安浦駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安浦駅*
駅舎
駅舎
やすうら
Yasuura
風早 (6.3km)
(4.5km) 安登
所在地 広島県呉市安浦町中央一丁目3-41
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 Y 呉線
キロ程 44.2km(三原起点)
電報略号 ウラ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
745人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1935年昭和10年)2月17日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
* 1946年に三津内海駅から改称。
テンプレートを表示

安浦駅(やすうらえき)は、広島県呉市安浦町中央一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)呉線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

マスコットイラスト入り駅名標(2005年10月9日))

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ、行違い可能な地上駅。1・2番線が島式ホーム、駅本屋があるホームが単面ホームの3番線であり、互いのホームは跨線橋で連絡している。便所は男女別の水洗式が設置されている。

三原地域鉄道部が管理し、ジェイアール西日本広島メンテックが駅業務を受託する業務委託駅である。窓口は原則として平日のみの営業である。自動改札機はないが、ICOCAは利用可能(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。ICカードは専用のカードリーダーで処理する。

のりば[編集]

のりばは駅舎と反対側から以下の通り。

のりば 路線 方向 行先 備考
1・2 Y 呉線 上り 竹原三原方面
3 下り 広島方面 一部1番のりば
  • 本項ではJR西日本公式サイトの全域路線図[2]に従い路線記号・ラインカラーを表記しているが、当駅は広島シティネットワークエリア外のため、2016年3月のダイヤ改正時点の駅掲示時刻表においてはアルファベットのないラインカラーシンボルが使われている。
  • 上り本線は2番のりば、下り本線は3番のりば。1番のりばは上下副本線であり、広島駅・広駅 - 当駅間の区間列車の折り返しと夜間留置に使われる。なお、1番のりばは線路保守を兼ねて、1日1本のみ三原方面に向かう列車も使用する。
  • 駅西側に工事用車両留置等に使用される側線が1線ある。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 1日平均
乗車人員
2002年 1,120
2003年
2004年 1,012
2005年 1,037
2006年 1,001
2007年 982
2008年 971
2009年 911
2010年 892
2011年 867
2012年 850
2013年 815
2014年 751
2015年 745

駅周辺[編集]

駅前風景

呉市安浦町の中心部に位置する。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
Y 呉線
風早駅 - 安浦駅 - 安登駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「運輸省告示第136号」『官報』1946年4月30日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ JR西日本全域路線図 (PDF)”. JRおでかけネット. 2016年4月21日閲覧。 (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]