半保護されたページ

地場衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地場 衛ちば まもる
美少女戦士セーラームーンのキャラクター
登場(最初) 原作・アニメ共に第1話から
作者 武内直子
声優 古谷徹(テレビアニメ)
野島健児(『Crystal』)
俳優 #キャストを参照
プロフィール
愛称 まもちゃん
別名 タキシード仮面
プリンス・エンディミオン
キング・エンディミオン
月影のナイト(テレビアニメ)
性別
種類 地球人
テンプレートを表示

地場 衛(ちば まもる)は、武内直子漫画作品『美少女戦士セーラームーン』および、それを原作とするメディアミックス作品のキャラクター

DICエンターテイメントによる北米版の名前はDarien Shields(ダリアン・シールズ)。

人物

月野うさぎ/セーラームーンの運命の恋人にして、タキシード仮面に変身する青年。短い黒髪と長身の好青年で、瞳の色は深い青[注 1]。原作と『Crystal』では時々眼鏡をかけ、原作ではピアスを付けているイラストもある。テレビアニメでは深緑色のジャケットに黒いハイネックシャツをよく着ている。

地場衛としての一人称は「オレ」だが、タキシード仮面の時は基本的に「私」となる。全てのメディアの第一期前期ではうさぎを「おだんご頭」と呼び、うさぎには「あいつ」「あんた」と呼ばれ、口の悪さでうさぎをからかってばかりいた(テレビアニメではうさぎがいない時などは「うさぎ」と呼び捨てにしている)。うさぎと恋仲になってからは基本的に「まもちゃん」と呼ばれている。また、テレビアニメやミュージカルではセーラームーンからは「タキシード仮面様」と様付けで呼ばれることが多い。

第一期ではうさぎが投げ捨てた赤点のテストを見て以来の腐れ縁で、特にテレビアニメでは顔を合わせる度に口喧嘩をしている。お互いの正体を知って両想いになってからは、優しく面倒見のいい面を見せるようになった(実写ドラマでは第一期のみのストーリーのため、性格はあまり変化しない)。未来の娘・ちびうさの登場後は父性が芽生えるが、うさぎとちびうさのワガママに振り回されることもある。

6歳の誕生日に自動車事故で両親を亡くして記憶喪失となり、両親の遺産でマンションに一人暮らししている。ある時期を境に「幻の銀水晶を、お願い…」と語りかける謎の少女(プリンセス・セレニティ)の夢を見るようになり、気づけばタキシードを着て夢遊病者のように「幻の銀水晶」を探して夜の街を徘徊するようになっていた(実写版では記憶喪失になってすぐにプリンセス・セレニティの夢を見て、タキシード仮面に変身して銀水晶を探している)。「幻の銀水晶」とプリンセス・セレニティが現れた時に前世の記憶を取り戻すが、幼少期の頃の記憶までも思い出したかどうかは、どのメディアでも明確に明かされることは無かった。

ルックスがいいので男女問わずモテる。エンディミオン時代はセレニティとクイン・ベリル、キング時代では冥王せつな(原作・『Crystal』・ミュージカル)に想われ、衛時代はうさぎのほか、原作ではデッド・ムーンの首領ネヘレニア、テレビアニメでは火野レイ/セーラーマーズ、『SuperS』に登場する友人の沙織、さらには敵である『R』登場の銀河夏美/アンや『劇場版R』登場のフィオレ(男性であるため水野亜美に「男の人からもモテるのね」と評された)、『SuperS』登場のデッド・ムーンの幹部フィッシュ・アイにも好意を寄せられた。実写版では、幼馴染の日下陽菜と中盤まで婚約していた。

原作者・武内直子によると、キャラクター考案にあたっては東山紀之をイメージしたとのこと。また、タキシード仮面は『まじっく快斗』及び『名探偵コナン』に登場する怪盗キッド(黒羽快斗)をモデルにしたキャラクターである[1]。原作ではタキシード仮面の初登場時、うさぎから「まるで怪盗ルパンみたい」と呟くシーンがある。

前世・未来

前世は地球国の王子プリンス・エンディミオンで、「月と地球の人間は通じてはならない」という掟を破り、の王国『シルバー・ミレニアム』の王女、プリンセス・セレニティ(月野うさぎの前世)と禁断の恋に落ち、その仲を妬んでダーク・キングダムの首領クイン・メタリアに操られたベリル(クイン・ベリル)の扇動で地球国が月に侵攻した際、セレニティを庇って命を落とす。テレビアニメでは、クイン・メタリアの攻撃でセレニティと命を落とした。その後クイーン・セレニティの「幻の銀水晶」の力で、現在の「地場衛」として生まれ変わった。

ダーク・キングダム四天王は本来部下であるが、テレビアニメでこの設定は触れられない(ゲーム版ではこの設定を使用したストーリーが展開されている)。

テレビアニメではプリンセス・セレニティに「星のオルゴール」を贈られており、『アニメイトカセットコレクション3』では、地球国が滅びる数年前にプリンセス・セレニティとの密会を糾弾され、魔の穴「安らぎの井戸」の試練を与えられた時、うさぎの『幻の銀水晶』に呼び寄せられて20世紀にタイムスリップした。

原作第四期によると王国の名前は『ゴールデン・キングダム』で、守護星が地球太陽らしい。

30世紀の未来ではクリスタル・トーキョーのであるキング・エンディミオンとなり、ネオ・クイーン・セレニティ(月野うさぎの未来の姿)との間に娘のスモール・レディ(ちびうさ)が誕生している。原作・『Crystal』では幻の銀水晶の影響で不老長寿になっているが、テレビアニメでは大変動の影響で千年の眠りから目覚めたという設定である。

プロフィール

経歴

原作・『Crystal』版

初登場時は「私立元麻布高校」の2年生で、原作第四期で「KO大学」医学部に進学、第五期で「ハーバード大学」に留学する。最終決戦におけるセーラームーンのパートナーであり、衛との愛が彼女の力の源とされている。うさぎと恋仲になってからは第二期では「うさこ」、第三期以降は「うさ」と呼び始める。

生まれつき透視ヒーリングチャネリングといったサイコメトリー超能力)を持ち、高校ではスポーツ万能で学内での成績も優秀な為、浅沼一等を始めとする後輩たちの憧れの存在である。高校へはバスで通学している。キザな台詞が特技のクールな伊達男だが、うさぎには嫉妬深く涙もろい面もある。強くなっていくうさぎを見て「自分は足手まといではないか」と焦っている。

初登場時は宝石専門の怪盗タキシード仮面に変装して「幻の銀水晶」を探しており、宝石店の「OSA-PI」を下見に来た時にうさぎと出会った。第一期で身につけていたムーンフェイズ懐中時計をうさぎに贈り、その時計がうさぎたちの前世の記憶を呼び覚ますアイテムとなる。

第一期後半で敵の攻撃からセーラームーンを庇って倒れ、前世の記憶が蘇ったセーラームーンがプリンセスに覚醒するが、ダーク・キングダムに拉致される。洗脳によってクイン・ベリルの配下のエンディミオンにされてしまい、古幡元基の親友である遠藤を殺害(『Crystal』では暗示で記憶を改変)して遠藤に成り替わり、元基や木野まことを暗示で操り、司令室に侵入して「幻の銀水晶」を奪おうとした。セーラー戦士との戦いの末、最終的にセーラームーンに心中されかけたが、宝石となった四天王のおかげで一命を取り留めた。「幻の銀水晶」の力で正気を取り戻すが、一時的に失明する(『Crystal』では失明しない)。四天王の幻影に聞いたクイン・メタリアの急所をセーラームーンに教え、セーラームーンと共にクイン・メタリアを倒した。その後、力を使い果たして倒れたうさぎをキスで目覚めさせ、ヒーリング能力で損壊した地球を癒やし、前世からの想いが叶ってうさぎと結ばれた。

第二期では突然現れたちびうさに翻弄されるが、ブラック・ムーン一族に怯えていたちびうさにタキシード仮面人形をあげて「セーラームーンは無敵だよ」と励ました。後輩の浅沼一等に超能力を目撃されて以来、正体を怪しまれていた。「あやかしの四姉妹」との戦いではセーラームーンとの愛の力でセーラームーンの武器「ムーンロッド」を作り出した。未来の自分であるキング・エンディミオンのサポートで、サイコメトリーを応用した必殺技「タキシード・ラ・スモーキングボンバー」が使えるようになり、キング・エンディミオンにちびうさが自分とうさぎの娘であることを明かされ、戦闘ができないセーラームーンの代わりに戦った。時空の狭間で行方不明になったちびうさを探して、ブラックレディとなったちびうさに洗脳されてしまうが、ちびうさがセーラーちびムーンに覚醒して正気に戻り、ムーンロッドの力でブラック・ムーン一族の幹部プリンス・デマンドを倒した。最終決戦ではセーラー戦士と協力して黒幕のデス・ファントムを倒すことに成功する。

第四期では一心同体の関係にある聖地エリュシオンの祭祀・エリオスが登場し、デッド・ムーンの首領ネヘレニアに黒バラの呪いを受けて二人とも倒れてしまう。また、うさぎの「幻の銀水晶」に匹敵する地球国の守護石「ゴールデン・クリスタル」を持つことが明かされ、聖杯を失ったセーラームーンとちびムーン、他のセーラー戦士をパワーアップさせる。四期終盤では、エリオスをペガサスの姿で召喚している。

第五期では冒頭でアメリカのハーバード大学への留学が決まり、日本を去る直前にうさぎに指輪を渡すが、直後にシャドウ・ギャラクティカの首領セーラーギャラクシアによってゴールデン・クリスタルを抜かれ、消滅する。その後は「ギャラクティカ・パレス」にてギャラクシアの傀儡として蘇りセーラームーンと戦うが、ギャラクシアにコルドロンの海へと投げ込まれて完全に消滅する。その後コルドロンから再生し、数年後にうさぎと結婚式を挙げた。エピローグでセーラームーンに「きみはきっと永遠に不滅だ」と独白し、結婚式でうさぎがちびうさを懐妊したと思われる描写がある。

テレビアニメ版

初登場時は「東西大学」[3]の1年生で、遺伝子工学専攻[4]。『スターズ』でハーバード大学に留学する。『無印』ではうさぎを「おだんご頭」「たんこぶ頭」とからかっていたが、それ以外は「うさぎ」と呼んでいる。恋人同士になって日が経つと「うさこ」と呼ぶようになる(『R』ブラック・ムーン編以降)。愛車はアルファロメオ・SZBimota Tesi 1D[注 2]

古幡元基は同じ大学に通う親友。シャイで落ち着いた雰囲気だが、家族がいない寂しさを抱えている。懐に入れて携帯する赤いバラには愛をこめたエナジーが詰まっている。『劇場版R』では少年時代に妊娠中の育子を見舞いに来たうさぎにバラをもらっている。御曹司にも関わらずアルバイトでうさぎとのデート代を稼いでおり、年齢差を気にして公衆の面前ではスキンシップを避けている。中学生組とちびうさの保護者代わりで、作戦のためにうさぎ・ちびうさ・亜美・レイ・まこと・美奈子に焼肉をおごらされ、タキシード仮面の姿で「私のバイト代を無駄にするな」と言ったこともあった。

『無印』前半ではレイに告白されて彼氏になるが、微妙にうさぎを気にしていた。虹水晶編ではセーラー戦士とライバルになり、『星空のオルゴール』を落としてセーラームーンに拾われた。後半では四天王のゾイサイトに正体を知られて罠にはまり、心配してついてきたうさぎと正体を明かし合うが、ゾイサイトの攻撃からセーラームーンを庇って倒れ、プリンセスに覚醒した彼女と同時に前世の記憶を取り戻す(この時、衛がうさぎに惹かれていると知ったレイと事実上破局した)。クイン・ベリルの命令でクンツァイトにさらわれ、ダーク・キングダム最高司令官ダーク・エンディミオンにされてしまうが、卑怯な作戦を好まない騎士道精神からセーラームーンを何度か助けている。銀水晶の力で正気を取り戻すがベリルに再び操られ、暗黒のエナジーを注がれてセーラームーンを殺そうとしたが「星空のオルゴール」の力で意識を取り戻した。セーラームーンを襲ったベリルと相打ちに近い形で倒れ、「普通の女の子に戻ってかっこいい彼氏を見つけろ」と言い残す。セーラームーンの「幻の銀水晶」への願いで、ダーク・キングダムとの戦いの記憶を失い転生した。

『R』魔界樹編ではうさぎと腐れ縁だったが、記憶を取り戻したうさぎに告白され、銀河夏美にも好かれて困惑する。うさぎを相手にしないものの、うさぎにアタックする銀河星十郎を複雑に思っていた。タキシード仮面に変身しない代わりに、「うさぎを守りたい」という想いが分裂した「月影の騎士」がセーラー戦士を助けた。魔界樹編終盤で月影の騎士と合体してうさぎと結ばれ、再びタキシード仮面に変身できるようになる。

『R』ブラック・ムーン編では「衛と結ばれるとうさぎが不幸になる」という悪夢を見てうさぎと別れる。諦められないうさぎを避け続けるが、セーラームーンのピンチには必ず助けに現れている。うさぎは憔悴していくが[注 3]、同じ悪夢を見られたため、真実を打ち明け復縁した。実はこの悪夢は、未来の自分であるキング・エンディミオンが二人の絆を確かめるために見せたものだった。その後、ブラック・ムーン一族の幹部プリンス・デマンドにさらわれたうさぎを救出し、キング・エンディミオンにちびうさの正体がうさぎとの娘だと聞かされる。最終決戦でセーラームーンと共にブラック・レディをちびうさに戻し、セーラー戦士と協力してデス・ファントムを倒した。

劇場版『R』では少年時代の親友・フィオレと再会し、うさぎとの仲を受け入れられないフィオレにさらわれる。バラを投げてフィオレからセーラームーンを助け出し、小惑星の衝突から地球を守ろうとするセーラームーンを支えた。力尽きたセーラームーンに、フィオレに差し出されたエナジーの花の蜜を飲ませる。入院中、妊娠中の母の見舞いに来たうさぎにバラをもらい、フィオレに渡していた過去が明かされた。

『S』ではうさぎの誕生日を知らずに怒らせてしまい、レイの協力でガラスの靴をプレゼントするが、ガラスの靴の正体はダイモーンだった。バラ攻撃でハイパーテルルンからセーラー戦士を救ったがデス・バスターズの幹部テルルを死なせてしまう。セーラームーンに協力して土萌ほたるを助け、最終決戦ではデス・バスターズの幹部ミストレス9に「ピュアな心」を抜かれて仮死状態のちびうさにエナジーを与え、ほたるが変身したセーラーサターンに出会う。

『SuperS』ではデッド・ムーンの幹部のタイガーズ・アイに「女ったらしのような恰好」と言われてから度々衝突している。高校時代からの同級生・沙織(声 - 小林優子)と後輩の小林(声 - 高木渉)が登場し、衛に想いを寄せている沙織はうさぎとの仲を不思議がるが、衛を命がけで庇ったセーラームーンの正体を知って身を引く。人間の少女に変身したデッド・ムーンの幹部フィッシュ・アイの想いを拒絶し、うさぎを愛する理由を聞かれて「夢をいっぱい持っているから」と答え、夢を持たないフィッシュ・アイを絶望させてしまう。夢の中で聖地エリュシオンとエリオスに出会い、ネヘレニアの呪いで黒く染まったバラの中に一輪の赤いバラを見つけてエリオスを励ます。

『スターズ』ではネヘレニアの夢の鏡の破片が目に入ってしまい、ネヘレニアにさらわれた上に魔術で心を支配される。愛の力に目覚めたセーラームーンの力で正気を取り戻し、セーラー戦士と協力してネヘレニアを悪夢から解放する。その後ハーバード大学への留学に出発し、飛行機の中でシャドウ・ギャラクティカの首領ギャラクシアの襲撃に遭い、スターシード[5]を抜かれて消滅してしまう。うさぎは衛の死を知らず、終盤でギャラクシアの口から告げられるまで、衛はアメリカに滞在していると思っていた。希望の光を取り戻したギャラクシアによって、消滅した他の戦士たちと共に復活し、うさぎと再会する。いつも通りうさぎとデートし、どれくらいうさぎが好きか聞かれて「一緒にいると元気になるくらい」と答える場面で物語は終了する。

実写版

初登場時は高校3年生だが、学校名は不明。テレビアニメ同様、同じ学校の古幡元基とは親友。クールで責任感の強い性格で、うさぎに自分がタキシード仮面になった嘘の理由を教えてからかったこともある。うさぎと付き合い始めてからも「うさぎ」と呼び捨てにしており、うさぎからは「衛」と呼ばれている。

幼馴染であり婚約者の日下陽菜の実家・日下家の援助で生活し、バイクを愛車にしている。高校卒業と同時に陽菜とロンドン留学しようとするなど、原作・アニメとも異なるオリジナルの設定が追加されている。

四天王を人質にされて自らクイン・ベリルの配下に下り、洗脳されることはなかったが、うさぎを想うたびにエナジーを吸い取られる石を胸に埋め込まれてしまう。石にほとんどのエナジーを吸い取られた時、クイン・ベリルに「もう二度とうさぎと会わない代わりに最後に一度だけ会わせてほしい、その間だけ石の効力を止めてほしい」と懇願。うさぎと最後のデートをして互いに愛を信じ合うことを約束し、クイン・メタリアの正体がプリンセス・セレニティから転生したうさぎの負の心だと告げる。

再びベリルの下に戻った後で暴走を始めたメタリアを体内に取り込み、メタリアを抑えきれずに自害しようとするが、体を乗っ取られて「メタリア・エンディミオン」になってしまい、ベリルの分身である黒木ミオを倒してセーラームーンと戦い、「自分を殺せ」という衛の幻影を見たセーラームーンに倒された。しかし、セーラームーンの悲しみで目覚めたプリンセス・セーラームーン(セレニティの人格)が地球を滅ぼしてしまう。

衛の助言により、うさぎは「幻の銀水晶」で地球を再生させて命を失うが、プリンセス・セーラームーンに助けられる。衛も四天王から吸い取られたエナジーを返されて蘇生し、うさぎと結ばれた。

SpecialAct.では復活したミオに洗脳された四天王を救出し、ラストで四天王たちに見届けられながら、うさぎと結婚式を挙げた。

ミュージカル版

平光琢也脚本の作品には、前世のエンディミオンとクイン・ベリルが国の事情で婚約していたという設定が登場する。

バンダイ制作版のミュージカルは基本的にテレビアニメ版を踏襲しているが、タキシード・ラ・スモーキングボンバーやゴールデン・クリスタルなどの原作設定の一部も使われている。反対にネルケ制作版のミュージカルは、基本的に原作版を踏襲している。

『愛の戦士への道』ではデス・バスターズのデス・マネッチャーズが変装した偽タキシード仮面が大勢登場し、その内の一人にうさぎに貰ったミサンガを着せ、デス・マネッチャーズに紛れてアジトに潜入した。

『夢戦士〜愛・永遠に〜』の通常版ではデッド・ムーンに操られていたほたるを救い、セーラームーンに30世紀での再会を約束して死に完結する。改訂版ではセーラーサターンに蘇生され、観客の子供たちの声援とゴールデン・クリスタルの力でセーラームーンをエターナルセーラームーンにパワーアップさせた。

『セーラースターズ』ではアメリカからうさぎに手紙を送るが、実はシャドウ・ギャラクティカの一員・MCフライに変装してアジトに潜入していた。ちびうさとほたるが飛ばされた江戸時代にそっくりさんが登場し、通常版ではバカ殿風の麻布城の城主であり、うさぎにそっくりな魚屋の少年一心うさの助と禁断の恋に落ちる。改訂版はバラの入れ墨を入れた遊び人のキンさんに変装する奉行であり、最終的に鼠小僧うさ吉と結ばれた。

『永遠伝説』の通常版ではキング・エンディミオンが洗脳されてクイン・ベリルの配下になるが、ギャラクシアがタキシード仮面を殺したために消滅し、ギャラクシアの傀儡のタキシード仮面にすり替えられ、事実を知ったベリルを抹殺してセーラームーンに倒された。改訂版では、テレビアニメ版同様冒頭でギャラクシアにスターシードを抜かれて消滅した後、傀儡として復活して十番高校の体育教師に変装し、レイを殺人犯に仕立て上げた。通常版と同じ流れでクイン・ベリルを抹殺し、さらにセーラームーンの力を奪おうとしたが、セーラームーンのキスで意思を取り戻して消滅する。

『新・伝説光臨』もギャラクシアにスターシードを取られて傀儡にされるのは『永遠伝説』と同じだが、消えた未来のキング・エンディミオンもギャラクシアの傀儡になり、十番高校の体育教師に変装した。

『かぐや島伝説』ではうさぎたちとかぐや島の宝探しツアーに行くが、うますぎる話に敵の罠ではないかと怪しんでいた。また、30世紀からキング・エンディミオンが「スペースナイト」という姿で助っ人に現れている。30世紀のキングの家庭生活が描かれ、家事が苦手な妻の代わりに主夫をやっており、機嫌の悪い妻と反抗期の娘に困っていた。

タキシード仮面

セーラー戦士をサポートする黒装束の青年。第一期では「幻の銀水晶」を探して宝石専門の怪盗をしていた。原作・実写版番外編・『Crystal』ではただ着替えていたが、テレビアニメではフラメンコ調のBGMで変身する。その後原作にも変身するシーンが登場した。

シルクハットタキシード(実際は燕尾服)、マント(表面は黒で裏面が赤)を羽織り、白い仮面を被っている。仮面は原作・実写・『Crystal』では目元が透けているが、テレビアニメでは重要な場面以外は目元が現れている。実写版では『仮面の忍者赤影』のように、仮面に藍色の石が付いている。

テレビアニメと実写では伸縮可能なステッキを武器に使う。原作と『Crystal』ではヒーリングによる回復役だったが、第二期からサイコメトリーを応用した浄化技「タキシード・ラ・スモーキングボンバー」を手に入れた。

テレビアニメではセーラームーンを見守るように現れた衛の別人格で、怪盗ではないが銀水晶を求めて虹水晶を手に入れようとした。衛の意志に関係なく、セーラー戦士のメイクアップに呼応して変身していたが、衛の意識と一体化してからは本人の意思で変身する。テレポート能力があるらしく、風車の弥七さながらに高所から赤いバラを投げるのがセオリー。

プリンス・エンディミオン(実写版ではマスター・エンディミオン)
地場衛の前世の姿。地球の王国「ゴールデン・キングダム」の王子。原作によると地球と太陽を守護星に持つ。紺色の服に鎧と赤いマントを羽織り、帯剣している。
実写版では白い服にエメラルドグリーン色のマントを羽織り、物語終盤のSpecial Actではマスター・エンディミオンとしてこのスタイルになる。
キング・エンディミオン
地場衛の未来の姿。クリスタル・トーキョーの王。ネオ・クイーン・セレニティの夫で、ちびうさの父親。
白い仮面にラベンダー色を基調としたタキシードとマント(『Crystal』では白いタキシードにラベンダー色のマント)が特徴で、シルクハットが無い以外はタキシード仮面の服装と類似している。
ダーク・エンディミオン
テレビアニメ第一期後半に登場。地場衛がクイン・ベリルに洗脳され、ダーク・キングダムの最高司令官となっていた時の姿。普段はプリンス・エンディミオンの姿だが、戦闘時はタキシード仮面に変身し、黒いバラ[注 4]を投げる。
正々堂々とした高潔な性格で、妖魔の卑怯な作戦を嫌ってセーラー戦士に手を貸したことも。終盤ではクイン・メタリアに暗黒のエナジーを注ぎ込まれ、自我を失ってしまう。
月影の騎士(つきかげのナイト)
テレビアニメ第二期『R』の「魔界樹編」に登場。第一期での記憶を失った衛の「うさぎを守りたい」という潜在意識が一人歩きした分身で、セーラー戦士をカーディアンから助けた。
月光仮面に似たアラビア風の白い服とマントを纏い、仮面の代わりに覆面で口元を隠し、白いバラを投げる。また、去り際には5・7・5で一句詠んだ後、「アデュー(adieu)」と呟き去っていく。最後は暴走した魔界樹との戦いで衛と融合・消滅した。
メタリア・エンディミオン
実写版の終盤に登場。星を守るためにクイン・メタリアを体内に取り込もうとして、逆に取り憑かれた姿。
マスター・エンディミオンの服装に似ているが、それとは対照的に黒を基調としている。
スペース・ナイト
バンダイ版ミュージカル『かぐや島伝説』に登場。30世紀のキング・エンディミオンが現代のセーラームーンたちを助けに来た時の姿。
紺色を基調とした服に銀色のマントを身につけており、黒いゴーグル以外はプリンス・エンディミオンと類似している。
備考
エンディミオンは、ギリシア神話で月の女神セレネ(Σελήνη, Selene)に愛され永遠の眠りについた羊飼いの青年エンデュミオーン(Ἐνδυμίων, Endymion)に由来。技「ラ・スモーキング・ボンバー」は服飾史上のタキシードの原型「スモーキングジャケット(喫煙服)」に由来。なお、服飾学的に言えば、彼が着用しているのは、尾のない燕尾服であり「スペンサージャケット」と呼ばれるものでタキシードではない。

アイテム

シルクハット(原作第一期、アニメ、実写ドラマ・ミュージカル全てに登場)
タキシード仮面がつけているシルクハット。原作やミュージカルなどではすぐに取れてしまうことが多く、第二期以降は被っていない。
ステッキ(原作第二期、アニメ、実写ドラマ・ミュージカル全てに登場)
タキシード仮面の武器で、テレビアニメで登場した伸縮可能なステッキ。主に棒術を用いた攻撃や、バトンのように回して敵の攻撃を防御する用途に使うが、ビリヤードキューのように使用することもある。
原作および『Crystal』では第二期のみ登場。伸縮可能かどうかは不明だが、Act15にてセーラームーンが放ったムーン・ティアラ・ブーメランがコーアンの炎によって弾き返された際、セーラームーンを助けるために使用するなど武器として多用している。
赤いバラ(テレビアニメ、ミュージカル)
テレビアニメのタキシード仮面が手裏剣のように使う赤いバラ。セーラームーンへの愛をこめたエナジーから作られている。
浄化作用があり、複数輪を一度に投げると爆発したり、光線に変わって物体を消滅させる描写がある。ダーク・キングダムの幹部だった時は黒いバラ、月影の騎士の時は白いバラを使用している。
原作でも「タキシード仮面人形」(下記)がバラを持っていたり、扉絵のタキシード仮面がバラを持っているイラストが存在し、一部逆輸入されている。
懐中時計(原作第一期・第二期冒頭、『Crystal』・実写ドラマ)
衛が持ち歩くムーンフェイズ懐中時計。金色の六芒星型。
衛がうさぎを抱き上げた時に落ちて壊れ、うさぎにあげた。ハンカチとのトレードを約束するが、実際にトレードしたかは不明(『Crystal』ではメタリア戦後にトレードしている)。
セレニティの復活と同時に時計の針が逆回転し、うさぎ達の前世の記憶を呼び覚ました。うさぎ達が月から帰還して止まったが、うさぎとダーク・キングダムに操られた衛が出会うと再び動き出し、衛を剣で刺して自害しようとしたうさぎの身代わりに大破した。第二期の冒頭で修理されてからは登場しない。第二期ではキング・エンディミオンがこれとよく似た時計を身に着けている(同じものかは不明)。
実写版ではマフラーのお礼にうさぎに渡したもので、原作と色や大きさ、チェーンの長さが異なる。
星空のオルゴール(テレビアニメ第一期)
タキシード仮面が落とした星形のオルゴールロケット。蓋を開けると、光りながら三日月が回転して「ムーンライト伝説」が流れる。
セレニティがエンディミオンに贈った物で、夢野ユメミのお姫様と王子様の絵の中にも登場している。ダーク・キングダムに操られた衛を惹きつけ、元の記憶を呼び覚まさせた。
四天王の宝石(原作第一期以降・『Crystal』・PCエンジン・ANOTHER STORY)
セーラー戦士たちに倒された「ダーク・キングダム」四天王(ジェダイト、ネフライト、ゾイサイト、クンツァイト)が姿を変えた四つの宝石。
第一部後半で衛がベリルの配下になってからは衛の胸に、第二部からは衛の部屋に安置される。普段は衛を見守っており、時折サイコメトリーによる幻影が現れて衛に助言をしている。
PCエンジン版では内部戦士に力を貸したあと石の姿になり、衛に別れを告げてうさぎの銀水晶の力で転生していった。SFCゲーム『ANOTHER STORY』では衛が倒れてうさぎたちに語りかけた。
タキシード仮面人形(原作第二期、『Crystal』・テレビアニメ『R』)
ちびうさをあやす為に衛が手作りした人形。未来に帰るちびうさにプレゼントした。
腕時計型通信機(原作第三期・『Crystal』)
第三期で初登場するが、殆ど使用されなかった。『Crystal』での配色はネイビー。
ゴールデン・クリスタル(原作第四期以降・『Eternal』・ミュージカル)
地球と太陽を司る地場衛の守護石(セーラークリスタル)。太陽のような輝きと「幻の銀水晶」に匹敵する力を持つ。
テレビアニメの所有者はエリオスで、ほぼ肌身離さず頭につけている(ネヘレニア戦の時はムーンに託された)ために、当人にはその力は無い(ただし『スターズ』でのスターシードは金色)。テレビアニメで聖杯を失ったセーラームーンやちびムーン(ブローチのパワーアップ)・内部4戦士達をスーパー化させたのはエリオスである。ミュージカル版『SuperS』では、みんなの力と衛の胸のゴールデン・クリスタルがうさぎをエターナルセーラームーンに変身させた。
バラ水晶(ANOTHER STORY)
SFCゲーム『ANOTHER STORY』に登場。遠い昔、ゴールデンキングダムにあったプリンス・エンディミオンの宝石。赤い薔薇の花の形をしている。

タキシード仮面の技

サイコメトリー(原作第二期以降、テレビアニメ)
衛の超能力。手で触れた物の情報を読み取る。指先からオーラパワーを発して傷を癒したり、傷つけることもできる。念力で物体を移動させることもできる。
原作では第二期で初めて言及されるが、能力自体は第一期中盤、記憶の覚醒前から見られる。記憶の覚醒前の例として、第一期でゾイサイトの攻撃に倒れたうさぎの復活、第二期で浅沼の入試合格を予言する、などが挙げられる。また、四天王の宝石を媒介に、彼らの思念と会話をする。
テレビアニメでは明言こそされないが、能力を持つような描写がある。
タキシード・ラ・スモーキング・ボンバー(原作第二期以降)
キング・エンディミオンにサイコメトリーの力を覚醒させられ、手に入れた必殺技。手の平からエネルギー球を打ち込む。ミュージカル版でも採用されている。
リンク(原作第三期)
聖体と心の結晶を抜き取られたちびうさの体を維持する為に、サイコメトリーの力を使い、自主的に自分とちびうさの体を繋げた。
ピンクシュガー・タキシード・アタック(原作「かぐや姫の恋人」より)
ちびうさの「ピンクシュガー・ハート・アタック」との合体技。ちびムーンと二人でピンク・ムーン・スティックを持って使った。

キャスト

声優
俳優

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 原作のプリンセス・セレニティや海王みちるに地球の色に例えられている。
  2. ^ 劇中ではビモータ・テージ1Dで二人乗りするシーンが見られるが、実際にはTesi 1Dはシングルシーターであり二人乗りには対応していない。
  3. ^ 第69話ではブラック・ムーン一族のドロイド・アクムーダがうさぎを攻撃する際、子供の姿のセーラームーンが遠ざかる衛を永遠に追い続ける悪夢を見せた。
  4. ^ 黒バラには「憎しみ」と「決して滅びることのない愛」という花言葉があり、セレニティへの愛を完全に忘れたわけではないと暗示されている。
  5. ^ 「ダーク・キングダム復活編」の初代クンツァイト役から同公演改訂版で二代目タキシード仮面役に抜擢され、卒業後は「新伝説降臨」「かぐや島伝説」のキング・エンディミオン / スペースナイトと「ラスト・ドラクル」のドラクル伯爵を演じている。
  6. ^ ネルケミュージカルでは冥王せつな / セーラープルートを演じた。
  7. ^ ネルケミュージカルでは紅のルベウスタイガーズ・アイ、大気光 / セーラースターメイカーを演じた。

出典

  1. ^ 『青山剛昌 30周年記念本』三〇〇〇〇字インタビューより。
  2. ^ 『劇場版美少女戦士セーラームーンR メモリアルアルバム』
  3. ^ 『SuperS』147話
  4. ^ 『美少女戦士セーラームーン20周年記念BOOK』
  5. ^ 原作の衛のスターシードであるゴールデン・クリスタルはテレビアニメ『SuperS』では無関係だが、『スターズ』ではゴールデン・クリスタルと似た形状を持つ。これについては『SuperS』で主要スタッフが降板したため、設定のすり合わせが不十分だったものと思われる。