10 WINGS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
10 WINGS
中島みゆきスタジオ・アルバム
リリース
録音 Burnish Stone, Epicurus and ARC GARRET(Tokyo)
CAPITOL STUDIOS, SONY SCORING STAGE, One On One RECORDING and THE ENTERPRISE(Los Angeles)
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
AARD-VARK
プロデュース 瀬尾一三
中島みゆき
チャート最高順位
  • 週間8位(CD、オリコン
  • 週間20位(APO、オリコン)
中島みゆき アルバム 年表
LOVE OR NOTHING
1994年
10 WINGS
1995年
大吟醸
1996年
テンプレートを表示

10 WINGS』(テン ウィングス)は、1995年10月20日にリリースされた、中島みゆきの23作目のオリジナルアルバム

解説[編集]

1989年から毎年12月、東京・渋谷のbunkamuraシアターコクーンで上演されていた実験的音楽劇『夜会』のために書き下ろしたオリジナル作品10曲を、新たに再録音して発表したセルフカバー・アルバムである。発売当時のインタビューで中島は「歌を自由にしてあげようとはじめた夜会だが、オリジナル曲は物語の場面に閉じ込められてしまった。それらを一曲の楽曲としても(翼で羽ばたくように)自由に聴いてほしかった」とコメントしていた。

このアルバムが発表された1995年に上演された『夜会 Vol.7 2/2』以降は、(再演と「二隻の舟」を除けば)全ての演奏曲が書き下ろし作品となり、中島はより舞台への活動に傾倒するようになる。そういった一連の活動の中で生まれた作品をまとめた、このアルバムの続編的作品『日-WINGS』『月-WINGS』なども後年には制作された。CD、APO-CD、カセットテープの3種類の形態で発売された。なお、本作をもって、オリジナル・アルバムのカセットテープによる販売が終了した。現行盤のCDは2001年ヤマハミュージックコミュニケーションズから発売されたものである。

このアルバムから、楽曲に英語タイトルが付くようになった。

収録曲[編集]

  1. 二隻の舟 (Two Boats)
    • 1989年の初演の際から歌われ続けてきた『夜会』のテーマ曲。2000年に上演された『夜会Vol.11 ウィンター・ガーデン』と2002年の『ウインター・ガーデン(再演)』以外の全ての舞台で歌われている。1992年のアルバム『EAST ASIA』の中ですでにとりあげられていたが、新たにこのアルバムの中でもリメイクされた。1998年のベストアルバム『大銀幕』に収録されている「二隻の舟」は、このアルバムのバージョンである。
  2. 思い出させてあげる (Make You Remember)
    • 1994年上演『夜会Vol.6 シャングリラ』の中で発表されたオリジナル曲。1998年のコンサートツアーでも歌われた。
  3. 泣かないでアマテラス (Don't Cry, Amaterasu)
  4. Maybe
    • 1990年上演の『夜会1990』の中で披露された作品。翌年発表のオリジナルアルバム『歌でしか言えない』の中にほぼ同じアレンジで再録音・発表され、1992年には「誕生/Maybe」としてシングルカットされた。このアルバムで収録されているものは、『歌でしか言えない』やシングルのものとはアレンジが異なっている。
  5. ふたりは (Two Of Us)
    編曲:David Campbell
  6. Diamond Cage
    編曲:浦田恵司, 瀬尾一三
    • 1992年上演の『夜会Vol.4 金環蝕』の中で歌われた作品。夜会では最後に歌われていた一連の歌詞がこのCDでは歌われていない。
  7. I Love Him
    • 1991年上演の『夜会Vol.3 KAN(邯鄲)TAN』の中で歌われた作品。
  8. 子守歌 (Cradle Song)
    • 1994年上演『夜会Vol.6 シャングリラ』の中で発表されたオリジナル曲。
  9. 生きてゆくおまえ (You Who Will Stay To Live Forever)
    編曲:David Campbell
    • 1994年上演『夜会Vol.6 シャングリラ』の中で発表されたオリジナル曲。
  10. 人待ち歌 (Songs Of Waiting For Someone)
    • 1993年上演『夜会Vol.5 花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせし間に』の中で歌われていた曲。

演奏者[編集]

二隻の舟

思い出させてあげる

  • Drums Programming:浦田恵司
  • Drums:青山純
  • Stick & E.Bass:美久月千晴
  • E.Guitars:今剛
  • A.Piano & Keyboards:中西康晴
  • Programming:浦田恵司
  • E.Violin Solo:篠崎正嗣
  • Recording Engineer:Tad 後藤
  • Additional Engineer:山田千鶴
  • Mixing Engineer:Tad 後藤

泣かないでアマテラス

  • Drums:青山純
  • E.Bass:美久月千晴
  • E.Guitar & Solo:今剛
  • A.Piano & Keyboards:中西康晴
  • Programming:浦田恵司
  • Conductor:瀬尾一三
  • Strings:篠崎正嗣グルーブ
  • Recording Engineer:Tad 後藤
  • Mixing Engineer:Tad 後藤

Maybe

  • Drums, Percussion & Bass Programming:浦田恵司・中西康晴
  • Drums:Curt Bisquera
  • E.Bass:Bob Glaub
  • E.Guitars:今剛
  • A.Piano & Keyboard:中西康晴・小林信吾
  • Programming:浦田恵司
  • Alto Sax Solo:古村敏比古
  • Background Vocals:Julia Waters, Maxine Waters, MonaLisa Young, Carmen Twillie, Billie Barnum, Luther Waters, Oren Waters, Terry Wood
  • Recording Engineer:Marc De Sisto
  • Additional Engineer:Tad 後藤・山田千鶴
  • Mixing Engineer:Joe Chicarelli

ふたりは

  • Duet With 世良公則
  • Drums:John Guerin
  • E.Bass:Neil Stubenhaus
  • A.Piano:Jon Gilutin
  • Children Choir:森ノ木児童合唱団
  • Conductor:David Campbell
  • Contractor:Sid Page
  • Recording Engineer:Al Schmitt
  • Additional Engineer:山田千鶴・加藤謙吾
  • Mixing Engineer:Al Schmitt

DIAMOND CAGE

  • Drums, Percussion & Bass Programming:浦田恵司
  • Drums Solo:山木秀夫
  • E.Guitars:今剛
  • Keyboards:浦田恵司
  • Recording Engineer:Tad 後藤
  • Mixing Engineer:Tad 後藤

I love him

  • E.Bass:美久月千晴
  • E.Guitars:今剛
  • Keyboards:中西康晴
  • Programming:浦田恵司
  • Recording Engineer:Tad 後藤
  • Mixing Engineer:Tad 後藤

子守歌

  • Drums:山木秀夫
  • Stick Bass:美久月千晴
  • E.Guitar:今剛
  • Gut Guitar:石川鷹彦
  • Keyboards:重実徹
  • Programming:浦田恵司
  • Tin Whistle:旭孝
  • Recording Engineer:Tad 後藤
  • Additional Engineer:加藤謙吾
  • Mixing Engineer:Joe Chicarelli

生きてゆくおまえ

  • A. Piano:Jon Gilutin
  • Conductor:David Campbell
  • Contractor:Suzie Katayama
  • Concertmaster:Sid Page
  • Recording Engineer:Al Schmitt
  • Mixing Engineer:Al Schmitt

人待ち歌

  • Drums:青山純
  • E.Bass:美久月千晴
  • E.Guitar:今剛
  • A.Piano & Keyboards:中西康晴
  • Programming:浦田恵司
  • Recording Engineer:Tad 後藤
  • Mixing Engineer:Tad 後藤