向洋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
向洋駅
南口(2014年8月)
むかいなだ
Mukainada
JR-G04/Y04 海田市 (2.3 km)
(1.8 km) 天神川 JR-G02/Y02
地図
所在地 広島県安芸郡府中町青崎南4-18
北緯34度22分35.7秒 東経132度30分21.2秒 / 北緯34.376583度 東経132.505889度 / 34.376583; 132.505889座標: 北緯34度22分35.7秒 東経132度30分21.2秒 / 北緯34.376583度 東経132.505889度 / 34.376583; 132.505889
駅番号 JR-G03(山陽本線)
JR-Y03(呉線)
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 G 山陽本線
Y 呉線直通含む)
キロ程 300.6 km(神戸起点)
三原から呉線経由で89.3 km
電報略号 ナタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
8,413人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 1920年大正9年)8月1日[1]
備考 業務委託駅
みどりの券売機プラス設置駅
広 広島市内
テンプレートを表示
北口(2014年8月)

向洋駅(むかいなだえき)は、広島県安芸郡府中町青崎南にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線

線路名称上では山陽本線単独駅であるが、運転系統上呉線の列車も乗り入れる。駅番号は山陽本線がJR-G03、呉線がJR-Y03

概要[編集]

JR西日本中国交通サービスによる業務委託駅である。当駅は広島市ではなく府中町に位置するが、府中町自体が広島市に囲まれているために、JRの旅客営業規則では特定都区市内の広島市内に含まれている[注釈 1]。また、ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)である。

駅名の「向洋」は広島市南区向洋地区に由来し、向洋地区は当駅の南に1kmほど離れている。マツダ本社の最寄り駅であることから、平日の朝夕ラッシュ時はマツダ社員等の人々で大変混雑する駅でもある。駅周辺の踏切は朝夕に「開かずの踏切」となる状況が続いている。

歴史[編集]

1945年米軍作成の広島市地図。"Mukainada Station"表記。

駅構造[編集]

相対式2面4線の地上駅で、ホームは外側2線(旅客線)のみにある。ホームのない内側2線(2・3番線)は貨物線であり、上り貨物が3番線、下り貨物が2番線を通過する。分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。

駅舎および改札口は、開業から長らく南側の広島方面行きホームにしかなく、北側の三原方面行きホームには跨線橋で連絡する構造となっていたが、2011年に北側にも小規模な駅舎と改札口が開設された。

なお、広島市東部地区連続立体交差事業が予定されており、実施の際には内側線にもホームを設けた島式2面4線の構造とした上で、当駅の天神川駅寄りに渡り線を設け、内側2線を山陽本線(旅客・貨物兼用)、外側2線を呉線に変更する計画となっている[13]

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 G 山陽本線
Y 呉線含む)
下り 広島岩国方面[14]
4 G 山陽本線 上り 西条三原方面[14]
Y 呉線 方面[14]

店舗等[編集]

ダイヤ[編集]

データイムは1時間あたり山陽線4本、呉線1本の計5本、広島方面は1時間あたり5本の運行となっている。朝夕のラッシュ時間帯は運行本数が増加する。なお、呉線の「安芸路ライナー」、山陽線・呉線の「通勤ライナー」、山陽線の「シティライナー」は当駅に停車しない。

利用状況[編集]

  • 以下の情報は、「広島県統計年鑑」、「広島市統計書」及び「広島市勢要覧」に基づいたデータである。
年度 1日平均
乗車人員
年度毎
乗客数
年度毎
降車数
年度毎
発送貨物(t)
年度毎
到着貨物(t)
1952年(昭和27年) 4,362.2 1,592,185 - - -
1953年(昭和28年) 4,370.2 1,595,138 - - -
1954年(昭和29年) 4,352.8 1,588,790 - - -
1955年(昭和30年) 4,225.9 1,546,675 - - -
1956年(昭和31年) 4,395.5 1,604,370 - - -
1957年(昭和32年) 4,749.0 1,733,388 - 2,096 1,012
1958年(昭和33年) 4,523.6 1,651,117 1,710,228 1,543 810
1959年(昭和34年) 5,141.2 1,881,675 1,961,871 1,549 880
1960年(昭和35年) 6,858.9 2,503,490 2,597,535 1,242 905
1961年(昭和36年) 7,496.9 2,736,352 2,771,757 593 626
1962年(昭和37年) 7,730.1 2,821,502 2,847,458 34 21

以上の1日平均乗車人員は、年度毎乗客数を365(閏年が関係する1955・1959年は366)で割った値を、小数点第二位で四捨五入。小数点一位の値にした物である。

年度 1日平均
乗車人員
年度毎
総数
定期券
総数
普通券
総数
1963年(昭和38年) 8,112.7 5,938,502 5,599,662 338,840
1964年(昭和39年) 8,121.0 5,928,329 5,572,104 356,225
1965年(昭和40年) 7,422.2 5,418,184 5,061,620 356,564
1966年(昭和41年) 7,249.8 5,292,377 4,911,820 380,557
1967年(昭和42年) 6,657.0 4,872,952 4,495,704 377,248
1968年(昭和43年) 5,880.8 4,293,020 3,888,320 404,700
1969年(昭和44年) 5,242.3 3,826,907 3,448,160 378,747
1970年(昭和45年) 5,144.8 3,755,695 3,318,892 436,803
1971年(昭和46年) 6,024.4 4,409,861 3,783,492 626,369
1972年(昭和47年) 7,303.7 5,331,696 4,586,292 745,404
1973年(昭和48年) 8,555.8 6,245,745 5,132,756 1,112,989
1974年(昭和49年) 8,906.6 6,501,797 5,382,804 1,118,993
1975年(昭和50年) 7,976.5 5,838,803 4,625,062 1,213,741
1976年(昭和51年) 8,308.6 6,065,244 4,843,170 1,222,074
1977年(昭和52年) 8,002.8 5,842,038 4,702,318 1,139,720
1978年(昭和53年) 7,196.5 5,253,467 4,231,964 1,021,503

以上の1日平均乗車人員は、乗車数と降車数が同じであると仮定し、年度毎総数を365(閏年が関係する1963・1967・1971・1975年は366)で割った後で、さらに2で割った値を、小数点第二位で四捨五入。小数点一位の値にした物である。

年度 1日平均
乗車人員
1979年(昭和54年) 6,928
1980年(昭和55年) 7,495
1981年(昭和56年) 8,027
1982年(昭和57年) 7,747
1983年(昭和58年) 7,873
1984年(昭和59年) 8,540
1985年(昭和60年) 9,036
1986年(昭和61年) 9,573
1987年(昭和62年) 9,790
1988年(昭和63年) 10,472
1989年(平成 元年) 11,131
1990年(平成02年) 12,224
1991年(平成03年) 13,039
1992年(平成04年) 13,676
1993年(平成05年) 13,802
1994年(平成06年) 13,276
1995年(平成07年) 13,073
1996年(平成08年) 13,103
1997年(平成09年) 13,184
1998年(平成10年) 13,388
1999年(平成11年) 13,112
2000年(平成12年) 12,807
2001年(平成13年) 11,976
2002年(平成14年) 11,915
2003年(平成15年) 12,335
2004年(平成16年) 10,121
2005年(平成17年) 9,504
2006年(平成18年) 9,787
2007年(平成19年) 10,001
2008年(平成20年) 9,774
2009年(平成21年) 9,129
2010年(平成22年) 9,141
2011年(平成23年) 9,476
2012年(平成24年) 9,640
2013年(平成25年) 9,877
2014年(平成26年) 10,116
2015年(平成27年) 10,728
2016年(平成28年) 11,293
2017年(平成29年) 11,728
2018年(平成30年) 11,800
2019年(令和 元年) 11,976
2020年(令和02年) 9,516
2021年(令和03年) 8,413
乗車数グラフ

駅周辺[編集]

南口[編集]

北口[編集]

  • 府中南公民館
  • 府中南交流センター
  • 府中南幼稚園
  • 鹿籠神社
  • 府中町立府中南小学校
  • 鹿籠郵便局

バス路線[編集]

向洋駅南口から西へ約200-300mの広島県道164号広島海田線沿いに「向洋駅前(マツダ本社前)」バス停があり、広島バス・芸陽バス・広電バス・つばきバスが発着している。

  • 広島バス[15](路線番号:21) (グランドプリンスホテル広島 - 広島港 - 広島市役所 - 本通り・)エディオンピースウイング広島 - 紙屋町 - 八丁堀 - 広島駅 - 向洋駅前(マツダ本社前) - 向洋大原・洋光台団地・向洋新町2丁目
  • 芸陽バス[16](40) 広島バスセンター - 八丁堀 - 広島駅 - 向洋駅前 - 海田市駅入口 - さいわい保育所前・三迫二丁目・国信橋・中野東七丁目・瀬野駅・宮の前・海上側・八本松駅・西条駅前
  • 広電バス[17](40-12) 広島バスセンター - 八丁堀 - 広島駅 - 向洋駅前 - 海田市駅入口 - 南海田 - 矢野駅前 - 熊野営業所 - 熊野荻原車庫前
  • つばきバス(南エリア 右回り・左回り)[18]
    • つばきバス左回り(桃山一丁目方面)は、他のバス(向洋大原・海田市駅入口方面)のバス停から北へ200m離れたバス停に発着する。つばきバス右回り(イオンモール広島府中方面)は、他のバス(広島駅方面)と同じマツダ本社前にあるバス停に発着する。

また、向洋駅北口から北西へ約400mにつばきバスの桃山一丁目バス停、同じく北口から北へ約500mに広電バスの府中南公民館バス停がある。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道(JR西日本)
G 山陽本線・Y 呉線(呉線は海田市駅まで山陽本線)
快速「シティライナー」・快速「通勤ライナー」・快速「安芸路ライナー」
通過
普通
海田市駅 (JR-G04/JR-Y04) - 向洋駅 (JR-G03/JR-Y03) - 天神川駅 (JR-G02/JR-Y02)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 1973年3月20日に、旧安芸郡瀬野川町他3町が広島市に編入合併したことで、海田市駅と当駅が行政上における広島市内の各駅に挟まれる形となったため。
  2. ^ 呉駅所在の呉営業所[6]から、向洋駅所在の西条・呉営業所[7]に変更となっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 石野哲 編『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 II』(初版)JTB、1998年10月1日、227-228頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ 『国鉄監修 交通公社の時刻表』1973年5月号、巻頭「今月のお知らせ」、p.438「運賃の計算」。
  3. ^ 『国鉄監修 交通公社の時刻表』1987年2月号、p.165,173,237。
  4. ^ 向洋駅北側に簡易改札新設へ, 中国新聞社, (2009-12-25), オリジナルの2009-12-25時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20091229131700/http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200912250060.html 
  5. ^ 山陽本線向洋駅北口開業について(広島支社), JR西日本, (2011-02-16), オリジナルの2011-05-23時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110523061544/http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1175187_799.html 
  6. ^ 営業所一覧, ジェイアール西日本広島メンテック, オリジナルの2011年4月11日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110411235550/http://www.j-h-maintec.co.jp/branch/index.html 
  7. ^ 営業所一覧, ジェイアール西日本広島メンテック, オリジナルの2013年8月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130809235257/http://j-h-maintec.co.jp/branch/index.html 
  8. ^ 営業所一覧, JR西日本広島メンテック, オリジナルの2019年4月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190413154820/https://j-h-maintec.co.jp/office/ 
  9. ^ a b 広島市東部地区連続立体交差事業に係る工事基本協定の締結について (PDF) - 広島県都市環境整備課、2021年5月22日閲覧。
  10. ^ 向洋駅 | 駅情報:JRおでかけネット”. 西日本旅客鉄道. 2022年3月26日閲覧。
  11. ^ 向洋駅 仮上りホームの供用開始について』(プレスリリース)西日本旅客鉄道、2023年3月29日https://www.westjr.co.jp/press/article/items/230329_00_press_koyo.pdf2023年4月17日閲覧 
  12. ^ 広島市東部地区連続立体交差事業船越地区の工事説明会』(レポート)広島市道路交通局道路部 東部地区連続立体交差整備事務所、2021年3月25日、25頁https://www.city.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/196337.pdf#page=252023年2月15日閲覧 
  13. ^ 広島市道路交通局道路部 東部地区連続立体交差整備事務所 (25 March 2021). 広島市東部地区連続立体交差事業船越地区の工事説明会 (PDF) (Report). p. 48. 2021年11月6日閲覧
  14. ^ a b c 向洋駅|構内図:JRおでかけネット”. 西日本旅客鉄道. 2023年3月25日閲覧。
  15. ^ 路線バス/広島バス株式会社
  16. ^ 路線のご案内 | 芸陽バス株式会社
  17. ^ 広島市東部エリア:広島〜熊野方面(向洋経由)|バス情報:路線バス|広島電鉄
  18. ^ つばきバス - 都市計画・都市づくり - 府中町公式サイト

参考書籍[編集]

  • 各 広島市統計書
  • 各 広島市勢要覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]