半保護されたページ

天王はるか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天王 はるかてんおう はるか
美少女戦士セーラームーンのキャラクター
登場(最初) Act 24「無限1—予感」
美少女戦士セーラームーンS・第92話「素敵な美少年? 天王はるかの秘密」
作者 武内直子
声優 緒方恵美テレビアニメ
皆川純子『Crystal』シリーズ
俳優 #キャストを参照
プロフィール
別名 セーラーウラヌス
種類 地球人
テンプレートを表示

天王 はるか(てんおう はるか)は、武内直子漫画作品『美少女戦士セーラームーン』および、それを原作とするメディアミックス作品に登場する架空の人物。

DICエンターテイメントによる北米版の海外名はAmara Tenou(アマーラ・テンノウ)。

人物

セーラーウラヌスに変身する天才レーサー。男のようで男ではない、女のようで女ではない人物。テレビアニメでは男装の麗人として登場する。すらっとした長身で、淡い金髪のベリーショートヘア(原作のみ銀髪)、青に近い灰色の目を持つ。原作漫画第三期、テレビアニメ『S』、『Crystal』第三期から登場。

クールでワガママなお坊ちゃんタイプで、風のように気ままで飄々とした性格。スポーツ万能で人当たりもよく女子にモテる。セーラーネプチューンに変身する海王みちるとは「お似合いのカップル」と噂されている[1]

初登場時は私立無限学園の高等部1年生。初登場時からみちると行動を共にし、デス・バスターズの本拠地である無限学園に生徒として潜入していた。テレビアニメでは先に戦士に覚醒したみちると出会うエピソードが登場する[2]。セーラープルートに変身する冥王せつなを加えた外部太陽系三戦士として行動することもある。

高層マンションでみちると同棲している。みちるとの肉体関係を仄めかすなどの同性愛的描写は原作者の武内の提案[3]で、武内の初期案の中ではるかが光、みちるが影と設定されていた[4]幾原邦彦がシリーズディレクターのテレビアニメでは、みちると運命の恋に落ちていく様子が描かれ、うさぎの理想主義を「綺麗ごと」と批判して実存主義を主張するアンチヒーロー的人物として登場した。アメリカ版テレビアニメでは同性愛的な描写を抑えるため、みちるとは従姉妹同士という設定になっている。

原作によるとマンションの家賃は月100万で、「パトロンがいるからお金には困らない」とのこと。後に土萠ほたる、冥王せつなも同居するようになる。

中学生の頃は陸上競技バスケットボールフェンシングハンググライダーをしていた。テレビアニメではモトクロスレース優勝経験がある。車にも乗るが、数種類のバイクヘリコプターの「天王丸」も所有している。原作の愛車は武内の好きなメタリックブルーのFerrari F512M、テレビアニメのイエローの愛車はTOYOTA 2000GTオープントップにそっくりだが左ハンドルでリアシートがある。

テレビアニメでは少なくとも高校1年の頃から、制服姿で愛車のスポーツカー公道で走らせている[注釈 1]。原作ではヘリコプターの送迎で無限学園に通学した(十番高校編入後はみちるを後ろに乗せた自転車通学)。テレビアニメではウラヌスの姿でネプチューンとヘリ移動していた。バンダイ版のミュージカルではヘリ送迎がネタとなっており、はるかはジャガーの自転車通学に、みちるは徒歩通学に変更されている。

ピアニストの才能があり、ヴァイオリニストが本業のみちると二重奏を披露した(テレビアニメはパーティー、原作はファンタスティック国際音楽祭)。テレビアニメにおけるウラヌスとネプチューンのテーマ曲「ウラヌス、そしてネプチューン」も二人をイメージしたバイオリンピアノの二重奏である。

原作漫画

男性と女性の二つの姿に変身する力を持っているようで、男性の姿で初登場。女性時の一人称は「アタシ」、男性時の一人称は「オレ」。ウラヌスに変身すると一人称は「あたし」になり、女性時と男性時を足したような言葉遣いになる。ウラヌスの初登場時は仮面とマントを付けて現れた。最初からタリスマンの「スペース・ソード」を持っており、通常出会わない外部太陽系セーラー戦士のタリスマンが三つ揃うと、セーラーサターンが目覚める。

前世で仕えていたが対面は叶わなかったプリンセスの生まれ変わり・月野うさぎに憧れており、うさぎが変身するセーラームーンにいきなりキスをした。男性時もうさぎにキスしようとしたが未遂に終わる。うさぎに性別を聞かれて「男とか、女とか、そんなに大切なコト?」と答えている。

男性時に武闘派の木野まこと柔道対決で勝利しており、その後は性に囚われない生き方でまことに憧れの女性として認識されるようになる。

第四部では転生した土萠ほたるをみちるやせつなと育てており、誓いの証の意味を込めてお揃いの指輪を薬指にはめ、四人で家族のように暮らしていた。ほたるには『はるかパパ』と呼ばれていた[注釈 2]。ほたるの養育の傍らでテストレーサーの仕事に専念していたが、青春を夢見てうさぎ達と同じ十番高校に編入する[注釈 3]

無限学園崩壊後は女性の姿で過ごしており、番外編で無限学園の女子制服を着たり、十番高校に女子制服を着て通っている。うさぎの親友の大阪なるとも昼食を取る仲の様子。陸上部のエースであり、新入部員の星野光に記録を更新されて悔しがっている。自身の城「ミランダ・キャッスル」でセーラーギャラクシアにセーラークリスタルを抜かれて消滅する。ギャラクシアの傀儡にされてセーラームーンに倒されるが、ギャラクシー・コルドロンの海でセーラームーンと再会し、うさぎと衛の結婚式に出席した。

テレビアニメ

男装の麗人として登場。生まれつき女性だが男性に近い心を持ち、恋愛対象も女性である。一人称は「僕」。うさぎたちを「子猫ちゃん」と呼ぶ。初登場時は青年の顔つきと体格で登場し、月野うさぎ愛野美奈子に憧れられるが、女性であることが判明してうさぎと美奈子は失恋する(しかし当の本人は希望を持たせようとした)。以降は男装の少女として作画される。セーラー戦士としての初登場時はシルエットのみの出演。ウラヌス時以外では女性的な服を着ず、十番高校に転入した設定のミュージカルでも男子制服を着ている。みちる曰く「モテる男は嫌い」。みちるに『女の子』、うさぎに『女の人』と呼ばれ、モノローグではクイーンを自称していたことから性自認は女性。

自由な風に憧れており、中学時代は天才陸上選手として優勝を総なめにしたが満たされず、モータースポーツにのめりこんでいった。中学時代に先に覚醒していたみちると運命的な出会いを果たして、ダイモーンの攻撃で怪我をした彼女を守ろうとウラヌスに初変身し、それからはネプチューンと犠牲を払いながら戦ってきた。

人間の「ピュアな心の結晶」に隠されているという「タリスマン」を探しており、ピュアな心を抜き取られた者はやがて衰弱死してしまうので、タリスマンになるピュアな心の持ち主を殺してしまう覚悟でいる。どうせ自分の手は汚れているのだからと、タリスマンを手に入れるためには犠牲や手段を問わないと改めて決意し、みちるに「私はあなたの手が好きよ」と手を握られている。犠牲を嫌ううさぎたちとは対立しており、うさぎの変身ブローチを奪ったこともある。第110話でネプチューンがユージアルの攻撃から自分を庇って倒れ、そのピュアな心がタリスマンに変わったのを見て愕然とし、ネプチューンに「自分だけの世界にいくなんてずるいじゃないか」と言って自害し、ネプチューンと自分のピュアな心が変化したタリスマンをうさぎに託したが、セーラープルートの出現で三つのタリスマンが揃うと、タリスマンからピュアな心が分離して息を吹き返した。

プルートを新しい仲間に加え、「伝説の聖杯」を使いこなして世界を救うといわれる「沈黙のメシア」を探しながら、世界に破滅をもたらす「破滅と誕生の戦士」のセーラーサターンの生まれ変わり・土萠ほたるの命を狙ったが、セーラーチームに阻止された。ミストレス9に騙されたセーラームーンが聖杯を差し出した結果、ファラオ9に地球を滅ぼされかけ、ついにサターンも復活してセーラームーンを激しく非難するが、最後はサターンを助けようとするセーラームーンに力を貸し、戦いの結末を見届けることになる。ファラオ9との戦いが終わった後で、ほたるを助けようとして世界を滅ぼしかけたセーラームーンを攻撃するが、それはサターンをも味方にした彼女を「真のメシア」と悟った上で、自分たちなりのケジメをつけるための芝居であり、最後にはうさぎたちと和解する。

第四期『SuperS』にはスペシャルおよび劇場版にしか登場していない。テレビアニメ第五期『セーラースターズ』には時折登場する。

アニメイトカセットコレクション」によると、魚屋ゲイバーでバイトしたことがある。

『スターズ』では土萠教授からほたるを預かったプルートと再会し、ギャラクシアの陰謀で急成長を遂げたほたるを世話していた。スリーライツ、特にみちるに接触を試みた上にうさぎに片思いしていた星野光セイヤ コウを目の敵にしていたが、最終決戦では劣勢を悟ってギャラクシアの部下に下り、プルートとサターンを倒してしまうが、実はギャラクシアを倒すための演技だった。ギャラクシアに敗れ、セイヤの正体であるセーラースターファイターにうさぎを託し、ネプチューンと手を繋ぎながら倒れるが、正気を取り戻したギャラクシアの力で復活する。その後、セイヤがうさぎを衛に託して母星に帰るのを見届けた。

プロフィール

プロフィールはほとんど原作のもの。

セーラーウラヌス

天王星守護星に持つ天空と飛翔の戦士。ミュージカルでは「戦いの戦士」、「疾風の戦士」とも自称している。タリスマンのスペース・ソードを持つ。イメージカラーは原作では青、アニメではダークブルー。

外部太陽系三戦士の1人であり、遠い宇宙を監視しながら地球を見守る存在。常にセーラーネプチューンと行動している。外部太陽系戦士の事実上のリーダー格であり(ただしバンダイミュージカル初期は除く)、内部戦士たちに高圧的に指示をすることが多い[注釈 5]。原作では「ウラヌスは男であり女でもある、双方の性と双方の強さを持つ戦士」だとネプチューンに述べられている。

戦闘力は極めて高く、風や重力[5][注釈 6]を武器に敵と戦い、肉弾戦も得意。ミュージカルでは敵勢力に「パワーならジュピター、格闘ならウラヌス」と分析されている。加えて風のようと形容される俊足を誇っている。その強さゆえ、敵の強さを表現するにあたり「ウラヌスですら適わない=強い敵」と演出されることも多い。抜群のパワーとスピードで、いままでのセーラー戦士たちを上回る攻撃力を発揮する[6]。またミュージカルでは切り込み隊長のように先制攻撃を仕掛けることが多い。

決めゼリフは「天王星の風騒ぐ、新たな時代に誘われて、セーラーウラヌス、華麗に活躍」。原作第四期やテレビアニメ版の3人集合時及び『Eternal』では「天空の星、天王星を守護に持つ、飛翔の戦士セーラーウラヌス」。原作第三期及び『Crystal』での登場台詞は「風の星!天王星を守護にもつ天空の戦士!セーラーウラヌス!」。『Crystal』及び『Eternal』での名乗りシーンの背景は天王星と赤色と白色の薔薇の花。

セーラースーツの基調カラーはブルー(ロイヤルブルーにも見える)。胸のリボンの色は黄色(ミュージカルではゴールド)で、後腰のリボンはブルー。無地のチョーカーをつけており、ピアスは金のリング型。グローブの丈はセーラーネプチューン同様に短い。ヒールが高めのショートブーツを履いている。

スーパーセーラーウラヌス(原作第三期、テレビアニメ『スターズ』、『Eternal』)
セーラーサターンの再覚醒でスーパー変身した姿。パワーとスピードがアップした。ハート型のブローチ、後ろ腰のひだが長いリボン、肩のプロテクターに半透明な生地が加わり、セーラーカラーに1本の白線が入った。テレビアニメではピアスも左耳だけから両耳に増えた。チョーカーのデザインやスーパー変身後の手袋の長さが原作とテレビアニメでは異なる(原作は短→長、テレビアニメは短いまま)。
エターナルセーラーウラヌス(原作第五期、『Eternal』)
原作及び『Eternal』での最終形態。セーラークリスタルの形が星型へ変化し、コスチュームもプロテクターが球形に、スカートは二重に、靴はショートブーツから白いロングブーツになる等変化している。
プリンセス・ウラヌス(原作第四期、『Eternal』)
原作の第四期及び『Eternal』の終盤に、新しい聖杯が誕生して変身したプリンセスの姿。天王星に「ミランダ・キャッスル」という城を持つ。
ロイヤルブルーのマーメイドドレスを着ている。上半身はタンクトップのような形で、飾りは脇部分の飾りベルトのみ。スカートの左右に深い切れ込みがあり、中から淡い青のスカートが見え隠れする。
備考
ローマ神話のウラヌス、ギリシャ神話のウラノスゼウスの祖父、息子クロノスのクーデターで追われた先代の天空神。ギリシア神話のウラヌスはクロノスに男性器を切り落とされたとされ、「男でも女でもある」原作でのセーラーウラヌスと対称に位置する(男にも女にも当て嵌まらない)と言える。
タリスマンであるスペース・ソードのモデルは三種の神器天叢雲剣(草薙剣)から。現在の英名はかなりあとに他の惑星に倣い「未使用の神話上の大物」の名が付けられたため、天体の外見や運行上の特徴と付けられた神名の関わりは希薄で、中国の五行による名もない[注釈 7]。これは海王星、冥王星も同様。そこで外部太陽系戦士の技は「神話から取材した背景イメージ画上でボイジャー2号の惑星探査データに基づくその惑星の姿を模したエネルギー光球をぶつける」という演出で描写されている。

アイテム

変身アイテム

リップ・ロッド(テレビアニメ『S』 - スターズ第1話)
変身に使用する青いスティック型のアイテム。玩具ではリップグロスが入っている。内部太陽系セーラー戦士の変身アイテムとは形が違い、天王星の紋章入りの六芒星とV字型の飾りがついた球体がついている。
ウラヌス・クリスタル(原作第四期、『Eternal』)
はるかのセーラークリスタル。スーパーセーラーサターンに覚醒したほたるから与えられた。エターナル化の際、ハート型から星型へ変化した。

魔具タリスマン

宇宙の剣スペース・ソード
攻撃を司るタリスマン[7]。モデルは草薙の剣。宝剣のタリスマンであるスペース・ソードで強力な風を操り敵を切り裂く。
原作版では普段はダガーナイフ(小太刀またはシャムシール)型で、気を込めて必殺技を放つと刀身が伸びる。伸びた刀身はロングソード状で表現され、ビームソードに近い原理と思われる。タリスマン同士の共鳴でも同様のことが発生する。
テレビアニメ版では刀身は濃いピンク色や金色で攻撃の際に発光する。普段は真っ赤な刀身での状態が続いた。基本的に伸び縮みせずシャムシールの形をしているが(一度『SuperS』の劇場版で伸びる描写があった)、宝石の付いたつきで、共鳴の際に鞘に収められた状態で共鳴した。
『Crystal』では基本的にロングソード型であり、刀身は銀色。普段は原作準拠の片刃のダガーナイフ型だが、形状はテレビアニメ版のような宝石付き鞘のような状態である。また原作と同じくタリスマンの発動時に形状が変化して刀身が伸びる。

その他

腕時計型通信機(テレビアニメ『S』)
みちると揃いの通信アイテムで正式名称は不明。紋章である天王星の惑星記号があしらわれている。
薄紫のスカーフ(テレビアニメ『S』)
テレビアニメ第96話「冷酷なウラヌス? まことのピンチ」より。
はるかが横断歩道を渡っていたまことたちにバイクでぶつかりそうになった際、うさぎを庇って擦り傷を負ったまことの手に巻いたスカーフ。

変身呪文

ウラヌス・プラネットパワー!メイクアップ!(原作第三期、『テレビアニメS』、『Crystal』)
テレビアニメ版では、天王星のマークが輝いたリップ・ロッドを群青色のマニキュアがついた右手で握り、リップ・ロッドで大地に描いた円陣から激しい風を巻き上げて、白いレオタードを纏った姿へと変わる。その後地割れのようなエフェクトと共に変身を完了し、前髪をかき上げると輝くルージュを唇につけた後、ポーズを決める。
『Crystal』ではリップロッドが登場せず、変身開始時は内部太陽系戦士の変身(スターパワー・プラネットパワー)と同じく、手の甲を向けて掲げた手の爪に集まった光がマニキュアになる演出と、額に山吹色に輝く天王星の紋章を浮かび上がらせながら変身呪文を唱えているはるかの表情をアップにしたカットが挿入されている。なお、マニキュアの色はテレビアニメ版の群青から山吹色に変更されている。また、円陣から風を巻き上げた直後の姿はレオタードのみではなくスカートまで纏った姿になっており、直後に手袋・ブーツが装着されるプロセスも追加されている。変身完了時には、ルージュが唇に輝くと同時に額の天王星の紋章が消えティアラが装着される。
ウラヌス・クリスタルパワー!メイクアップ!(原作第四期、『Eternal』)
『Eternal』では惑星記号の色が青色に変更されており、青色に輝く天王星の惑星記号が現れたあと、手を掲げることでマニキュアが塗られる。基本動作はプラネットパワーから引き継がれており、変身完了時には天王星と天王星の惑星記号を背景に、ポーズを決める。

セーラーウラヌスの必殺技

天界震ワールド・シェイキング
原作では片手のひらから破壊的な衝撃波を発して攻撃する技。
テレビアニメでは高く掲げた右手のひらに集めた金色の光輝を握り込むことによって閃かせた後、大地と空気のエネルギーを右拳に集束させ、それを輪が付いた金色の超高圧光球を作り出し、身体を1回転させた後に右拳を地面に叩き付け、金色の電気を伴った地割れを起こしながら地面を這うように進んだ超高圧光球が上昇して、強い疾風のように敵に向かって襲い掛かる。命中した敵を震蕩しながら引き裂かれた威力を見せている。また、天界の力[8]や地震エネルギー[9]を宿したものと言われる。
3DO対戦格闘ゲームでは地を這う超高圧光球が炸裂して相手に大ダメージを与える。『ANOTHER STORY』では地面を砕いた効果が強調される。
『Crystal』では回転しながら山吹色に輝く天王星の紋章が出現した後、金色の超高圧光球を手のひらから打ち出す技となっている。
『Eternal』では、基本動作がテレビアニメ版をリメイクしたものになっているが、光る溶岩玉を右手で高く持ち上げて金色の超高圧光球にして攻撃する技となっている。
宇宙剣乱風スペース・ソード・ブラスター
原作では魔具タリスマンの一つ宇宙の剣スペース・ソードに風のエネルギーを纏わせて、敵を斬撃する。初登場時には「わが魔具タリスマン 汝の御力 示したまえ われを保護せよ!」という掛け声と共に攻撃している。
テレビアニメでは剣のタリスマンを振り下ろし、真空刃のような飛ぶ斬撃で敵を攻撃する。敵の数に合わせて単体型と複数型の刃状の衝撃波(単体型の刃は金色で、複数型の刃は濃いピンク色)を飛ばすことが出来る。また、テレビアニメ『S』124話とテレビアニメ『スターズ』190話では刃の形の剣圧によって敵などを爆破している。
スーパーファミコン版の対戦格闘ゲームでは剣のタリスマンを向上に振って、刃状の光弾が上昇して相手にぶつける。プレイステーション版とセガサターン版の対戦格闘ゲームでは掲げる右手で上空から金色の稲妻をもって剣のタリスマンを召喚し、そして地面からエネルギー光球のついた剣のタリスマンを掃き出し、地を這う金色の刃状エネルギーを相手に大ダメージを与える。
『Crystal』では掛け声は原作と同様だが、掲げた宇宙の剣の切っ先に天界震と同様のエネルギー球を作り出し、剣を振り下ろして射出する。エネルギー球は大量に分裂しながら地を這うように進み、途中で回転させた刃のような三日月型に変化して敵に襲い掛かる。テレビアニメでの「天界震」と「宇宙剣乱風」を足して割ったような技となっている。
『Eternal』では、基本動作は『Crystal』第3期と同じものであるが、エネルギー球が三日月形から丸型に変更されている。
宇宙乱気流スペース・タービュレンス(原作第五期)
エターナル形態のみ使用する最上位の技。上空から凄まじい乱気流を広範囲に降り、敵を攻撃する。
ギャラクティカ宇宙乱気流ギャラクティカ・スペース・タービュレンス(原作第五期)
宇宙乱気流のギャラクシアに操られたバージョン。右手のひらから放つ気流の渦で相手を巻き込むことができる。
ウラヌス・ワールド・アタック(格闘ゲームのみ)
全身に風のエネルギーを纏わせてから突進してアッパーを繰り出す。
ダイビング・ガイアクラッシュ(ゲームのみ)
パイルドライバーに似た技で、掴んだ相手を空高くから地上に叩きつける。
デストラクティブ・カーニバル(ゲームのみ)
ゲーム内における超必殺技で、前方に猛ダッシュしながら乱舞をお見舞いし、最後にダイビング・ガイアクラッシュで地上に叩きつける。
サマーソルトキック(ゲームのみ)
後方宙返りをしながら蹴りを放つ技。
エアー・スラッシュ(ゲームのみ)
両腕を広げた状態で空中に体を1回転させ、相手を打ち倒す。
スパイラル・バスター(ゲームのみ)
ダイビング・ガイアクラッシュに似た技で、掴んだ相手と共に回転しながら降下する。

キャスト

声優
女優

脚注

注釈

  1. ^ 国際運転免許証を持っていると考えれば合法だが、日本国内においては18歳まで公道では運転できない。北米版では留年した成人という設定。
  2. ^ ほたるが自発的に『パパ』と呼んだのか、はるかがほたるに『パパ』と呼ばせていたのかどうかは不明。
  3. ^ 女子生徒として編入したのか、無限学園の男子制服から一転して女子制服のセーラー服を着用している。
  4. ^ 原作では無限学園への転校以前は都立十番高校に通っていたことになっている。また無限学園転校前は男子生徒として在籍していたと思われるが、第五部では女子生徒として在籍している。
  5. ^ ミュージカルでは『スペース・ソードをぶんぶん振り回す』『偉そうに命令する』『無駄に格好つける』のがウラヌスだと内部戦士たちにコメントされてしまうほど。
  6. ^ 『美少女戦士セーラームーン 設定資料集』から。風と光を操ると述べている。
  7. ^ 天王星は望遠鏡での天体観測が行われるようになり地動説が確定した後の1781年、イギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルによって発見され当初彗星と思われていたが後に自身によって惑星と確定された。そのため、暫くは「ハーシェル」という名前で呼ばれており、紋章(惑星記号)もハーシェルの「H」を他の惑星記号に似せて図案化したもの。
  8. ^ 『劇場版R』の少年時代の地場衛、『R』の魔界樹編で第47話のヴァンピルと第54話のセイレーン、ブラック・ムーン編ではあやかしの四姉妹ペッツをそれぞれ演じていた。
  9. ^ 『夢戦士・愛・永遠に…』では「MOON」名義で「Over the Moon」を作詞し、クイーン・セレニティの歌を担当している。
  10. ^ 過去に「スターライツ・流星伝説」で二代目大気光 / セーラースターメイカー役を演じていた。

出典

  1. ^ 『テレビマガジンデラックス53 決定版 美少女戦士セーラームーンS』第19頁より「はるかとみちる。二人の心は強い友情で結ばれている。」で述べる。
  2. ^ テレビアニメ第106話「運命のきずな! ウラヌスの遠い日」より。
  3. ^ 原作新装版4巻あとがきより。
  4. ^ 原作旧装版第9巻、Act29の初期設定より。
  5. ^ 『なかよしメディアブックス&アニメアルバム27 映画 美少女戦士セーラームーンSuperS メモリアルアルバム』第38頁より。
  6. ^ 『テレビマガジンデラックス53 決定版 美少女戦士セーラームーンS』第12頁より。
  7. ^ 『なかよしメディアブックス&アニメアルバム44 美少女戦士セーラームーンS II』第38頁より。
  8. ^ 『なかよしメディアブックス&アニメアルバム13 映画 美少女戦士セーラームーンS メモリアルアルバム』第46頁より。
  9. ^ 『美少女戦士セーラームーン 20周年記念BOOK』第86頁より。