞こえますか〜臨月』にて通信販売限定にて発売された。

収録曲[編集]

  • 全作詞/作曲: 中島みゆき、編曲は各曲の()内を参照。
  1. 遍路(編曲:吉野金次
  2. 店の名はライフ(編曲:吉野金次・福井峻
    モデルは、かつて北海道大学正門前にあった喫茶「ライフ」で、後に漫画喫茶「ニューライフ」と改名したが、1992年に取り壊された。歌詞中に「自転車屋のとなり」とあるが、実際に「ライフ」の隣に自転車屋が実在した。
  3. まつりばやし(編曲:福井峻)
    亡き父を思い出し、作った曲とも言われている。2005年ジャズピアニスト山中千尋がアルバム『Outside by the Swing』で「Happy-Go-Lucky Local」 とのセットとしてカバーしている。
  4. 女なんてものに(編曲:吉野金次・福井峻)
    吉行淳之介との対談に触発されて制作した曲と云われている。
  5. 朝焼け(編曲:吉野金次・福井峻)
    翌年に桜田淳子がアルバム『20才になれば』で、1979年に夏木マリが、1982年に古手川祐子がカバーした。
  6. ホームにて(編曲:福井峻)
    後にシングル「わかれうた」のB面としてリカットされる。
  7. 勝手にしやがれ(編曲:吉野金次)
    後に研ナオコがアルバム『かもめのように』でカバー。研ナオコ版とでは一部、歌詞が異なる。
  8. サーチライト(編曲:吉野金次・福井峻)
  9. 時は流れて(編曲:吉野金次)
    発売前に東京大学の学園祭で初披露された。

演奏者[編集]

  • 中島みゆき - Vocals
  • 坂本龍一 - Keyboard
  • 吉田建 - Bass
  • 杉本喜代志 - Guitar
  • 小松崎政雄 - Drums