半保護されたページ

海王みちる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海王 みちる
かいおう みちる
美少女戦士セーラームーンのキャラクター
登場(最初) Act 24「無限1—予感」
美少女戦士セーラームーンS・第92話「素敵な美少年? 天王はるかの秘密」
作者 武内直子
声優 勝生真沙子テレビアニメ
大原さやか『Crystal』
俳優 #キャストを参照
プロフィール
別名 セーラーネプチューン
性別
種類 地球人
テンプレートを表示

海王 みちる(かいおう みちる)は、武内直子漫画作品『美少女戦士セーラームーン』および、それを原作とするメディアミックス作品に登場する架空の人物

DICエンターテイメントによる北米版の名前は、MichiruをもじってMichelle Kaiou(ミッチェル・カイオウ)。

人物

セーラーネプチューンに変身する、上品な少女ヴァイオリニスト。豊かな青緑色のウェーブヘア[注釈 1](原作はロングヘア、テレビアニメはセミロングヘア)と、深い青色の目を持つ。通学時は黒いカチューシャを着用し、たまにポニーテールにまとめている。原作第三期、テレビアニメ『S』から登場。

セーラーウラヌスに変身する天王はるかと常に行動を共にしている。初登場時は私立無限学園の高等部1年生で、デス・バスターズを探ろうとその本拠地の無限学園に潜入していた。はるかと高層マンションで同棲しており、多くの人に「お似合いのカップル」と言われている。一人称は「わたし」や「あたくし」。他の外部太陽系三戦士同様、年齢の割にかなり大人びており、月野うさぎたちにとって憧れの存在である。

個展を開くほどの画家にして、有名ヴァイオリニストという才女であり、中学時代から活躍している。かなり裕福な家のお嬢様のようで、知的で教養があり、礼儀正しくおしとやかで一歩下がるタイプ。だが穏やかというわけではなく、気丈でさっぱりした性格。世界やプリンセスを守るという使命を重視しているが、それに負けないくらいはるかを大切にしている。武内の原案によると雰囲気は宝塚で、ブラック・ムーン一族のエスメロードが物静かになったイメージであり、海のような包容力を持つ[1]

原作ではいつ戦士に目覚めたかは不明だが、テレビアニメでは少なくともはるかより先に覚醒している。その後、セーラープルートに変身する冥王せつな、セーラーサターンに変身する土萠ほたるとも行動するようになった。

幾原邦彦がシリーズディレクターを務めたテレビアニメではアンチヒーロー的存在であり、その考え方の違いからセーラーチームと激突することもしばしばあった。はるかとの恋愛関係はうさぎと地場衛の合わせ鏡のように描かれ、敵に「はるかのいない世界なんて守ってもしょうがない」と言ってのけるような苛烈な一面を見せた[注釈 2]

原作漫画

「マリン・カテドラル」というストラディバリウスのバイオリンを愛用し、はるかのピアノ伴奏でコンサートをしたこともある。ヘリコプターの「海王丸」を所有し、無限学園にヘリ通学していた。はるかと住んでいるマンションの家賃は月100万である。もともとタリスマンの「ディープ・アクア・ミラー」を持っており、通常出会わない外部太陽系セーラー戦士のタリスマンが三つ揃うと、セーラーサターンが目覚める。

無限学園崩壊後、転生したほたるの養育の傍らヴァイオリニストの仕事に専念していたが、青春を夢見てうさぎ達が通う十番高校へ編入した。うさぎの親友の大阪なるとも昼食を取るような仲の様子。はるかと自転車に二人乗りして高校通学しているが、ミュージカルでは徒歩通学をしている。

第五期では夜天光に「口紅が濃い」とケチをつけられ、口紅を折って「得体の知れない奴らは片付けてしまいましょう。目障りだわ」と言い、はるかに怖がられている。「トリトン・キャッスル」でセーラーギャラクシアにセーラークリスタルを抜かれて消滅するが、ギャラクシアの傀儡として蘇りセーラームーンに倒された。その後「ギャラクシー・コルドロン」の中でセーラームーンに再会し、セーラーコスモスのラムダ・パワーで復活する。数年後にうさぎと衛の結婚式に出席した。

テレビアニメ

バイオリニストが将来の夢で、レモンを回しながらバイオリン演奏する特技を持ち、資産家のパーティーに呼ばれるほど。絵の才能だけではなく水泳の才能も持ち、水野亜美と水泳対決したことがある。中学時代に覚醒し、陸上部に所属する友人のエルザ・グレイ(声 - 玉川紗己子)を通してはるかに接触した。使命よりも将来の夢を選ぼうとするはるかにやり切れない思いをぶつけるが、ダイモーンに襲われたはるかを庇って負傷し、ウラヌスに覚醒したはるかと行動を共にするようになる。

打たれ弱い面を持つはるかを支え、将来の夢を諦めているはるかに複雑な様子を見せた。使命を重視するあまり自らの命を投げ出すことや手を汚すことも厭わない冷酷な面を持ち合わせ、考え方の違いから、月野うさぎたちと衝突することもしばしばあった。アメリカ版テレビアニメでは同性愛と取れる描写を抑えるために、みちるとはるかは従姉妹同士という設定になっている。

「タリスマン」に変わる「ピュアな心の結晶」を探していたが、第110話でウラヌスを庇ってユージアルにピュアな心を抜かれ、それがタリスマンに変わる。セーラープルートが現れ、3つのタリスマンが集結して「伝説の聖杯」が現れると、ピュアな心からタリスマンが分離して息を吹き返した。世界を破滅に導くセーラーサターンの正体が土萠ほたると知って殺そうとしたが、セーラーチームに阻止される。世界を救う力がある「伝説の聖杯」の本当の持ち主の「沈黙のメシア」を探しており、ミストレス9に騙されて聖杯を渡したセーラームーンを激しく批判したが、最後はサターンを助けようとするセーラームーンに力を貸し、戦いの結末を見届ける。その後サターンすら味方にしたセーラームーンがメシアであると悟り、あえて攻撃をしかけて彼女の平和への信念を試し謝罪する。

第四期『SuperS』にはスペシャルおよび劇場版にしか登場しない。テレビアニメ第五期『セーラースターズ』には時折登場する。

スペシャルでははるかが女性をナンパしたことを見抜き、静かに圧力をかけて降参させている。ダミーにはるかを人質にされて世界とはるかのどちらを守るか選択を迫られるが、すぐにはるかを救い出し、「それでも正義の味方か」とダミーを驚愕させた。『スターズ』では星野光にちょっかいをかけられ、はるかにヤキモチを焼かれている。

「スターズ」ではほたるを連れたせつなと再会し、ギャラクシアの陰謀で急成長を遂げたほたるを世話した。最終決戦では、劣勢を悟ってギャラクシアの配下に下りブレスレットを与えられ、セーラープルートとサターンのスターシードを奪ったが、ギャラクシアが油断した隙に倒そうとするも敵わず、スターシードを抜かれてウラヌスと手を触れ合いながら消滅したが、その後正気を取り戻したギャラクシアの力で復活した。

プロフィール

プロフィールはほとんど原作のもの。

セーラーネプチューン

海王星守護星に持つ深海と抱擁の戦士。ミュージカルでは微笑の戦士とも称されている。タリスマンのディープ・アクア・ミラーを持つ。イメージカラーはマリンブルー

外部太陽系三戦士の1人であり、異世界を監視する存在。水面の波紋に未来を見る[2]。戦闘については、切り込み隊長であるウラヌスのサポートに回ることも多いが[3]、海の波の水圧を武器としているためか、言葉遣いやその清楚な見た目とは裏腹に攻撃範囲が広いうえに戦闘力も高い。格闘戦もウラヌスに劣らない。

ミュージカルでは「知力ではマーキュリー、勝つための戦略を考えるのはネプチューン」と評価されるほどの戦略家である。いつも冷静で、無駄の少ない戦い方をし、パワーに頼らず、敵の弱点をつくのが得意[4]。テレビアニメ『S』では世界が破滅する予知夢を見て、天王はるかよりも先にセーラー戦士として目覚めていた。同じ戦士の宿命を届けるために天王はるかの夢の中へ現れる。今まではウラヌスの攻撃を助けることが多かったが、スーパー化を経て、1人でも敵を粉砕するほどの力を持つ[5]

テレビアニメでの決めゼリフは「海王星の潮騒ぐ、新たな時代に誘われて、セーラーネプチューン、優雅に活躍」テレビアニメ版での3人集合時及び『Eternal』では「深海の星、海王星を守護に持つ、抱擁の戦士セーラーネプチューン」。原作第三期、アニメ『Crystal』の登場台詞は「海の星!海王星を守護にもつ深海の戦士!セーラーネプチューン!」。 『Crystal』及び『Eternal』での名乗りシーンの背景は海王星と赤色と白色の薔薇の花。

セーラースーツは青緑色(マリンブルー)がメインで、胸とスカートのリボンはダークブルー。チョーカーには飾りがついている[注釈 3]。セーラーウラヌスと同様、手袋が短い。ピアスのデザインは環にはまったウニのような球型である[注釈 4]。くるぶしに細長いリボンを巻きつけたレースアップのハイヒールを履いている(原作とテレビアニメのデザインは一部異なる)。

スーパーセーラーネプチューン(原作第四期、テレビアニメ『スターズ』、『Eternal』)
セーラーサターンの再覚醒でパワーアップした姿。胸のブローチがハート型になり、スカートのリボンがやや長くなり、セーラーカラーに白線が入る(ウラヌス・プルート・サターン同様)。また、肩のプロテクターが変わった。スーパー変身後の手袋が原作とテレビアニメでは長さが違う(セーラーウラヌス同様、原作では長く、テレビアニメでは短いまま)。テレビアニメ第五期では「サブマリン・リフレクション」の攻撃力の強化が描写されている。
エターナルセーラーネプチューン(原作第五期、『Eternal』)
原作及び『Eternal』での最終形態。セーラークリスタルの形が星型になり、ティアラの宝石やピアス、チョーカー、ブローチが緑青色の星型に、コスチュームもプロテクターが球形に、スカートは二重に、靴はマリンブルーのハイヒールから白いロングブーツになる等変化している。
プリンセス・ネプチューン(原作第四期、『Eternal』)
原作の第四期及び『Eternal』の終盤に、新しい聖杯が誕生して変身した海王星のプリンセスの姿。海王星に「トリトン・キャッスル」という城を持っている。
コスチュームはマリンブルーのシンプルなマーメイドドレスで、胸元の生地は右から左に巻きつけたようになっている。スカート部は左右に深いスリットが入り、淡い色のスカートが見え隠れする。
備考
ネプチューン=ローマ神話のネプトゥヌス、ギリシャ神話のポセイドンは、海神、馬の神。タリスマンのディープ・アクア・ミラーは三種の神器八咫鏡から。海王星、冥王星は、天王星の発見により未知の惑星の存在する可能性が認知され、既知の惑星の軌道を精査して、予測とのずれをその外側に存在する未知の惑星の引力の影響と仮定し、存在予想地点を望遠鏡で調査して発見された。神話と天体の特性との関わりが薄いことは天王はるかの項を参照。
第一期当時、まだセーラー戦士がすべて揃っていなかった頃のファンダムでは、同人誌などの二次創作において、セーラーネプチューン役に「海野ぐりお」が充てられることがたびたびあった。もちろんこの予想は大きく外れることとなる。

アイテム

変身アイテム

リップ・ロッド(テレビアニメ『S』 - 『スターズ』第1話)
変身に使用するスティック型アイテム。玩具の中身はリップグロスになっている。先端に海王星の紋章入りの六芒星が乗った、青緑色の三日月と円盤型の飾りがついている。
ネプチューン・クリスタル(原作第四期、『Eternal』)
みちるのセーラークリスタル。ほたるが覚醒した際に、はるかやせつなと共に彼女から受け取った。エターナル化の際、ハート型から星型へ変化した。

魔具(タリスマン)

ディープ・アクア・ミラー[注釈 5] / 深海の鏡
探知を司るタリスマン[6]。モチーフは八咫鏡。手鏡のタリスマンであるディープ・アクア・ミラーで海を操り真実を暴く。主に敵の正体を見破いたり、予知の助けを用いてくる[7]。また鏡には遠方を映し出したり、近い未来を占うことも可能。原作では普段は鏡を使って鏡占いをしたりメイクを整えている。各メディアでも基本デザインは一緒だが微妙に細部が異なっている。
原作では花の彫刻と2つの穴があしらわれている。彫刻の女性の顔は鏡の方を向き、裏面は金色で花があしらわれている。
テレビアニメでは花の彫刻や穴がなく、彫刻の女性の顔は正面を向き、裏面は緑青色で海王星のマークがあしらわれている。
『Crystal』では花の彫刻があるが穴は1つだけで、彫刻の女性の顔は正面を向き、裏面は緑青色で花があしらわれている。薄い緑青色の楕円型のバリアーを張ることもできる。

その他

マリン・カテドラル / 海の聖堂(原作第三期)
みちるが持ち歩くヴァイオリン。原作ではアントニオ・ストラディバリの名品とされる。テレビアニメ『S』では名前が同じ建設中の教会が登場し、タリスマン集結の場となった。
通信腕時計(テレビアニメ『S』)
はるかと揃いの通信アイテムで正式名称は不明。紋章である海王星の惑星記号があしらわれている。

変身呪文

ネプチューン・プラネットパワー!メイクアップ!
テレビアニメ版ではリップ・ロッドに海王星のマークが輝いたあと緑青色のマニキュアを塗った右手でロッドを握り、リップ・ロッドで大地に描いた円陣から海水を吹き上げて、一瞬にみちるがセーラー戦士の姿へと変わる。後髪をかき上げると輝くピンク色のルージュを唇につけた後、ポーズを決める。
『Crystal』ではリップロッドが登場せず、変身開始時は内部太陽系戦士の変身(スターパワー・プラネットパワー)と同じく、手の甲を向けて掲げた手の爪に集まった光がマニキュアになる演出と、額に緑青色に輝く海王星の紋章を浮かび上がらせながら変身呪文を唱えているみちるの表情をアップにしたカットが挿入されている。変身完了時には、ルージュが唇に輝くと同時に額の海王星の紋章が消えティアラが装着される。
ネプチューン・クリスタルパワー!メイクアップ!(原作第四期、セーラースターズSCD、『Eternal』)
『Eternal』では緑青色に輝く海王星の惑星記号が現れたあと、手を掲げることでマニキュアが塗られる。基本動作はプラネットパワーから引き継がれており、変身完了時には海王星と海王星の惑星記号を背景に、ポーズを決める。

セーラーネプチューンの必殺技

ディープ・サブマージ / 深水没
原作では片手のひらから海の泡が発生する海流波を相手にぶつけて押し潰す技。
テレビアニメでは起こした大津波が打ち寄せた後、高く上げた両手に海の底からの複数の帯状のような海水を集めて一回転しながら圧縮し、そこから守護星である海王星を象った凄まじい超水圧エネルギー光球として右手のひらで打ち出し、それを重い超水圧エネルギー光球が荒れ狂う波から飛び出し、進路上の流体に押されてゆっくりと進められ、その深海の水圧で敵を攻撃する。命中した敵を波状にして溶かしてしまう威力を見せている。技のスピードは全セーラー戦士の中でも1,2を争う。セーラーマーキュリーと同じ水を操る技だが、攻撃力は遥かに高い[8]
スーパーファミコン版の対戦格闘ゲームでは超水圧エネルギー光球を(~)の軌道で飛ばし相手にダメージを与える。
3DO対戦格闘ゲームと『ANOTHER STORY』では超水圧エネルギー光球を潮津波に変え、相手に襲い掛かる。
『Crystal』では回転しながら緑青色に輝く海王星の紋章が出現した後、海水を圧縮した超水圧エネルギー光球を打ち出す技になっている。
『Eternal』では、テレビアニメ版の基本動作をリメイクしたものとなっているが放つ球が小さめになっている。
サブマリン・リフレクション / 深海鏡射
原作では深海の鏡(ディープ・アクア・ミラー)の鏡面から異次元の反射光が敵に向かって一直線に伸び、敵を直撃する。
テレビアニメ第五期ではタリスマンの鏡面が敵に向けて水色の眩い閃光を放ち、鏡のタリスマンに映された敵を全て粉砕する。また、『S』第124話では技名は出ていないものの鏡のタリスマンに映る敵の本体や弱点などを暴いている。劇場版『SuperS』では鏡のタリスマンを敵に向かって照射し、鏡面からキラキラのエネルギー光波を敵に浴びせて実体や弱点を暴く。
対戦格闘ゲームでは足元で水の円陣を発生し、召喚した鏡のタリスマンから放つ海水のエネルギー光球を直線上に飛ばし相手に大ダメージを与える。『ANOTHER STORY』では鏡のタリスマンから反射した青い玉ボケの極太ビームで複数の相手を浴びせ倒す技。
『Crystal』では左手で深海の鏡(ディープ・アクア・ミラー)を持って数回転された後に高く掲げ、ディープ・アクア・ミラーの裏面が白い閃光を発し、そして右手にディープ・アクア・ミラーを持った状態から、猛スピードで一回転された後に前方に向かってディープ・アクア・ミラーをかざして、ディープ・アクア・ミラーの鏡面の前に生成された光球から激しい海水のような光波を一直線に噴射することで、敵に浴びせて消し去る。
『Eternal』での動作は『Crystal』第3期と同じものとなっている。
サブマリン・ヴィオロン・タイド / 深海提琴潮流(原作第五期)
エターナル形態のみ使用する最上位の技。ヴァイオリンを奏いて、潮流のようなその音波で敵を攻撃する。
ギャラクティカ・ヴィオロン・タイド / ギャラクティカ提琴潮流(原作第五期)
深海提琴潮流のギャラクシアに操られたバージョン。ヴァイオリンで凄まじい破壊力のある渦潮のようなその音波を奏でることができる。
スプラッシュ・エッジ(格闘ゲームのみ)
昇龍拳から海水を放出しながらジャンピングアッパーを繰り出す技。
ドルフィン・ウェイブ(格闘ゲームのみ)
後方宙返りの形で足を描いた円弧状のオーラで相手の攻撃を阻まれる。接近する相手にダメージを与えることもできる。
ドラゴン・ライズ(格闘ゲームのみ)
昇龍拳から水龍を召喚しながらジャンピングアッパーを繰り出す超必殺技。スプラッシュ・エッジと似たような技だが、ジャンプも上昇する上、威力もはるかに高い。
シーサーペントストラングル(格闘ゲームのみ)
両腕を前方に伸ばし、鋭く尖った歯を持つ海蛇の形をした水のオーラで相手を纏わり付く攻撃。
タイダル・ウェーブ(格闘ゲームのみ)
両腕を地面に叩きつけて潮汐波を引き起こし、相手の近距離攻撃を防いだ。
ネック・スルー(格闘ゲームのみ)
首元部分を抱えて地面に叩きつける投げ技。空中で出すことも可能。

キャスト

声優
女優

脚注

注釈

  1. ^ 武内の原案では「ワカメヘアー」 。2020年代に流行している韓国のヨシンモリに近い髪型。
  2. ^ ただし、原作者の解釈のもとに書かれた『美少女戦士セーラームーン セーラースターズ キャラクターソング』のポエムでは終始プリンセスへの崇拝を述べている。
  3. ^ 旧版単行本第10巻のカラーイラストに描かれた飾りは、中央に丸い金色の飾りがはめこまれたウニのように細く鋭い金色の十芒星。テレビアニメ版では中央に青緑色の宝石がはめこまれた金色の鉤十字の飾り。
  4. ^ テレビアニメでは小さな白い真珠型。『Crystal』では丸い金色の惑星型。
  5. ^ 原作第四期ではなぜか「サブマリン・ミラー」と表記。
  6. ^ 〜スターライツ・流星伝説〜の2代目ジェダイト役である。
  7. ^ 無限学園〜ミストレス・ラビリンス〜の初代ミストレス9役である。
  8. ^ みちるのイメージの元になった宝塚歌劇団出身の元女役である。

出典

  1. ^ 『美少女戦士セーラームーン 原作設定資料集』第三部
  2. ^ 『なかよしメディアブックス&アニメアルバム15 美少女戦士セーラームーンS I』第85頁より。
  3. ^ アニメージュ』1994年5月号、第36頁より。
  4. ^ 『テレビマガジンデラックス53 決定版 美少女戦士セーラームーンS』第16頁より。
  5. ^ 『テレビマガジンデラックス66 決定版 美少女戦士セーラームーン セーラースターズ』第37頁より。
  6. ^ 『なかよしメディアブックス&アニメアルバム44 美少女戦士セーラームーンS II』第38頁より。
  7. ^ 『なかよしメディアブックス&アニメアルバム44 美少女戦士セーラームーンS II』第96頁より。
  8. ^ 『テレビマガジンデラックス53 決定版 美少女戦士セーラームーンS』第17頁より。